PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)と漢方(中医学) Part2

中医学的には、LHをあげている原因をいろいろな角度からつかみ体質を変えながら根本的なアプローチを行います。

「基本は腎虚」腎虚を直していくことになります。
それには補腎が必要ですが、補腎をしていく上で邪魔になるj要因をみつけて、環境を改善していくことがポイントになります。
それが補腎、活血、袪痰、疎肝など体質に合わせてお薬を決めていくことになります。

PCOSは内分泌の問題でありますので、症状も複雑で「これを飲んでたら良いという」単純なものではなく、さまざまなバリュエーションがあり、処方も複雑になります。

男性ホルモンに対する処方もあり、その中の生薬が特に有効という情報がありました。
もうすでに服用している方もいられますね。
卵巣内の小卵胞を消去する生薬とか処方、方法も南京中医大学の夏 桂成先生にも教えていただきましたので、打つすべがあります。

また、PCOSにとっては生活習慣が大きな要因になり、早寝早起き、精神的に安定する心の持ち方、食事も大事になって来ることは言うまでもありません。

難治なPCOSの方も中医学的な考え方で周期調節法を使い妊娠された方が今まで多くいられます。
これからも今回勉強してきたことを生かして多くの方に喜んでもらおうと張り切っています。

531

゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:**・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・・゜゚・*

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:**・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*