悲しみは突然に

スタッフが「〇〇さんからお電話です」と受話器を渡されました。
そろそろ〇〇さんから出産の報告が入るだろうと予想していましたので、ウキウキ気分で
「はい!古村です。どう?産まれましたか?」
〇〇さんは無言です。
あれ?様子が変!
〇〇さんの感情の異変が受話器に伝わってきます。

「どうしました?」恐る恐る問うと。
「今、低温期です。排卵したか解りませんが」と涙をこらえながら答えるのがやっとの〇〇さん。
えっ?今、低温期?どうした?異常が起きた事は間違いない。
異常とは?赤チャンの生命が絶たれた?いつ?死産?


今低温期と言う事は分娩はしていない。
短時間のなかで、いろいろなケースを想定しながら、頭の中は混乱状態。

〇〇さんの感情が治まるのをしばし待つと、
「6カ月で赤チャンの心蔵が停止した」と、何と言う事!

今は2人目の事を考えているのでしょう!
早く、次の赤チャンをと、考えなければ今の状況からは抜け出せないと思っているのでしょう!予想はつきます。

しかし、とても驚きました。
「産まれました!」当然の様にうれしさいっぱいで報告してくれるはずなのに、悲しみに打ちひしがれた〇〇さんの電話が無常の悲しみを伝えてきます。
原因は不明とのこと。
母体側にあるのか?胎児側にあるのか?それも解ら無いと。

〇〇さんはまだ20代半ば。
突然の悲しみを乗り越えて、しっかり体つくりをして2人目に臨んでほしいと願い、これからまた寄り添って行きます。

゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性薬剤師・国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→https://www.kanpou.info/
遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談フォームをご利用ください。
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること https://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局 宇治本店・京都四条店
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.

今日は落ち込んだ一日!

1月も最終の土曜日。

いつもながら、今日は何人の方が妊娠の報告をしてくれるのかな?

順調に経過しているのかな?

と、楽しみに仕事スタート。

店を開けると同時に「ぷうーっ、ぷうーっ!」と電話。

取るとNさん{43歳}から。「胎嚢が確認されたけど出血が始まった。どうしたらよいですか?」とパニック状態。

出血の色、量、下腹部痛の有無を聞いて「安静にして」とお答えし、急いで、止血作用のあるお薬を送りしました。

おそらく大丈夫でしょう!

ご来店下さったSさん{40歳}始めての妊娠で6週目です。イスに座っていてもしんどそう。顔色も悪いです。「どうですか?順調ですか?」とお聞きしたら、(2日~3日まえから下腹部痛でつらいです)といいます。

筋腫をお持ちなので筋腫の痛みなら心配です。

お電話が鳴ります。Fさん{40歳}から「心拍確認出来たのに本日受診したら心拍停止してました」と。が~ん!涙!

メールが入りました。Mさん(30歳)妊娠6週。「出血が始まりました」

「大丈夫でしょうか?」と。安静をお願いし病院と連絡。「ふ~っ(溜め息)」

夜に入ってきた一報。もう10週目に入っている頃と思っていたEさん(38歳)から、「流産しました」と。まさかまさか!

なんと言う日でしょう。

こんなにたくさんの方の涙をみた、悲しい日はありません。

どーっと疲れが出て、落ち込んだ一日でした。

わらいぼとけ

・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性薬剤師・国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→https://www.kanpou.info/
遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談フォームをご利用ください。
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること https://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局 宇治本店・京都四条店
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.

「よだれつわり」と漢方 No.4

つい先日お店に御予約なしで飛び込んで来られたCさん(20代後半)。ペットボトルを持参して、お話し中もだ液をペットボトルに排出して辛そうでした。

お仕事は学校の先生。始めての妊娠です。嘔吐は無いとの事です。

今、9週にはいったところです。

お聞きしますと、冷え症で、胃腸機能は弱く、ストレスもあり、充分な睡眠が確保されていないというのです。

ストレスを緩和して胃腸機能を助ける漢方薬を出して、いま様子を見ているところです。継続中です。

最近になり増えだした「涎悪阻・よだれつわり」ですが、一人ひとりの体質が違います。

漢方薬はその体質を見極めてお薬を決めていきますが、良い結果に繋がっています。

辛い方は是非漢方薬を服用してください。

・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性薬剤師・国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→https://www.kanpou.info/
遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談フォームをご利用ください。
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること https://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局 宇治本店・京都四条店
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*

「よだれつわり」と漢方 No.3

ケース3

Eさんは「涎悪阻」が強く、精神的にも追い込まれとても辛そうでした。

毎日、時には一日に何回も辛い症状をメールでくださいました。

咽喉が締め付けられるような辛さ、こみ上げてくる唾液を呑み込む時の辛さ、胃痛を伴ない耐えがたい辛さ、こんな状態が続くと思うとこの先に希望もないような事を訴えてきました。

何かショッキングな事もあったようですが、精神的にとても辛そうでしたので、カウンセリングも入れながら、漢方薬を飲んで頂いています。

今は涎の量はずいぶん減ってきたようですが、まだ胃が本調子ではないようです。

漢方薬を継続中です。

メールで訴えていた回数も今は無くなりました。効いているのでしょう!

・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性薬剤師・国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→https://www.kanpou.info/
遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談フォームをご利用ください。
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること https://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局 宇治本店・京都四条店
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*

「よだれつわり」と漢方 No.2

ケース2

Sさんは2人目のお子さんを妊娠中です。

1人目のお子さんの時も「嘔吐悪阻」から「涎悪阻」になやまされ、出産まで続いてとても辛い思いをされたようです。

現在20週目で、涎悪阻でとても辛い、「この状態が出産まで続くかと思うと、もう妊娠を放棄したい気分です」というのです。

せっかく授かった命を喜びで育む余裕が無く、お母さんになる方の気持ちが落ち込んでいては、胎教に良くない、なんとか楽にしてあげたいと、一緒に悩む事にしました。

Sさんは元々胃腸は丈夫な方です。ストレスも余り無いのですが、この涎悪阻がストレスになっているというのです。

情報としては実母もつわりがひどかったということです。

上のお子さんがまだ年令が低い事もあり、イライラする事が有るといいます。

気分を和らげながら唾液分泌を緩和するような漢方薬を1カ月服用して頂きました。

「今は口の中に溢れる涎の量は減り、妊娠前のような感じではないが、ずいぶん楽になり、この状態なら大丈夫です」と喜んでくれました。

・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性薬剤師・国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→https://www.kanpou.info/
遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談フォームをご利用ください。
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること https://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局 宇治本店・京都四条店
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*

「よだれつわり」と漢方

最近「涎悪阻」で辛い思いをされている方の相談が多くなりました。
「唾液分泌過乗」ですね。

ケース1

Aさん{38歳}は妊娠14週。始めてのお子さんで、とても喜んでいました。

しかし、妊娠が判明した5週から日に日にムカムカが強くなり、とうとう嘔吐が始まりました。食べられるものが少なくなり、とりあえず口にできるものから食べようと吐きながら辛い思いをしていました。

ようやく12週をすぎて嘔吐が治まりだしたころから、今度はよだれが口いっぱいに広がり吐きだしてもどんどん口の中に溜まって処理に困ってしまいました。

空のペットボトルを用意して、溜まるとペットボトルに吐いて処理するようになりました。のみ込むと胃が痛くなったり、気持ち悪くなるというのです。

就寝しても、口中に溢れてくる唾液で目が覚めるので、睡眠不足になります。

「漢方薬で何とかしたい」と相談されました。

Aさんは日ごろから胃腸機能が弱く、ストレスを受けやすいといいますので、胃腸を強め溢れてくる唾液の量をコントロールする事にして、漢方薬を服用して頂きました。

3週間ほど飲んで、こみ上げてくる唾液が少なくなり、涎の量も気にならなくなりました。

今は17週。安定期にはいり胎動に感動しています。

是からは気分もよくなり、マタニティライフを楽しんでくれる事でしょう!

・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性薬剤師・国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→https://www.kanpou.info/
遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談フォームをご利用ください。
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること https://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局 宇治本店・京都四条店
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*

子宮内胎児死亡 NO3

Dさん(43歳)

2人目が出来て、とても喜んでいました。

お腹の赤チャンも順調に成長し、胎動も感じられる19週を迎えていました。

風邪を引き、咳も出始め、なかなか咳が治まらず、医院にも行きました。漢方薬も飲みました。症状も軽くなり、定期検診を受けに行った時、「赤チャンの心臓が止まっている」と告げられたのです。

青天の霹靂でした。

原因ははっきりしませんが「胎盤の異常」「血流の異常」だったかもしれません。

Dさんは悲しみをのりこえ、今職場復帰をされています。

心の傷は深い事でしょう。時間が解決してくれる事もあります。

上のお子さんの存在がDさんを立ちなおらせてくれる事でしょう!

私達も寄り添います。

Eさん(38歳)

「ダメでした!」「耐えられなかったのです」

Dさんは胎児が子宮内にいるうちに胎盤が子宮から剥がれてしまう、「常位胎盤早期剥離」でした。

なかなか育たない、自然流産を複数回繰り返していました。

やっと週数も20週になり、今回は出産まで行けるかな?と思っていた夢も潰されてしまいました。

でも、Eさんは前向きにとらえ、「次もがんばりますから、引き続き漢方薬を下さい」と、逆に励まされました。

その通りになり、今はママになり幸せな家族に満足しているようです。

子宮内胎児死亡 の原因は

★母体側のなんらかの異常

★胎児鰂の何らかの異常

様々ですが、どのくらいの確率で起きるかは解りません。

悲しい事が起きないよう、妊娠前~妊娠~出産まで用心深く見ていくしかありませんね。

来年は悲しみを乗り越えて喜びに転化していきたいと思います。

・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性薬剤師・国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→https://www.kanpou.info/
遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談フォームをご利用ください。
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること https://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局 宇治本店・京都四条店
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*

子宮内胎児死亡 NO2

Bさん(46歳)

不妊治療を4年間も続けられ、やっと念願の妊娠。そして安胎期にも入り、充実した妊婦生活も始まり希望に満ちた日々でした。

有る日、「念のために羊水検査をされた方が良い」とのDrの勧めで、検査を受けました。

検査の翌日「あっ、死んでる」とのDrの声で、何が起きたのかわからず、「あたまが真っ白になりました」と。(羊水検査後)の悲劇でした。

20週になっていました。DrもBさんの状況をみて、カウンセリングの必要性を感じ、入院してフォローする事になりました。

悲しいですね。

手の中に治まる小さな遺体を荼毘にふし、持ち帰ったおばあさまの心情を思うと、胸が張り裂けそうな思いにかられました。

Cさん(44歳)

高令で有るため、これで妊娠出産したら、もう満足。

二人のお子さんのお母さんになるから、子供にも兄弟が出来て良かった。

少しドキドキしながらいつもの定期検診を受けたとき、「あれっ?心拍が聞こえない!」

というDrの声にびっくり。

今何て言ったの?こんなことがあっていいものだろうか?

本当にびっくり仰天。20週を越えたばかり。もう安定期に入って体も心も楽になっていたのに…。

「残念ながらダメでした」とつげられ、こちらもショックでした。

原因は不明です。

・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性薬剤師・国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→https://www.kanpou.info/
遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談フォームをご利用ください。
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること https://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局 宇治本店・京都四条店
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*

悲しい出来ごと…子宮内胎児死亡

あまりにも悲しくて思い出したくない出来ごとの中に「子宮内胎児死亡」があります。

私も長い経験の中で遭遇した事例は少なくありません。

「子宮内胎児死亡」(IUFD)とは死産の一種で分娩前にお腹の中で胎児が無くなる事を言います。妊娠満12週(妊娠12週とO日)以降と定義されています。

待望の赤チャンがお腹に宿り、妊娠の兆候である「つわり」を経験し、出産予定日まで大切に育てていこうとした矢先に「心拍が消失しました」「お腹の中で赤チャンが死んでいる」と衝激的な言葉を耳に、茫然としてしまう妊婦さん。

余りにも辛い言葉に頭が真っ白になってしまう事でしょう!

Aさん(43歳)が来られたのは42週で死産され、次の妊娠を希望されてきました。

予定日も過ぎ、そろそろ出てこなければ…と思っていたのに、死亡が宣告されたのです。

辛い死産でした。(過期妊娠でした)

お話を聞くのも躊躇うほど。

Aさんは、時間を費やして悲しみから立ちあがり、次のお子様を希望されての御相談でした。

原因は胎児側にあったようで、「臍帯のねじれ」とのこと。

その後、TVで「胎児治療」が放映され、「臍帯のねじれ」を取り上げていました。

とても残念に思ったことが思い出されます。

・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性薬剤師・国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→https://www.kanpou.info/
遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談フォームをご利用ください。
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること https://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局 宇治本店・京都四条店
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*

18トリソミーでした

第一子がなかなか授からなくて、漢方相談に来られたのが7年前。久しぶりに来られたMさん。
第一子がもう小学生とか。
第2子が生まれ、おなかの赤ちゃんが異常と気が付いたのはもうすでに妊娠後期。
ご夫婦で現状を受け止め、出産することにしました。

この世に誕生はしたのですが、結局1歳を迎えたあたりで、命が尽きてしまいました。
可愛そうですが、これは医学的には救うことや治療するすべがなく、天命を待つしかないのですね。
Mさんもご家族の協力を得て一生懸命尽くしたのですが、願いが届かなかったようです。

★日本小児科循環器学会雑誌によると、出生児の約3500人~8000人に1人の割合で発生する染色体異常で、様々な障害を抱えてうまれてくる重篤な疾患になります。
症状がとても重いケースが多く、94%の赤ちゃんがお腹の中にいる間に、自然流産という運命をたどってしまいます。
生まれてくることができるのは、わずか6%。といわれます。
Mさんのお子さんもとても生命力が強い奇跡の赤ちゃんだったのですね。

Mさんは、「18トリソミーの親の会」があって、心を開けてお話や悩みを聞いてもらい、とても救われました。
原因が卵子の老化もあると言われ、年齢的にも心配。
何とか、亡くなった子のあとに授かることは可能かどうか、心配になって私を思い出し尋ねてくれました。
「1人目は漢方を服用して授かり、元気な子を産みました。2人目は自然でしたがトリソミーでした。今度は漢方薬を服用して元気な赤ちゃんを授かりたい!」と話してくれました。
勿論「2人目が染色体異常だったから、3人目も異常とは限らないですよ。
今、丈夫な赤ちゃんが授かるように、体の不調を整えていきましょう!」と答えました。

これまで、体験したMさんの不安や心配事を払拭してあげられるよう、少しでも寄り添ってあげたいと思い、焦らずあわてず急ぎながら取り組んで行きましょうとお話をさせてもらいました。
心と体のバランスを漢方で応援したいと思っています。

遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談をご利用ください 。
ご相談フォームはこちら⇒ご相談フォーム

*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談をご利用ください info@kanpou.info
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること https://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*