子宮内膜症の痛み

Kさん(22歳)は高校生時代から月経痛がひどく、成人してからピルで月経を止めていました。
ピル療法は月経を止めることで痛みがなくなることを狙った、いわば対症療法的な治療法です。

然し長期にわたってのピル服用は、痛みは軽減されるものの、自発的な月経周期のバランスを崩し、
ピル服用をやめてもなかなか自力月経が来ないものです。

Kさんの子宮内膜症は漢方的にとらえれば、「温毒お熱」。
ピルの副作用を考えると、漢方薬を飲んで体質を変えたほうが、本治(体質改善)になるので、
胃腸を守りながら清熱活血の方法を取りました。

それから3か月生理痛も緩和され、最近では月経時のように出血が見られるようになりました。

少しずつホルモンバランスが整ってきたようです。

これからは、月経周期を整えながら、子宮内膜の炎症を抑えるような漢方薬を服用していただき、
痛くない月経期を作り、周期も整えていきたいと楽しみに取り組んでいます。

Kさん一緒に頑張りましょうね!

遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談をご利用ください 。
ご相談フォームはこちら⇒ご相談フォーム

*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談をご利用ください info@kanpou.info
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること https://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*

子宮筋腫の手術を受ける方が増えています

最近、採卵から凍結卵も貯卵できて順調に進んでいる方が、
子宮筋腫が見つかり、手術の方向に行く方が増えてきました。

「子宮筋腫と胚移植」「子宮筋腫と妊娠」はこれまで、いろいろな意見がありました。
筋腫の位置によって着床が妨げられる、あるいはこの筋腫の大きさでは妊娠を維持できないなど
手術を勧められる場合、
いいやこれくらいなら、妊娠には問題ないから治療続行と、されるケースもあります。

慎重な先生は「たとえ小さな筋腫でも、妊娠により大きくなる可能性があり、大きくなると痛みを伴うこともあり、その痛みは鎮痛剤では抑えられないほどの激痛なので、念のためとったほうが無難」と手術を勧められることがあります。

Aさん(40歳前半)は子宮筋腫の再発。1年前に筋腫核摘出術を受けられたのですが、
またまた再発となり、しかも複数できているとの事で、急きょ再手術を受けることになりました。

最初はショックでしたが、今は「子宮内もしっかりきれいにして、迎えに行きます」と、
前向きにとらえられ、私も安心しています。

きっと、成功して念願叶うことでしょう!!
Aさんの爽やかな笑顔に救われました。

遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談をご利用ください 。
ご相談フォームはこちら⇒ご相談フォーム

*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談をご利用ください info@kanpou.info
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること https://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*

子宮腺筋症の劇痛から解放されて

子宮腺筋症の痛みは激痛で子宮を取ってほしいと思うほど、激しいものがあります。
Nさんは子宮腺筋症の痛みがひどく、私のところにご相談されたときは、手術をされる日が決まっており、
術後の漢方相談をしてこられました。
まだ、30歳でお若く、挙児希望もあったのでしょうが、あまりにも痛さに耐えられず、
子宮全摘の方を選択されたようでした。
しかし、術後に苦しみ、「これなら全摘をしなければよかった!」と嘆いていました。

子宮腺筋症で悩んでおられる方は結構多くいられます。
Sさんは43歳。チョコレート嚢腫、子宮腺筋症をお持ちですが、挙児希望で居られます。
チョコレート嚢腫ではなかなか良い卵が成長しませんし、せっかく培養した胚盤胞を移植しても、
なかなか着床できないことがあり、課題が残ります。
CA125などのマーカー指数も3ケタを超えています。
漢方薬で清熱活血あるいは活血去痰して、腫瘍マーカーを下げること、痛みを解決することが、
大事ですね。

Sさんは漢方薬をのんで、痛みはほとんど解消され、今は、月経痛もなく、「楽です!」
と笑顔で話されています。

基礎体温表(BBT)もきれいに整い、ホルモンバランスも良くなってきました。
これからが良い結果を待つことになります。

遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談をご利用ください 。
ご相談フォームはこちら⇒ご相談フォーム

*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談をご利用ください info@kanpou.info
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること https://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*

子宮筋腫と不妊治療

ここ数か月の傾向として、不妊治療を進めていく段階で、「子宮筋腫の手術」をされる方が出てきました。

以前から、筋腫をお持ちの方は、「手術」をすべきか?しなくても良いのか?の相談が多々ありました。

子宮筋腫は発症している部位(漿膜下筋腫、粘膜下筋腫、筋層内筋腫)にもより、手術をされたほうが良い場合と、しなくても妊娠に差し障りがないと思われる場合があり、これはDrの判断によります。
迷われる患者様は、セカンドオピニオン、サードオピニオンに意見を聞いておられます。

A病院の先生は「筋腫は手術はしない」派ですし、
B病院の先生は「妊娠にはすっきりした子宮環境が必要」と手術派。
C病院の先生は「なかなか妊娠しない筋腫のある方は手術」と状況を見ての派。

今回3人の方はわたくしが紹介したCLの先生が、「筋腫の手術を〇〇病院に」と他の院所に紹介されました。
1人は流産を繰り返したケースで、妊娠途中で筋腫が大きくなり、あきらめざるを得なかった方でした。
手術をされてから、やっと出産され、今は育児に奮闘されています。
あと2人は、子宮環境が良くなく、何度も着床できなかったので、「手術」を受けられます。
その後は着床の準備を整え、出産を待つばかりです。

漢方薬では子宮筋腫のかたにお勧めするのは「桂枝茯苓丸」が有名ですが、症状によっていくつかのお薬があります。
筋腫は漢方的には「癥瘕(ちょうか)」といい、オケツが原因といわれています。
そのオケツはストレスからも、冷えからも、体力のなさからも発生すると言われています。

手術をされても再発や癒着が生じます。
漢方薬をのんで、再発、癒着を防ぎ、血流を良くして、
胎児を育てる子宮環境を作ることがだいじですね。

*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info/
健伸堂薬局オリジナル漢方サプリ 「宝源」 http://www.kanpou.info/hougen/
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること http://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*

えっ!卵巣癌?

久しぶりにお電話いただいたAさん。

音沙汰がないのがずーっと気になっていました。

「漢方薬だけで頑張ってきたのに…」と言い残し、ART、ホルモン治療に行かれたAさん。

どうされているかと、気になっていたのでした。

 

そのAさん(40代半ば)からでした。

「どうされてました?」

「連絡しようと思いながら、なかなかできなくて…」

「いいですよ、気になっていましたが、治療は続けていられましたか?」

「病院を2回ほど変わり、今ようやく胚盤胞1個を獲得したのです」

「よかったですね」

「ところが、病院の先生から大きな病院で検査をしてくださいと言われ受診したのですが、

そこで、卵巣癌と言われ、卵巣も子宮も全摘するかもしれないと言われ、びっくりしちゃいました」

「えっ!、卵巣癌!」

「胚盤胞の移植どころか、自分の命が危ないといわれ、途方に暮れています」

 

びっくりしました。

 

体外受精どころか今はご自分の生死を分ける状況下におかれているのですから、

一刻も早く手術に向かわなければなりません。

卵巣癌は悪性が多くタチが悪く予後も良くないと言われています。

然し早期発見でしたから、早く手を打つことができるので、救われます。

 

本当に、検査を指摘されたH先生のおかげで、Aさんは命拾いされました。

良かったねAさん。

H先生ありがとうございました。

投稿者:古村滋子

*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
健伸堂薬局オリジナル漢方サプリ 「宝源」 http://www.kanpou.info/hougen/
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること http://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*

卵巣機能低下でも無事出産

朝から冷たい風が吹き付ける午前中、ベビーカーに乗ったA君が御来店。
もう4カ月になったA君。
抱かせてもらいました。
ママの栄養が良いのかしっかり育ってくれてます。
気になっていたA君にあえ、嬉しさもひとしおです。
近くにお住まいのおじいさん、おばあさんもA君にあえて目じりが下がっていることでしょう!
Yママは結婚4年目にして待望の我が子を胸に抱くことができました。
道のりは決して平胆ではなく、大変なこともありましたが、それらを乗り越えての幸せ。
本当に良かったと思います。
チョコレートのう腫、子宮内膜症、筋腫…
漢方薬の婦宝当帰膠宝源爽月宝などを<周期調節法>で服用して1年。
やっと新しい命を授かりました。
その後安胎薬を服用し、夏に元気な元気なA君を出産したのでした。
妊娠初期は切迫流産の危険性をいわれ、7カ月に入ったら逆子の心配が出てきて、
不安材料がつきなくなりました。
いま幸せの日々をA君とともに味わっています。
いつまでも仲よく家族そろって元気で笑顔の絶えない家庭をきずいてください。
A君が風邪を引いたとき、お腹が痛いときなどは漢方薬を思い出してくださいね。
しっかりホローさせていただきますね。
DSC00597.jpg

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:**・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info/

健伸堂薬局オリジナル漢方サプリ 「宝源」 http://www.kanpou.info/hougen/
漢方でママになる!不妊症特集ページ http://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:**・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*

左卵巣がん全摘出、右卵巣嚢腫摘出術&IGA腎症…奇跡の妊娠・出産

Kさん(33歳)が待望のわが子を連れて会いに来てくれました。

御相談を受けたのが2009年6月でした。
卵巣癌で左の卵巣を摘出。
また腎炎を起こし、さらに追い打ちをかけるように右の卵巣嚢腫の手術を受けられたとのこと、赤ちゃんができるだろうかと心配の御相談でした。
手術を受けられた卵巣は勿論機能も低下してきます。
「腎は生殖を司る」という漢方の理論からも、腎機能が弱っていることも心配の種でした。
基礎体温表もバラバラ、FSHも高値、プロラクチンも数値が高い状態での漢方薬の出発でした。

補腎・活血・疏肝・健脾いろいろな要因がからんでの処方で、なんとか体質を変えながら妊娠・保胎・出産できる体つくりをしようと一緒に取り組みました。<婦宝当帰膠><杞菊地黄丸><シベリア霊芝>などなどを<周期調節法>で調節して服用していただきました。

そして2010年10月、待望の妊娠が判明。
Vサインを送って知らせてくれたKさんの顔が今でも思い出します。
妊娠により腎にも影響を与えます。
腎機能も見ながら安胎・保胎に漢方薬を服用してもらい、無事3000gを超える立派な赤ちゃんを産んでくれました。

そして先日、御対面。
ずっしり重いJくん。
あなたの命は本当に「地球より重い」尊いものです。
Kさんが命をかけて産んだと言っても過言ではないでしょう!
一粒種のJくんになりますが、Kさん御夫妻には本当にコウノトリからのプレゼントが送られ、とってもうれしく、KママもJくんも健康で幸せになってほしいと心から願うものです。

Photo

゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:**・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・・゜゚・*:.:*

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:**・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*

「心拍確認できました」漢方薬を服用しながらPCOSを克服して

Nさんが御来店しました。「心拍確認できました」うれしい報告に安堵しました。

Nさんが御来店したのが1年半前。月経不順に婦人科を受診し、ホルモン剤の投与を受けながら月経を起こしてきた治療に不安を抱き、
「このままで良いのだろうか?」と根本からの改善を願い御相談に来られました。

基礎体温表(BBT)を見ても単相が続き、見るからに多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が読み取れます。
多嚢胞性卵巣症候群は病態が複雑で治療も難しいのですが、体質を見ると治療法が湧いてくるものなのです。
卵巣の中の新旧入り混じった卵胞を排卵できる卵にするために、いろいろな生薬を使い、主席卵胞を育て排卵に持っていくのです。
Nさんにも長い卵胞期を如何に短く(たくさんの小卵胞の消去)するために、漢方薬を工夫して服用してもらいました。
1年経つころ、そろそろ自力排卵が見られ、其の翌周期、西洋医学に力も借り排卵でき自然妊娠できたのです。
漢方を信じて1年半。「長かったね」というとNさんは「最初、先生に2年診せてといわれていたから大丈夫です」と答えてくれました。
そんな気持ちがとてもうれしいです。
今は、つわりが出てきて少ししんどそうですが、少しずつでも食べられるので安心です。
産院も決まり後は順調に経過してほしいと願っています。

Nさんの妊娠は肩の荷が下りたようでとてもすがすがしい気分です。
きっとお母さんが見守ってくれているのでしょう!

御主人、Nさんの両家には初孫。
赤ちゃんはきっと両家の幸せを運んでくれるでしょう!

まずは第一関門突破に「ホッ!」

101

゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:**・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・・゜゚・*:.:*

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:**・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*