妊活セミナー参加 中医学(漢方)編

中医学(漢方)のお話は、皆様もご存じの劉伶先生でした。
先生は中医学の立場から、漢方と中医学の違い、中医学と西洋医学の比較をしめし、
中西医結合の相乗効果が良い結果を産むと話されました。

妊娠に関する中医学の考え方では、腎の考え方、腎の重要性、月経周期を整えることが妊娠の条件であると、個々の体質を重視してお薬を考えるとお話されました。

そして妊娠力を高める3つのポイントとして、
血の不足(養血)、気血の流れ(活血)腎精の充実(補腎)を示されました。

また、生理期の養生、卵胞期の養生、排卵期の養生、高温期の養生など周期療法に合わせての養生法も
お話され、
最近多くなってきた男性不妊の話にも触れられ、短時間ではありましたが、
中医学の要点もきちんと話されていましたので、さすが第一人者とうなずける内容でした。

必死にメモを取られるかたもおられ。関心の高さがうかがわれました。

ほんとうに西洋医学の良さ、中医学の良さを取り入れて妊娠しやすい母体つくりができれば、
皆様のところにコウノトリが舞い降りてくるかもしれません。
私は漢方体験コーナーで、お客様の相談をしていました。
一人当たり5分と時間制限をさせられ、アッというまに時間が過ぎ去り、ゆっくり相談はできませんでしたが、相談を希望されていた方が多く、漢方に興味を持たれているかたが多いと感じました。
またこのような東西コラボがあれば皆様喜ばれるのにな~と思いながら会場を後にしました。

投稿者:古村滋子

*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
健伸堂薬局オリジナル漢方サプリ 「宝源」 http://www.kanpou.info/hougen/
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること http://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*

妊活セミナー参加 西洋医学編

日曜日、神戸まで新幹線に乗り、元町夢クリニックにまずご挨拶し、会場に行きました。
夢クリニックのすぐそばであまりにの近さにびっくりでした。

今回の入場者は200名を超え、座席はいっぱいでした。
カップルで参加された方もたくさんおられました。
赤ちゃんが欲しいと願っている方の多くは、自分でできるものは何か、それには積極的に参加し、
一日でも早く妊娠されたいとの思いなのでしょう。
すばらしいいですね。

松本恒和名誉院長先生の「不妊治療の最前線から学ぶ妊活の基本知識」
のお話と動画。
それはそれは神秘的な映像で感動しました。
この映像をNHKから自費で買い求め、公開してくださったのですが、本当に貴重な映像で、
参加された皆様はきっと神秘的な世界に感動したものと思われます。

漢方薬を使われて妊娠された人数が発表されましたが、その中には当店のお客様も含まれ、
何か嬉しくなって見ていました。

また漢方と西洋医学を併用して不妊治療する場合の漢方治療の役割のお話、
漢方薬の役割は、漢方で自然排卵できる状態をつくことが体外受精にも大事と指摘されました。

我々が常に考えていることを伝えてくださり、西洋も中医学も目指すところは一緒と
嬉しくなりました。

あまり講演内容は詳しくお伝えできませんが、
皆様には「妊活のコツは、プラス思考でいきましょう」と締めくくられました。

とても素晴らしい講演で、演者の松本先生の人間性が出ている温かな内容でした。
参加させて皆様も満足されたことでしょう!

投稿者:古村滋子

*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
健伸堂薬局オリジナル漢方サプリ 「宝源」 http://www.kanpou.info/hougen/
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること http://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*

11月 漢方サロン相談会

本日は漢方サロンにて中医師・劉怜先生同席の相談会でした。
相談会の前に、「冷えと漢方養生」というテーマで講義を聴いていただきました。

これから冬に向けて寒くなってきますので、特に女性の皆様には興味深いテーマですよね。

講義を聴くお客様も、非常に熱心にメモを取っていらっしゃいました。

★冷え症とは?病気との関係
★冷え症の原因・・・低体温、低血圧、環境影響、薬の影響
★冷え症と生活習慣・・・食事習慣、ファッション習慣

中国では、女性が生理中にサンダルを履いたり素足でいることはタブーとされているそうです。
夏でもですよ!みなさんビックリされていました。

★冷え症のタイプ

①ブルブルタイプ
②ガリガリタイプ
③フラフラタイプ
④イライラタイプ

★冷え症の改善方法

ここでも先生は中国と日本との違いを指摘されました。
やはり、生理中は特に冷やさないようにしなければならないとのことでした。
中国では、みんなが生理中の家族に合わせた食事をとるそうです。
夏でも毎日温かいスープを飲むんですって!
また、漢方薬も専門家に正しく処方してもらわないとかえって逆効果になることもあり、
注意が必要です。

★漢方で冷え症を改善

様々な漢方薬がありますが、特にオススメは女性に欠かせない当帰がたくさん
配合された、「婦宝当帰膠」です。
冷えのファーストチョイスですよ。
こちら、実は男性にも効果的なんです。お酒を飲む方に使われることもあります。
何と、原液を顔のマッサージに使うと良いそうです。
これにはみなさんビックリされていました。
ちなみに「婦宝当帰膠」は、一日3~4mlで、リンゴ半分程のカロリーです。
かなり甘いのでカロリーが気になりますが、これで太ることはなさそうですね

★冷え症を改善する食養生

お茶でも、緑色のお茶(緑茶や抹茶)は身体を冷やします。
紅茶は発酵させてあるため、身体を温めます。
紅茶に生姜を混ぜてジンジャーティーにして飲むと、とても身体が温まりオススメですよ!
身体を冷やす食べ物でも、生姜やニンニク・ネギ等身体を温める食品と一緒に摂ると
いいそうです。

★冷え症を改善するツボ
★冷え症を改善する運動方法

足を運んでくださいましたお客様、ありがとうございました。
今年の冬は冷え知らずで過ごせますように!
Img_0851_convert_20091113142520