14回目のひよこママの会

初参加のAちゃんママ、Hくんママ、もうすぐ1歳になるY君ママが集まってくれました。保険所の健診があったり、予防注射があったり、定期的な健診が有ってたりで、お友達の参加が少なく寂しいかなと思ったのですが、みんなとても楽しそうで、わいわいがやがや、子育て論議に花が咲きました。

Aちゃんママは「とっても幸せ!」お母さんにしていただいたことをAちゃんにもしてあげたいと目を細めて話してくれました。「親から子へ」子育ての極意が伝えられていることにうれしく思いました。

なかなか授からなかったH君のママ。ちょっと高齢の出産になり大変でしたがやっと授かったH君がご夫婦の絆を強めてくれました。更に実家を取り巻く複雑な人間関係に「福音」をもたらしたようで、仲を取り持つH君の存在はおおきいですね。うれしいお話でみんなの笑顔がひときわ輝きました。

参加者の中ではお兄ちゃん格のY君。しっかり顔を見つめてくれます。ママとよその人を識別しママと離されるのが嫌でママにしがみついて不安そうにしていました。やはり実家のおじいちゃんやおばあちゃんのアイドルになりみんなから愛されているようで、お話をするママさんも幸せわせそうで、私も幸せ気分になりました。

小児科医の橋本先生は、病気のお話、予防接種のお話、乳児期の心のはぐくみ方などなど一杯一杯お話してくれました。子育てベテランの青山看護師さんは優しいまなざしでママと赤ちゃんを見てくださり的確なアドバイスをしてくれました。

本当に赤ちゃんの存在はすばらしい!周りを幸せにしてくれるからです。良い笑顔に包まれ幸せ一杯の「ひよこママの会」でした。

14031