「着床前診断(PGT)」ZOOM講演会

2つ目の演題は、夢クリニックの遺伝診療部室長の杉本岳先生の「着床前診断(PGT)」のご講演でした。

最近よく「着床前診断」という言葉を耳にします。

また「着床前診断を受けてみようと思います」「先生はどのように考えますか」とか質問されることが多いので、大変興味深く伺いました。

★着床前診断:着床前遺伝学的検査の略で受精卵の様々な検査(染色体の数の検査)、(染色体構造異常の数の検査)、(遺伝性疾患の原因となるDNAの変化の検査)の総称で、まとめてPGTと呼ばれる。

現在は着床前診断というと、おもにGGT-A(着床前染色体異数性検査)をさし、胚移植前の胚が持つ染色体の数を調べる方法です。

人間はだれしも父(精子)から23本、母(卵子)から23本の染色体をもらい合計46本の染色体を受精卵として引き継ぎもっているのですが、うまく23本がもらえなく、過不足(47本とか45本)を生じると、染色体異数性ができてしまいます。

染色体の過不足は、着床しない原因や流産の原因になるといわれています。

★そこで、体外受精や顕微授精した胚を培養して胚盤胞まで成長した胚の細胞の一部を採取して検査するのです。

将来胎児になる部分は傷つけずに、胎盤や絨毛となる細胞を一部分採取して残った胚(胎児になる細胞は)胚盤胞の凍結に進みます。

検査の結果染色体に過不足がない胚をえらび採卵の次の周期に凍結胚を融解して移植するというものなのです。

★目的は

流産率を下げる

移植一回当たりの妊娠率を上げる

移植の回数を減らして妊娠までの期間を短くする

ことですが、子供への安全性?効果はどのくらい?結果は正しい?のか、

今後、これらの安全性、有効性が求められるものと思います。

・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性薬剤師・国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→https://www.kanpou.info/
遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談フォームをご利用ください。
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること https://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局 宇治本店・京都四条店
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*

弥生3月…今年の春は異常事態

1月下旬から始まった「コロナ新型肺炎」

感染源は一つの地方。

そこから感染が広がりその国が大変な異常事態になりましたね。

そこから感染源の都市から日本に来られたり、その都市に居住していた方の帰国、そしてクルーズ船で優雅に観光していた方の中から発症者が出始めましたね。

発生源の都市からの入国を禁止したり、クルーズ船の中の封じ込め作戦がはじまりました。

しかし、入国禁止は団体さんのみ、個人では入国できたり、クルーズ船では感染陽性の方と陰性の方の区分が明確でなく、隔離ができていないなど、日本の水際作戦がことごとく失敗に終わってしまいましたね。

今や、日本は感染が広がるか抑えられるかの重要な期間にはいっているのです。

人が集まるところの危険性を重要視し、イベント、スポーツ観戦、遊園地や動物園、デズニランドやUFJの閉園や中止など、さらには幼稚園、小学校、中学校、高校などの休校と、大変な事態に入ってしまいました。

この異常な事態を乗り切るためにも、私たちの体を守り、外敵のウイルスから身を守ることが求められています。

その点漢方薬は予防にぴったりです。「扶正袪邪」体の正気(エネルギーを)高め、体にとって悪さをする邪を去ることは、漢方の基本姿勢なのです。

・早く寝て疲れをためない。(できれば23時までには寝る)

・しっかり食べる

・良い空気を吸う

・開放的な空気の良いところで軽く運動をする

私たちは体の免疫力を高めるすべを経験から知っています。

スタッフともども中医学の知識をもとに、「予防茶」を作ってのみながらこの異常な事態の春を乗り切ろうとしています。

皆様もお気をつけてくださいね。

・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性薬剤師・国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→https://www.kanpou.info/
遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談をご利用ください info@kanpou.info
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること https://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局 宇治本店・京都四条店
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*

卵子の老化と漢方

2月14日、NHKTV放映の「クローズアップ現代」「産みたいのに産めない(卵子の老化)」が大変な反響をもたらしているようです。
女性は加齢に伴って卵子が老化していき、妊娠しにくくなるという内容で、晩婚化がすすむ女性たちにとってはかなりの衝撃だったようです。

TV番組の中では、40代で子作りを始めたけれど、なかなか妊娠できないという女性を紹介しました。
夫婦共に健康体なのにもかかわらず、妊娠できないケースは増えていると指摘。

しかも妊娠は年齢が上がるにつれ、妊娠しずらくなり、不妊症に悩む女性は40代では実に64%もいるというのです。

不妊治療・検査を行ったことのある夫婦は、6組に1組。
女性の晩婚化が進み、35歳を過ぎて不妊治療を始め、初めて「卵子の老化」を知る人が増えている。
しかしヒトの卵子を若返らせる方法はなし。

こうした中、若いうちに卵子を凍結し、いつか出産をという未婚女性も現れていました。
医療現場では、卵子の老化を止める研究が進む。

**********

私も見ましたがこのような内容でしたね。

相談を受けている中には「卵子の老化」の話がよく出てきます。
「卵子の質を良くしたい」という悩みと遭遇します。
「漢方薬でよくなりませんか?」切実な悩みを出されます。

卵は育てるものではなく「育つもの」。
育つ環境つくりが大切です。
卵の老化を防ぐこと。
つまりはアンチエイジング、漢方薬では補腎活血です。

卵子も体も一緒。
元気に活躍できる環境を整え、卵の育ちを待ちましょう!

961

゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・・゜゚・*:.:*・゜

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・・゜゚・*:.:*・゜

高齢の親を持つ気持ちに…悩めるYさん

先日Yさん(44歳)が列車を乗り継いで何時間もかけて来られました。
これまでの治療してきた経過を伺ううちに「高齢の親を持つ子の気持ちはどうなのかと考えると、親になる側のエゴかなと考えることもあります」と悩みを話してくださいました。
今まで、このような心情を語った方がいなかっただけに大変感動しました。
このように考えられるYさんは、お母さんになっても親子の距離を埋める努力もされ、良い親子関係になることでしょう。

これまでも高齢の方が赤ちゃんが欲しいと御相談に来られています。
「我が子がほしい!」
その気持ちが大きく、仮にお子さんが授かったとしても産みの苦しみ、そして楽しいながらも心配な子育てがはじまり、その心配は終わることなくずーっと続きますね。

お子さんは母親や父親が年をとっているから…と、親を思う気持ちを人一倍意識してくるでしょう。
良いこともあるでしょう。
どうにもならない年齢差も考えなければならないこともあるでしょう。

親になるということは、子供の気持ちも汲むことも大事なことですね。
子供の気持ちに寄り添うことも…子供の気持ちを勝手に分かっているつもりでも、子供から言わせると「ちっともわかってくれない!!」と、そんな会話がどんどん出てくるのですね。

親子関係はなかなか難しいものです。

Yさんの御心配は良く分かります。
子の気持ちを読み取れる大人(親御)になりたいものですね。

本に書いていましたことを御紹介します。
「私の母親は今60歳です。
私はこの大きな世代の断絶が家族における親娘関係のより大きな誤解を生んでいる原因であると痛切に感じています。」
16歳の少女より。

Img_4799

゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・・゜゚・*:.:*

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*

受精卵のお引っ越し!新天地で着床してね。

本年になって受精卵のお引っ越しを4例ほど伺いました。

そうなのです。
Aクリニックに凍結保存している受精卵をBクリニックに移動(引っ越し)、Bクリニックで移植することになるのです。

Sさんは凍結卵があったのですが、その医院が御都合で廃業するため、移植か破棄の選択を迫られました。
悩んだSさんから相談を受けました。
Sさんは「今の状況よりも体調をよくして凍結してある卵を迎えたい」「ホルモン補充は体に合わないと」そんな強い気持ちを持っていましたので、自然に近い体外受精をしている医療機関を紹介し、Aクリニックの先生とBクリニックの先生が懇意なことから「お引っ越し」が成立し、SさんはBクリニックで移植し見事に着床したのでした。
もうすぐ産まれてきます。

KさんはCクリニックに凍結卵があり移植を考えていたのですが、家に近いDクリニックで移植をしたい旨話され、希望がかないDクリニックに「お引っ越し」。
念願かないDクリニックで移植されました。
KさんはCクリニックで用意されたを専用の容器を自分で運んで「お引っ越し」したようです。
Kさんも無事妊娠され、女児を出産されました。

Nさんは、Eクリニックで凍結した胚盤胞のお宝をFクリニックに「お引っ越し」したのです。
グレードもよく、妊娠への期待は大とウキウキして、移植の時期を待っているところです。
なんと、お引っ越しは宅急便でされたようですよ。

凄いですね。
今は「胚のお引っ越し」もできるのですね。
目をぱちくりさせて見守っているところです。

A0940

゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:**・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・・゜゚・*:.:*

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:**・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*

「iPS細胞から精子 出産」京大 マウスで成功

新聞のトップ記事に目を奪われました。
報道によりますと、
“オスのマウスの皮膚の細胞から作ったiPS細胞(人工多能性幹細胞)、ES細胞(胚性幹細胞)からそれぞれ万能細胞をつくり、胚体外胚葉、さらに始原生殖細胞をつくり、この細胞を先天的に精子を作れないマウスの精巣に入れたところ精子ができ、その精子を体外受精させてマウスが生まれた。
そのマウスは子や孫まで生まれた。”
というのです。

解りやすくいうなれば、
「オスの皮膚の細胞から精子をつくることができ、それで子どもができ、孫までできた。」
マウスの段階とはいえ驚きです。

マウスで精子ができたからと言ってそれをすぐ人に応用することは難くあり得ません。
倫理の面でも難しいです。
日本では生殖細胞作りは認めているようですが受精は禁じているのです。
実用化にはいくつもの安全性の厳しいチェックがあるのは当然ですね。

もし自分の皮膚から精子ができたなら…
無精子症のかた(Aさん、Bさん、Cさん)の悩みも救われるのに。
そんなことも考えながら記事を見ていました。

2055

゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:**・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・・゜゚・*:.:*

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:**・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*

「エコチル調査」の依頼を受けて

本日、京都大学医学部 健康情報学 研究員のKさんがご来店されました。
「エコチル調査」に協力してほしいとのこと。
趣旨によると、
「この50年間で科学や技術が急速に発達して私たちの暮らしは便利になりました。
これに伴って様々な化学物質も身の回りに増えました。
人間が作り出した物質が、私たちの健康や子供たちに影響をおよぼしているのか、どのような影響があるのか、などについてはまだ詳しく分かっていません。
子供たちが健やかに育ち次の世代の人たちが健康で豊かな生活を送るためにも、今から対策を考え、問題があれば改善していく必要があります。」

この調査は妊娠されたお母さん、そのお母さんから生まれてきたお子さんが成長していく13年間調査をすることになるようです。

京都市は左京区・北区、府下は木津川市の妊婦さんが対象に入っています。
母子手帳が発行される保健所で申し込めます。

また、最近問題になっている黄砂についても調査が始まっています。
「黄砂と子どもの健康調査」です。

このエコチル調査は環境省の国家プロジェクトとして大規模な疫学調査で、世界でも有数の大規模でかつ長期的なものになっています。

協力の医療機関としては、京都市では
京都大学医学部付属病院
京都第二赤十字病院
京都民医連中央病院
社会保険京都病院
日本バプテスト病院
足立病院
伊藤病院
川村産婦人科
森産婦人科医院

木津川市では、
公立山城病院

他にも長浜市の病院もあります。

当店も協力することになりました。
やはり、これからの子供たちの健康が心配です。

Photo

゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:**・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・・゜゚・*:.:*

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:**・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*