一見は良薬?!

今日は月1回行っている不妊の相談会の日でした。

毎回多くの人が遠くからご相談に訪れます。今日も今まではメールでのやり取りにて漢方を続けていた人達が、相談会に足を運んでくださいました。

メールやお電話でのやり取りでも充分に症状や状況は把握できるのですが、やはり「百聞は一見にしかず」とは良く言ったもので、お顔を拝見して改めてわかることが多くあります。

それはこちらサイドのことだけでなく、漢方を飲まれている人サイドでも言えることで、相談に応じている先生や電話の応対をしているスタッフの顔を見ることにより、安心感を得られることと思います。

周期療法を続けているお会いしていない多くの人達は、もし、1回でもお会いできる機会があれば、是非、お会いできれば良いのにな、といつも感じています。

本日来られたCさんも、とても安心され、今まで「諦めかけていたこと」にまた改めて挑戦する意欲が出たと喜んでおられました。

Cさんは今まで内膜症やチョコレート嚢腫があり、腹腔鏡による手術をされ、その後体調がよくなるものと期待していたにも関わらず、ますます体調は悪くなるばかり。治療はどんどんエスカレートし、薬漬けになり、その結果約2年間で出来上がったものはホルモンバランスがすっかり崩れてしまった身体でした。もうダメかもしれない・・・。と行き着いたのが、漢方の道だったのです。

そんな不安いっぱいのCさんでしたので、尚更のことだったかもしれませんが、Cさんにとってはお顔を拝見して話をじっくりすることがとても大切なことだったのです。

Cさんにはホルモン治療などで「陰の気」が不足し、低温期の力が足りなくなったための改善としてのお薬を服用してもらっています。それに加え、「水快宝」を少量調整することにしました。

今回、お顔を拝見したことの「心の安心感」と今回すこし処方が変わった効き目が相乗効果となり、今周期は「陰の気」がますます強くなることでしょう。「陰の気」が質の良い卵を育てます。質の良い卵ができれば、排卵もスムーズになり、高温も安定します。

今回得られたCさんの「心の安心感」が、とても強い味方になることは言うまでもありません。きっと今周期の体温に、その効果が現れてくることでしょう。

治療を受けていることに、何かの「不安」や「憤り」を感じることがあれば、それがプラスになることはありません。自分の中に芽生えた「不安」は必ず、解消して、次のステップに進むことが大切です。これはどんな治療にも言えることです。「心の安心感」を得て初めて、良い治療効果が得られるのです。途中で、確認することなく諦めたりしないようにしてください。明るい未来のために。

日本だけではない問題

「少子化社会」の対策に頭を痛めている現象は、日本だけではなく、「韓国」「台湾」「シンガポール」「中国」「タイ」などの中国・アジア諸国でも起こっています。

その中でも一番出生率が低いのは「韓国」。韓国では社会風土の背景も加味していますが、不妊治療の「人工授精」や「体外受精」がさかんなことは知られていることです。

しかしなぜ、このようにアジア中心にその現象が広がっているのでしょうか?

どこかに問題点があるはずです。

韓国での調査でわかったことは、経済危機後に結婚や出産を先延ばしにする傾向になったこと、女性の社会進出による価値観の変化、などがその原因として大きいようですが、教育費も重荷になっていることもあげられています。

これは日本にも言えることで、男女平等の社会という考え方が広まる中、女性の総合職の定着、そして管理職への道が開けたこと、などから晩婚化が進み、結果として子供を産まない、一人っ子になる・・・といった現象が起こっています。一人っ子なら教育費をたくさんかけることができ、反対に、かけてしまうことになり、多くの子供を持つことが負担になってしまうのです。

ではこれを改善するためには、育児・教育費の支援を強化すること、児童手当の導入、不妊治療の支援拡大・・・などの対策で果たしてこの流れを食い止めることができるのでしょうか?

中国で1979年に「一人っ子政策」を導入してから27年。あの頃の中国での子供に対する扱いは、かなり変わってしまったことでしょう。そういった中国を含めてここ20年ほどの人間の価値観の変化は、そう簡単には変わらないでしょう。

もっと根本から社会のいろんな意味での安全・安心を提供する対策を提示しなければ、この流れは食い止めることはできないのではないでしょうか。

冷房病に

月経前症候群(PMS)の症状で、月経前になると「むくみ」、「イライラ」、「鬱症状」、「下腹部痛」の出ていた25歳Mさん。

生理2週間前から生理まで「婦宝当帰膠」を飲んでもらいました。冬は冷え性ではないのですが、夏になると冷房により冷え性の仲間入りをするということ、緊張症、などのことから「気血の巡りが悪い」ことが伺えました。

そして試した1周期目より、それらの症状が軽減し、快適に月経前を過ごせるようになりました。そして、ここ最近は、「冷房病」に加えて「夏ばて」をするというので、その対策として体調に合わせて「コエンザイムQ10」の入った製剤である「玄武顆粒」、「人参乾姜粒」を症状が起こる時期に合わせて使ってもらいました。もっと体力が弱っている人なら「活命参」もオススメです。

Mさんの場合は、それらをうまく組み合わせることで、すっかり症状がなくなり、この夏、快適に過ごすことができそうです。

「冷房病」と一言に言っても、その症状は「冷え」だけでなく様々です。過度の冷房により、自律神経失調症が起こり、「頭痛」「肩こり」「めまい」「腹痛」「むくみ」「生理不順」などの症状を引き起こします。

冷房病による「めまい」などの症状は、耳鼻科の検査ではなにも問題は見つかりません。その場合に、西洋医学では「病名」がつきませんので、治療ができません。そこで強い味方が東洋医学です。

「冷房病」も甘く見てはいけません。それを機に夏だけでなく、その後も自律神経失調症と付き合っていくことになるかもしれません。そうならないように、気をつけてほしいものです。是非、東洋医学による治療を行われることをオススメします。

夏の湿疹

だんだんと日本列島は暑くなってきました。梅雨が明けることを待ち望んでいたものの、こう雨が1滴も降らないとなれば、夕立後の水打ちの涼しさが恋しくなってしまいます。

汗をたくさんかくことにより、「汗疹」「軽い湿疹」「痒み」といった肌のトラブルが出てきます。特に産まれたばかりの赤ちゃんは、自分で汗をぬぐうことができないために、手足の節目の皺の間に汗が溜まり、湿疹になってしまうことは多くあります。

また妊婦さんもお腹の大きな体では、普通の体の時以上に汗をかきやすいことと、妊婦であることの疲労から湿疹がでることもしばしば。

その原因は「汗」だけれなく、それと「何か」が合わさったものなのです。

多いのは「汗」と「衣類」による接触皮膚炎。次も接触皮膚炎で、ネックレス、腕時計、ピアスなどの「アクセサリー」によるもの。次には「日光過敏症」や「疲労によるもの」です。

普段なら何でもないことなのに、「汗」と合わさることで症状へと繋がるようです。

それらの改善には、その原因となることを除去したり遠ざけること。

そしてケアとしては、「桃の葉」を煎じてその煎じ液をお風呂のお湯に混ぜて入ったり、湿疹の箇所にローション代わりに塗ったりすると良いです。

この時期「湿疹」「痒み」が気になる人は、是非お試しください。

活性酸素は大敵!

「活性酸素」は様々な要因により発生しますが、それは「老化」「動脈硬化」「癌」などを引き起こす悪者です。またそれがたくさん存在すると、不妊の原因になる、とも言われています。

それもそのはず、「動脈硬化」を引き起こすイメージから、血液がドロドロになる、その結果、血液中のごみを掃除してくれ、菌と闘ってくれる「白血球」の動きが悪くなる、免疫力が低下する、体力がなくなる・・・となれば、そんな体では力強く元気な赤ちゃんを授かり、産むことはできないでしょう。

不妊脱出のためには、血液サラサラで、気も血もスムーズに流れる若々しい体になることが大切です。

そこで、活性酸素を発生させる原因となるものに気をつけましょう。

不規則な生活スタイル、晩遅い食事、運動不足はもちろんのこと、この時期、ますます強くなる紫外線も活性酸素を増やすものの1つです。

それらのことに気をつけると共に、お薬では、「紅サージ」「冠元顆粒」などがオススメです。

また、日常の食事では、活性酸素を取り除いてくれる「カロチン」を多く含む食べ物を摂取すると良いでしょう。例えば、動物性のものであれば、「レバー」、「ヤツメウナギ」など。植物性のものであれば、「ニンジン」、「モロヘイヤ」、「春菊」、「小松菜」、「かぼちゃ」など。

その中でも今の時期だと「モロヘイヤ」や「かぼちゃ」が旬です。どんどん食事に取り入れて、活性酸素の少ない元気な体を作ってください。

うまくコントロールを

50歳間近のTさん。ここ最近生理の量がかなり多くなり、だらだらと続き、周期も短くなってきて月に2回もあるようになってきました。

2年ほど前に筋腫が4cmほどのものが2つもあることがわかりましたが、生理の量が増えてきたのはここ半年のことのようです。半年前に婦人科へ行くと、「筋腫が原因でその症状が起こっている」ということで、ホルモン剤により生理を止め、筋腫を小さくする治療が行われました。しかし、3ヶ月ほど続けた結果、その間、生理も止まることなく、筋腫の大きさも全く変わらなかったために、その治療を止められました。

そして次に頭に浮かんだのが漢方薬でした。

西洋薬を服用することに抵抗があったTさんにとって、自然のものからできている漢方薬なら抵抗なく飲むことができる、と考えたからです。

Tさんの不正出血は、子宮筋腫もその原因の1つでもありますが、周期が短くなってきたり量が過度に多くなったりするようになったのが、半年前よりもここ2~3ヶ月ほどあることから、ホルモン治療後の副作用も多少はあるかもしれません。また年齢的にも少し崩れてくる時期であることもあるでしょう。

今現在「貧血」もあり、顔は艶のない白色で、爪も白く、舌はもったりとした状態であるために、まずは無駄に出血している状態を止めなければなりません。

そこでTさんにお勧めしたのは「文山田七」です。

あまり多くのお薬を飲むことを望まれなかったTさんには、まずは「文山田七」から始めました。不正出血が治まった後で、残っている症状を確認し、それに対して調整することを次の治療ステップにしていきます。

Tさんの場合はホルモン治療をされたのは3ヶ月のみですので、それによるバランスの崩れはすぐに改善されることでしょう。ただ子宮筋腫による不正出血に関しては、筋腫を取り除く手術を望まないのであれば、閉経まで何らかの治療を続ける必要があります。

Tさんのように、西洋薬が嫌で、手術はもっと避けたいことなのであれば、症状に合わせて「文山田七」を使用することで、体質改善を図る方法をオススメします。

朝食は健康のもと

朝食を摂らない人が年々増加し、過去最高の比率になったと厚生労働省の調査の報告がなされました。

しかも若い年代にその率が多いようです。

朝食を摂らない理由は、朝は食欲がわかない、朝食を抜いたほうがすっきりする、ダイエットのため・・・など様々ですが、若いほど特に小さな子供の時ほど朝食を摂った方が良いことが調査でわかっているのです。

「成績が良いこと」と「朝食を摂っていること」は比例するというデータが出ているのですから、これは子供を「塾に通わすこと」よりも重要なことなのではないでしょうか。

朝食を摂らないと体温が上がりにくく、低体温になる原因となったり、午前中の血糖値があがりにくいためにエネルギーが供給されず、脳へのブトウ糖不足により頭が働かないという現象が起こり、学力低下や居眠り、疲れやすい、などへと繋がることになるのです。

そういったことで、最近「食育」の講座が小学校で開かれるなど、「食」の大切さを伝えようとする活動が多くなってきています。

子供が「授業中に居眠りをする」「疲れやすくてぐったりする」などといったことは、健康な子供であれば普通は考えられないことです。まずは生活習慣を見直し、もともと体力が弱い子供であれば、小さい頃より体力がつくように、漢方の力を借りてみてください。

乳幼児から小学生・・・何歳でも、何歳になっても、漢方は量を調整することで、安心して飲むことができます。もしお子様が「風邪を引きやすい」「体力がない」などの症状をお持ちであれば、お尋ねください。きっと力になれることでしょう。

不妊治療支援に思うこと

ここ最近「少子化社会対策」としてますます広がる国や自治体、企業や民間の支援制度。

国や自治体は「助成の増額や期間の延長」を行ったり、企業は「低利融資や休業制度」を取り入れたりしているようです。

しかしまだまだ患者の負担は大きいもの。特に特定不妊治療は保険が適用されないためにその負担額はかなりのものになります。

この「特定不妊治療」とは、不妊治療のうち、高度生殖医療の「体外受精」と「顕微授精」を指します。

「体外受精」は一般的に、卵管が詰まっているなどの場合に、卵子と精子を取り出して試験管の中で人為的に受精させ、受精卵を子宮内に戻す方法で、「顕微授精」は精子無力症などの場合に、顕微鏡を使用し、精子を卵子の中に人為的に送り込む方法ですが、果たして、本当に、この方法をすべき人がこの治療を受けているのだろうか、と少し疑問に感じることがあります。

まだ20代であったり、十分に自分の力を引き出すことのできる30代でも、「生理不順」であるために、それを調整するためということで「ホルモン治療」が始まり、「人工授精」「体外受精」へとどんどんステップアップしていくケースが多くあります。

検査で卵管や精子などの異常が見られない場合でも、それが行われていることが多く見受けられます。「早い結果を」ということで、次の治療、次の治療・・・とそうせざるを得ないようになっていくようです。

2003年に生まれた新生児の65人に1人は体外受精児というデータが出ていますが、本当にこんなにも多くの人が、体外受精をするべきだったのでしょうか。かなり疑問が残るような気がします。

国や自治体、民間、企業が行っている支援の中に、できれば「漢方薬」も入れてもらいたいものです。

妊娠するまでの対処療法ではなく、これからの人生を快適に過ごすためにも崩れた体調、弱い体質を改善することが大切です。それには生活習慣や食生活の改善ももちろんのことですが、それに加えて漢方薬の力を借りれば、早期改善につながるものです。

これからも漢方薬がもっと広まり、その効果が認められ、支援の対象となれば良いですよね。

排卵痛

「生理痛」は有名ですが、「排卵痛」は意外と知られていないものです。

それは、「生理痛」は生理が起こっているときに起こるので、わかりやすいのですが、「排卵痛」はタイミングを測るなどのために基礎体温表をつけている人や自己管理をしている人であればわかるのですが、そうでない人にはその痛みが「排卵と関係している」ということは、わかりにくいものだからです。

しかしこの症状は結構あるものです。

当店で周期療法をしている人たちの中でも、多くの人がこの症状を持っています。

「排卵痛」と言っても、その原因は様々で、その症状も様々です。

多嚢胞性卵巣(PCOS)などのために排卵しにくく、それが原因で痛みを伴うもの、

卵巣が腫れたり癒着があるために、排卵の際に、痛みを伴うもの、

黄体機能不全でなかなか高温期にならず、排卵がうまくいかないために重い感じの痛みを伴うもの、

これといって病名はついていないけれどもいつも排卵時に卵巣付近の下腹部が痛むもの、

などなど。

排卵しにくいのであれば、排卵をスムーズにするような漢方薬を、癒着があるのであれば、癒着を軽減するような漢方薬にてその症状を調整します。

ただし、「痛み」が酷い場合は、それに併せて「芍薬甘草湯」を飲むことで、急な筋肉の攣急を沈め、痛みを治してくれます。

漢方薬は、その効能からは思いも付かないような使い方をする場合もあります。これぞ漢方の長い歴史あってのなせる業です。

偏頭痛の対策

もともと偏頭痛持ちの32歳Nさん。今までは偏頭痛が起きると気持ちが悪くなり、嘔吐してしまうので、そうなる前に痛み止めのロキソニンを服用していました。

しかし妊娠中のNさんには西洋薬の痛み止めは、服用することができません。だからと言って、偏頭痛はなくならず、定期的にその症状が訪れるのです。その症状が訪れると、会社を休み、家では嘔吐を繰り返す日々でした。

たまたま近くまで仕事に来られていたKさんは、「鍼灸治療」の看板を見て来店されました。しかし求められた治療は、「鍼灸」でも「漢方」でもなく、「指圧」の治療でした。

Kさんの症状を診ると、その偏頭痛は主に左の肩から後頭部にかけてのもので、その部分がかなりの緊張状態になっているために起こるものだと思われました。

通常であれば、Kさんのタイプから「痰湿中阻」と捉えられ、その改善方法としては「燥湿化痰」を行い、ツボとしては「風池」「中脘」「豊隆」などを使用するのですが、Kさんは現在妊娠中ですので、それらのツボは使用できません。

しかし全体の流れをよくし、溜まっている「湿痰」を除かないことには今後おそらく「妊娠中毒症」が出てくることでしょう。

従って、「三陰交」をうまく使い、運化機能を上げることで流れを良くしてその症状を和らげるようにし、上部背部の夾脊穴、安胎のツボの「至陰」を調整していきました。週1回の治療です。

その後、時々「偏頭痛が起きるかな」という感じはあっても、以前ほど嘔吐するような酷い症状は出ていないようです。

先日来店された際には前回の検診で、逆子だったとのことでしたので、逆子の治療を加えました。治療の最中に赤ちゃんがグルッと動き、元に戻ったようです。おそらく職場の冷房で足が冷えたためでしょう。

妊婦さんは、これから暑い夏の冷房には足を冷やさないように気をつけてください。赤ちゃんの環境が悪くなってしまいます。