最近多い「POF(早発閉軽)」のご相談

今年に入ってから、早発閉経(POF)のかたのご相談が多くなりました。

先日は海外で活躍されている36歳のかたからのご相談。

そして先日は、東京のお客様、38歳からのご相談。

お二人とも初潮は11歳くらい。半年前までは順調に来潮していました。

お二人の共通は職場のストレス。

ストレスで月経が乱れてしまい、あっという間に無月経になってしまいました。

婦人科に行くとFSHが50とか80くらいに上がってしまい、AMHも1以下。

POFはこの治療しかありませんとばかり、婦人科ではカウフマン療法がされていて、月経周期を整える治療を受けています。

ホルモン治療をうけるも、卵胞は出てきません。

だんだん体は暑くなり、時折のぼせの症状が出てきて、汗も噴き出て、気分も落ち込んできます。まるで更年期の様な症状に、また悩まされます。

お二人とも、だんだん難しくなると、神奈川の聖マリアンナ医科大学の婦人科を紹介されました。

そこの治療は衰えてくる卵巣を摘出して、残されている原始卵胞の細胞を取り出し、培養して卵胞に育て、受精卵を獲得して、移殖するという形を取るものです。

卵巣を摘出してしまう、着床率が低い、妊娠への道のりが遠いなどのハイリスクがあります。

漢方薬で少しでも体調を整えていくしか有りません。

補腎・活血・養血・疏肝で体のバランスを取ることが大事です。バランスを取って行くうちに卵巣機能が高められ、卵胞の発育が見られるかもしれません。

根気よく、現代医学の治療と漢方薬を併用しながら、数か月に1回でも、排卵出来る卵が育つような体つくりが必要かと思います。

POFのかた一緒に頑張りましょう!!

・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*
不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性薬剤師・国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→https://www.kanpou.info/
遠方の方、ご来店が難しい方はメール相談フォームをご利用ください。
不妊でお悩みの方に ママになるためにできること https://www.kanpou.info/funin/
漢方の健伸堂薬局 宇治本店・京都四条店
*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:**・゜゜・*:.:*