ブログ 1周年です

メルマガを書き始めてすでに1年が過ぎました。

この間、漢方薬の使い方や症例のみならず、鍼灸治療、食養生などなど、思いつくままに幅広く書いてきました。そして、これらを残しておかないともったいない!いうことでブログ<漢方でイキイキ人生>を立てました。

それならついでに、毎日店頭で相談したことも参考にしていただけるのではと思い、<漢方で1日1善>のブログも立てました。

そして当店が専門的にとりくんでいます不妊症のブログ<集まれ!ぷれぷれママ>も生まれ、現在3本のブログを継続しています。

この間、これらの内容を見てお問い合わせをいただいたり、コメントをお書きいただいたり、少しずつですがふえてきました。そしてお客様に教えられることや気づきもあります。

毎日書くというのは、実は大変な作業なのですが、自分たちの勉強と整理にもなることですので、今後も継続したいと考えます。ぜひご覧いただきますように! 

春の皮膚病

この時期は花粉症に次いで皮膚トラブルが多いようです。

季節が変わり陽気が増すために身体に熱がこもりやすく、また空気も乾燥しているので痒みが酷くなるのです。

60歳のTさん、2年前の5月に初めて皮膚病で相談に来店されました。身体がのあちこちに貨幣状の乾燥性湿疹があり、温まると痒みがまし、掻くと膿汁が出る、そして後がかさぶたになるというものでした。

漢方で<血熱>といって、熱がこもっていてうまく発散しないために起こるもので、食生活やストレスなどが原因の場合があります。

この時は<黄連解毒湯>と<消風散>を使い、1週間で痒みが楽になり、その後2ヶ月ほど継続されました。昨年は1月に来られ、1ヶ月間使っていただき、治まりました。そして今年は本日来られ、<涼血清営顆粒>を加え、同様の処方を使っていただきました。

毎年同じような時期に発症し、漢方薬で楽になり来られなくなり、また次の年に来られるというケースは、花粉症と皮膚病に多いパターンです。いずれも体質が大きく変化しなければ、同じ処方で改善するものです

寝汗の改善に漢方

慢性の疾患を患っている方や病院に入院している方で、寝汗がひどく夜中に肌着を着替えないといけないくらい出るという相談があります。

医師に相談し検査を受けても何も問題ないので、少し暑いのでしょうと言われるだけで、点滴を受けるというだけの方があります。

症状は、倦怠感があり、口が渇き、手足のひらがほてりなどを感じることが多く、漢方ではこのような状態を<気陰両虚>といいます。原因は体力の低下で、汗腺がうまくコントロールされないためと考えます。

79歳Yさん男性、現役で会社に勤めておられ、少し血圧が高いとか、皮膚掻痒症があるとかのトラブルはあるものの<牛黄製剤:清心丸>を継続して使っていただき、元気に過ごしておられます。

最近睡眠中に汗をかくことが多く、夜間に2回肌着を代えるので大変とのこと。これは年齢から考えても「気陰両虚」があり、無駄な汗をとめる<五味子>と、潤いを補充する<麦門冬>の含まれる<麦味参顆粒>を使っていただきました。

このような例はたくさんあり、短期間に汗が改善されるケースがあります。西洋医学では考えられない、生薬の作用のすばらしさを改めて感じています。

子供の花粉症

すっかり春めいて、さくら情報が聞かれるようになりました。京都の御所も既に開花し始め、今週が見ごろです。

花粉症も本格的になりご相談もふえています。特に子供の花粉症には西洋薬が使えず対応に苦慮されていますが、こんなときこそ漢方の出番です。とは言うものの、粉薬が苦くて飲めないとか、錠剤が大きすぎて飲めないとかいった問題もあります。しかし、小さな子供さんが目をこすって真っ赤にしているのを見ると、ジュースに混ぜても、何でも良いからとにかく使ってみて!と言っています。

子供さんが使いやすい花粉症の漢方薬は、鼻水が多い方には、少し小粒の錠剤の<小青竜湯>や、鼻閉の時の<鼻淵丸>は丸く小さいので問題ありません。目の痒みや炎症に使っている<天津感冒片>は大き目の錠剤ですが、糖衣錠で表面がつるっとしていますので、子供さんでも飲めるようです。それでもダメな場合は錠剤を割って使ってもかまいません。いずれにしても、子供に薬を飲ませるのは大変ですが、少しでも改善してあげてください。

飽食の時代

普段テレビを見る機会少ないのですが、今日は休みで久々に仕事をしながらテレビを見ています。

そして気が付いたのですが、スポーツ番組に次いで食べ物に関する番組が多いのではないでしょうか? それも、番組取材だからしかたないものの、1日に何ヶ所も食べ歩くとか、食べきれない量がでてくるとか、料理番組とか様々です。

飽食の時代といわれて久しいですが、『アメリカ人の驚異的な肥満』を見ていると、日本もまもなく病的な肥満が増えてくることが予想されます。当店も<マイクロ・ダイエット>を取り扱っていますが、本来ダイエットが必要なレベルの方がこられず、少しダイエットをすればよい程度の方が多いのが実情です。ある一定のレベルを超えると、ダイエットの可能性を諦めてしまうのでしょうか。

とにかく日常から気をつけることですね。そういう私も豚まんを食べながら原稿を書いていますが、重いものを食べるときは必ず<晶三仙>を飲みながらです。

生薬をじょうずに使う

日本では昔から、<どくだみ(ジュウヤク)>や<ゲンノショウコ>、<めぐすりの木>、<ガイヨウ>などは民間薬として使われています。また漢方薬としては生薬を合わせて処方された<煎じ薬>が使われてきました。

中国では、歴史の違いもあり、医療機関が少なかったため、生薬を自分で選んで煎じて飲むというのが日常的に行われているようです。中国へ行くとあちこちに<生薬市場>があり、また食品市場の中にも生薬を売る店があります。

そして、日本に住んでおられる中国出身の方は、当店のような専門店に生薬を指定して買いに来られます。例えば、冷えや頻尿の時に<補骨脂>を、咳や口の渇きに<麦門冬>、また汗が多く出るときは<五味子>などです。最近は衛星放送で中国の番組が見られますので、それで得た漢方情報を参考にされているようです。

生薬が日常生活にしっかり入りこんでいるのは、医療不足の歴史によるものと思われますが、『人に頼らずわが身を守ること』が大切なことを教えてくれます。

赤ら顔

春に多い相談は、1位が花粉症、2位が皮膚トラブル、3位が自律神経や不眠に係わるものかと思います。花粉症の話はメルマガにも書きましたし、ブログでも書いていますので

http://kanpou.cocolog-nifty.com/kanpou/2006/03/_20060315_4885.html

http://kanpou.cocolog-nifty.com/kanpou/2006/02/_20060207_51c8.html

ここでは省略し、今日は「赤ら顔」の話です。

赤ら顔の相談も多いのですが、改善に時間がかかるケースや、また改善しないケースもあり、難しいと感じています。主なタイプで分けますと

1、いつも赤い

2、緊張するとすぐ赤くなり汗が吹き出る

3、のぼせで赤くなる

4、季節の変わり目、特に春先に赤くなる

5、肝臓や血圧の影響で赤くなる

など、様々な原因があります。

漢方薬も、熱を冷ますものから、血流を良くし熱を発散させるもの、過緊張を抑制するものなど様々です。このうち難しいのは1、2、で、3と4は比較的短期間で改善します。

先日相談に来られた40歳の女性、春や秋の季節の変わり目に顔全体が赤くなり、特に目の周りが赤く腫れて乾燥し、酷いときは皮膚が剥落するようになるとのことでした。肌全体も乾燥気味で、アレルギー体質もあり、季節の影響を受けているのは明らかでした。

そこで、乾燥をとり、痒みを鎮める<当帰飲子>と、目の周りの炎症を鎮める<梔子柏皮湯>をお使いいただきました。

2週間後来店いただき、赤みはほとんど消え、痒みもなくなりました。予想以上に短期間での改善で喜んでいただきました。

漢方で<春は肝の病を生じやすい>と考えます。そのため、肝の影響を受けやすい目の周りに症状が強く出たり、自律神経のトラブルが出やすいのです。西洋医学ではあまり季節を重視しませんが、漢方(正確には中医学の五行説)では、季節や自然の変化と人体が受ける影響をいつも考えているのです。

こわい夢

怖い夢を見て目が覚めるという話を以前に書いたかもしれませんが・・・改めて書きます。

強いストレスを受けたときや、過去にストレスが継続していたときに、その記憶が残っていて夢に出てくるという事はよくあることです。しかし、その程度が強い場合、睡眠中に唸ったり、無意識のうちに腕を振ったり、起き上がったりすることもあります。

通常は睡眠中は副交感神経が優位なのですが、この場合は交感神経の興奮状態になっているようで、朝目覚めたときも「寝た気がしない」ので、身体も疲れが残ります。

63歳男性、現在は退職されてストレスも感じないのですが、昔働いていたときのストレスがかなり強かったためか、睡眠中に上記のような症状がでるため相談にこられました。

1月下旬に来られたときに痰湿タイプの体質改善と安神剤としての<温胆湯>と肝気の興奮を抑制する<抑肝散>をお使いいただいたところ、1週間で少し改善し次の2週間ですっかり症状はとれました。その後漢方薬の服用を1日1回にして継続されていますが、全く起こる様子もなく完治したようです。

西洋医学ではこのような場合、睡眠剤系が使われると思いますが、漢方はこのような「変わった症状」に適するものはたくさんあるところが漢方の特徴でしょうか。

舌炎の痛み 2

先日舌炎の男性の話を書きましたが

http://www.kanpou-ichizen.com/2006/03/post_9f17.html

同日に舌の辺縁部が痛むという女性が相談に来られていました。

43歳女性、会社員の方、1年ほど前から痛くなり始め、医院で抗生物質をもらっていましたが、痛みは改善せず困っておられました。状態は、舌の辺縁部に赤みはなく、炎症が明らかでなかったのですが、痛みがあるとのことでした。

比較的色白で、冷え性、少しヤセ気味の方で、発症した時期は忙しく、ストレスも多かったとのこと。中医学では「気血両虚」のタイプで、補血を中心に考えようと思ったのですが、短期的には解毒も必要と考え、<温清飲>をお使いいただきました。

そして2週間過ぎた今日来店され、かなり楽になってきたとのことでした。今回は粘膜の修復作用を目的に<ササヘルス>を加え、また少し変法したエキス剤をお使いいただきました。1年間抗生物質を使って、胃腸も負担になっていると思われますので、<ササヘルス>は胃の調子も整え、改善を早くしてくれるものと思います。

飛蚊症の漢方

漢方薬は目のトラブルにもよく使います。中でも多いのが白内障、緑内障ですが、その他に飛蚊症、閃輝暗点症などにも効果があります。

今日お問い合わせのあった方は33歳の男性で、飛蚊症があり、眼科では治らないといわれ、不安になったとのことでした。話をお聞きすると、漢方的な捉え方による原因がはっきりしていて、まだ若い方ですので、改善の見込みは充分ある旨をお伝えしました。

実は、私も飛蚊症があり、パソコンと1日中格闘した時や、疲れが激しいと出てきます。休養して治まる場合はよいのですが、なかなか消えないときは<杞菊地黄丸>を使いますと改善します。

これは中医学で<肝腎両虚>といい、エネルギー低下状態になっていることが原因なのです。飛蚊症の中医学的区分は、これ以外にも<気血両虚=元気不足と血液不足>や<痰濁><湿熱>などがあり、体質判断により漢方薬は変わります。そして、若い方は早く改善し、高齢者ほど時間がかかるように思います。