ストレスによる不眠の漢方

不眠の漢方薬はたくさんあり、症状と体質によって使い分けます。
大きく分けて、入眠障害や中途覚醒、早朝覚醒などがあり、その原因が推定できます。

50歳のUさんは11時ころに寝付くのですが、4時間程度で目が覚めて、その後寝られなくなりました。その原因は仕事に関するストレスとわかっているようですが、考えないようにしていても考えてしまうとのことでした。

また、不安感が少しあったり、夜間のトイレ回数も増えたようです。

そこで漢方薬は、ストレスを緩和し、気分を安定させる<柴胡剤>をお使いいただきました。

2週間で少し良好で夢を見るのも減ってきました。
さらに1か月後にはかなり改善し、その後は眠前に1回服用するだけでも良くなりました。

今回は2週間でその変化が見えましたが、1か月で改善しない場合は見直す必要があります。

また高齢者の不眠は、睡眠時間が5時間で足りるケースもあり、10時に就寝すると3時に目覚めて、その後寝られないと訴えられる方もあります。
不眠ではなく、それで正常な状態とお話ししても理解されないこともあります。

年齢、仕事、性格、ストレス、飲酒、生活リズムなど、様々な要素から適した漢方薬を選ぶ必要があります。

大きなユリが咲きました

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇
健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で

幅広くサポート。漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
取扱い商品・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

中途覚醒(続報)

以前から中途覚醒で来店されている56歳のSさんの続報です。

加味逍遥散酸棗仁湯の併用でしっかり眠れるようになったようですが、朝起きた時にスッキリ感がないということで来店されました。

元々イライラしがちな性格ではありましたが、ストレスを強く感じておられるようでした。前回までは舌の苔が少ない状態でしたが、今回見ると胖大で白い苔があり、ふるえが見えました。

ストレスの影響を考慮し、今回は酸棗仁湯シベリア人参茶を服用していただきました。すると二週間ほどの服用で朝の目覚めが大分よくなったようです。ストレス要因の改善は難しいようで、その後も継続して服用して頂いております。

シベリア人参は別名エレウテロコック、エゾウコギなどといい、一般によく知られる朝鮮人参よりも優れたアダプトゲン作用(環境適応源)があり、様々なストレス、例えば酸素欠乏、厳しく激しい寒冷、日常生活におけるストレス、疲労、放射線などに対する生体の適応能力を高めます。また、安神作用もあり気持ちを落ち着かせることもできます。

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇
健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局
◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

睡眠時に大声!

以前にもこのような症例を書きましたが
https://www.kanpou.info/ichizen/index.php?id=06020014

ストレスを受けやすい方が過去のストレスを抱え込んで発散できていない場合、睡眠時に無意識で大声をあげたり、腕をふって、周りの方を驚かせるというケースがあります。特に定年退職した後の男性によく見られます。

62歳のHさん、2ヶ月前に退職されたのですが、最近息苦しくなったり、めまいや不安感、不眠があり、病院で心臓などの検査を受けましたが特に異常なしとのことで、相談に来られました。

詳しく聞くと、それ以外にも睡眠中に大声をあげたり、腕を振ったりしするのですが、本人は無意識でしている、また朝起きは寝た気がしないほど疲れているということでした。

そこで、前にも同じようなケースを見ていますので、Hさんには<温胆湯>と<柴胡加竜骨牡蛎湯>をお使いいただきました。その後来店されて結果を聞いたところ、薬を飲みはじめてすぐ症状が治まったが、薬が切れると再び同じ症状が出たとのことでした。また、睡眠がしっかり取れて身体も気分も楽になるので、しばらくこの薬を続けることになりました。

原因は前述のとおりで、漢方薬で興奮状態が緩和され、息苦しさも睡眠時のトラブルもすべて解決しました。同じような症状でお困りの方が多いのではと思われます。

眠りが浅い

不眠症のタイプは様々で、寝付かれない、途中で目覚める、夢を見る、物音が気になる、眠りが浅い、などがあります。

先日も不眠の話を書きましたが、

http://www.kanpou-ichizen.com/2006/10/post_e467.html

今日は少し異なるタイプの方の例です。

53歳の男性Mさん、以前より安定剤や睡眠導入剤をお使いでしたが、それらを減らすように努めておられ、漢方を求めてこられました。

タイプは、寝付かれない、音で目覚めやすい、眠りが浅い、などでした。舌苔は白苔で<脾虚水湿=胃腸が弱く、水分が残りやすい>ために起きている症状とおもわれました。

このタイプには<星火温胆湯>がピッタリで、温胆湯がお腹の水分代謝を高め、気分を安定させる生薬が効果を発揮します。Mさんは試しに7日分を適当に使っておられましたが、それでも良好とのこと。熟睡しやすくなったようです。しばらく続けると、さらに改善するものと思われます。

星火温胆湯>は夢をよく見る方や、不安感や驚きやすい方には適する優れた漢方薬です。