非結核性抗酸菌症

非結核性抗酸菌による呼吸器感染症は気管支拡張症を起こし、咳・血痰・発熱などが生じることがあります。
病院で抗菌剤や止血剤をもらっている方も多いと思いますが、なかなかスッキリせず漢方相談に来られる方もあります。
70歳の女性Sさんもこの疾患で咳と血痰があり相談に来られました。
咽は乾燥しやすく、血痰が出るので、漢方薬Bや健康食品Dをお使いいただきました。
最初は効果がないので一旦止められたのですが、しばらく時を経てから再度残りを飲むと血痰が止まり、病院でもらっている止血剤を飲まなくても大丈夫とのことでした。
経過の長い慢性疾患で、完全な治療法が確立されていないようですが、症状の改善には漢方が有効ですので、ご活用ください。
illust2819.jpg
◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

膀胱炎・尿道炎

またまた膀胱炎の話です。
73歳の女性Mさんは、排尿後1時間ほどするとまたトイレに行きたくなり、排尿後も不快感が残るという症状でした。
病院では<尿道炎でしょう>といわれ、抗菌剤が処方されました。
しかし服用後も改善の兆しは無く、漢方薬で治したいとご相談いただきました。
この方は以前から漢方を愛用されていて、体質もわかっていたので、</KH9806.html”>漢方薬T>と</K41779.html”>漢方薬H>をお使いいただきました。
そして1ヶ月後、ほとんど治ったのですが、飲んでいると体調が良いとのことで、1日1回だけ続けていただいています。
<漢方薬T>は、補血・利水の作用で、利尿効果もあり、菌が見つからない膀胱炎にはよく使います。
また<漢方薬H>は、胃弱な方の膀胱炎に加えることもあります。
いずれにしても、症状と体質により様々な漢方薬を選びます。
◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆ 

顔と背中に吹出物

36歳のSさんは10年以上前から顔と背中に吹出物が出て困っておられました。

特に月経前になると額、頬、口周辺に出てくるようです。

背中は痒みと痛みが強く、黒く痕が残っているみたいです。

ここ最近は特に症状がきついため、抗生物質を服用することもあるようです。

他にイライラ、ほてり、肩こり、立ちくらみなどの症状があります。

 

この方の吹出物は月経に関係が深いと思われますが、元来の免疫力の弱さも無視できない状態にあります。

そこで漢方薬K、/K50311.html”>健康食品Gと/K31082.html”>漢方薬Uを二週間分お渡し致しました。

飲み始めて一週間、顔の吹出物の出方がましになり、抗生物質を使わなくてもよくなったようです。

背中の症状はまだありますが、状態から見ても時間がかかるものですので、様子を見ながら根気よく治療を継続していきます。


kamisyou.jpg

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

首がつまる

以前よりお越しの50歳の女性Hさんは、3ヶ月前から眼瞼痙攣が時々起こり、特に人と話をするときなどに症状がひどくなるとのご相談でした。
今までにはなく初めての症状でしたが、病院に行くほどでもないので漢方で治したいとのことでした。
その他には、肩から首にかけてつまり、舌が引っ張られるような感じがするようでした。
そこで、首から上が慢性的に緊張状態にあるため生じていると考え、<漢方薬C>をお使いいただきました。
1週間後にお越しいただいた時は、すっかり症状が改善して楽になっていました。
漢方薬Cの効能は、頭痛や高血圧とされていますが、漢方では<平肝潜陽><明目><化痰>の作用があり、肩や背が凝ったり、目が充血したり、痙攣するなど、首から上の様々な症状に使います。
症状にうまく合うと、1週間でも充分改善するものです。
illust2815.jpg

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

熱中症が急増

昨日は熱中症で4人の方が亡くなり、916人が病院に運ばれたとのことでした。
昔から暑い日はありましたが、近年は猛暑日が続くのが特徴的のようです。
さらに、発表される気温と、実際の気温が場所によって随分違うようで、車で走りながら路面温度を見ていると、朝から30度を超えています。
いずれにしても、水分をとり、身体を冷ますことですね。
漢方では<補陰>といって、身体の隅々の細胞まで水分が行きわたるようにするものを使います。
代表的なものは<麦門冬>で、乾燥を改善する生薬として一般的です。
また、<五味子>は収斂作用によって、皮膚から過剰に水分が出ていくのを防ぐ作用があります。
これらが含まれる漢方薬<漢方薬B>を、予防的に使うのがおすすめです。
neccyuusyou.jpg
◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆