小児の蕁麻疹

乳幼児は食物アレルギーを起しやすく、それ以降アレルギー体質になりやすいのです。

中医学では、小児の特性として<二余・三不足>といって、五臓のうち<心、肝>は余りある状態であり、<脾、肺、腎>は不足するといいます。

その意味は、<心>や<肝>が余るというのは、日常でもいう肝の虫が強い、興奮しやすいというような意味です。ところが<脾>や<肺>や<腎>が不足すると、オーバーワークになったとき、処理しきれないということです。つまり、新しい食べ物で消化吸収がしきれなくなるとアレルギーを起す、急に気候が変化すると咳をする、風邪を引きやすい、体力がないなどです。これらの大人と違う点に注意することが必要なのです。

3歳の男児 Kくん、8月にいろいろなものを食べた日があり、アレルギーを起こし蕁麻疹が発症しました。病院でもらった抗ヒスタミン剤で落ち着いたものの、10月から再び蕁麻疹が出没するようになり、検査をするとアレルギー抗体のIgEが高くなっていました。耳鼻科でもらった薬を飲んでもアレルギーを起こし、薬も飲めなくなってきて、漢方を求めてこられました。

食物によりアレルギー性皮膚炎やアトピー症状を起す子供も多いのですが、慢性的蕁麻疹になる子供もあります。根本治療は消化器を強めることで、<小建中湯>等を使っていただきました。また、食事上の注意を説明し体質改善を行っています。

両親がアレルギー体質の場合は特に子供さんに注意してあげて下さい。

耳閉感の漢方

耳閉感

耳閉感が生じる疾患はたくさんあります。

突発性難聴、中耳炎、耳管狭窄症、メニエール病などで、最も多いのはメニエール病に伴うものです。この場合、西洋医学では利水剤系の薬などが使われます。しかし、それでも改善しないので漢方を求めて来られます。

この時点では、すでに耳鼻科に行かれて検査も診断も済んでいますので、他の疾患の心配はすることなく、発症した原因やそれまでの経過、現在の状態、その方の体質などでお薬を決めます。経験的にはストレスによる<気滞>が原因となっているケースが大半です。

51歳女性 Tさん、昨年5月に耳鳴りと難聴を発症。さらに年末からは家庭の事情で忙しくなり、その頃から耳閉感が生じてきました。耳の中でバリバリという音がしたり、頭痛がや肩こりもありました。

これはストレスによるものと考え、<加味逍遥散>や<帰脾湯>を使いました。また、漢方でいう「気滞血お」=すなわちストレスによる血流悪化もあり、<冠元顆粒>を併用することで、頭痛や肩こりはほとんどなくなりました。耳閉感に対しては<香蘇散>に変更することで、改善の経過をたどっています。

さまざまな頭痛

先日も頭痛に関することを書きましたが

http://www.kanpou-ichizen.com/2005/11/post_f152.html

またまたテレビの番組「あるあるⅡ」でも頭痛の特集がありました。

頭痛の9割が偏頭痛や緊張性頭痛で、残る1割が脳梗塞や腫瘍など脳内で起こるこわい頭痛ということです。そして最近わかったのに「脳脊髄液減少症」による頭痛があるということでした。

打撲などによって脊髄液が漏れた場合に脳内の液が減少して、脳の位置が下がることで頭痛が発生するというものです。症状は重く締め付けられるようなタイプの頭痛です。この症状が出たときに、水分をとって体液、髄液が増えると楽になるらしいです。

これは漢方でいう血虚頭痛に相当するように思われ、たとえば<当帰芍薬散>によって血流を良くすると楽になるようなタイプが想像されます。

医学検査方法が発達し、新しい病名がどんどん増えていきますが、よくよく考えれば、昔からその病気・症状はあり、漢方もそれに対応してきたのです。そしてそれぞれの症状に応じた治療法も、漢方ではすでに確立されているのです。3000年の歴史の蓄積ですね。

中国製の精力剤

先日の報道で、またまた中国製の健康食品に対して、厚生省から販売中止の指示が出ていました。

従来は通販やインターネットでの個人輸入などの商品でしたが、今回は日本の薬局が販売していたとのことで大変残念です。

商品は男性用の精力剤で、バイアグラと似た作用を持つ「バルデナフィル」という成分が含まれており、日本では無承認薬品として薬事法違反になります。報道によれば2月以降に2億7千万円を販売したようです。

男性にとっての精力剤と、女性にとってのダイエット商品は永遠に求められる商品で、それだけに次々と問題商品が生まれてきます。健康を害してしまうより、体調を整えれば精力はアップすると考えますし、食生活を整えればダイエットの必要はないはずです。「それが出来ないから買うんだ」ということでしょうが、事故が起きてからでは遅いのです。

それもご本人は、自分のしたことだから仕方ないと言えるでしょうが、家族や周りの方を悲しませることになります。くれぐれもご注意を!!!

冷え症は万病のもと

今朝のNHK生活ホットモーニングの番組で<冷え症の漢方>が放送されていました。日本漢方で冷え症に使う代表的な漢方薬6種類を紹介し、使う人の体質によって異なるというものでした。

その中でも少し説明されていましたが、冷えは万病のもとで、冷えが他の症状を生むのです。例えば、頭痛、肩こり、下痢、ホルモン失調、さらには鬱証などがあります。そして、様々なトラブルの解決に、身体を温める処方を使うケースが多々あります。

寒くなって冷え症の相談の方が増えていますが、冷えの原因が、共通して生活の中にあると感じることが多いのです。例えば、冷たい飲み物、冷たい食べ物、この時期に美味しい果物の過食、冬でもアイスクリーム、ミニスカート、ストッキングなし、などの悪い条件と、運動不足です。漢方薬を使っていただくときは、これらの生活上の注意を必ず話しています。

冷え症に使う漢方薬は、医院で使われるものは保険適用されますが、薬局で取り扱う漢方薬は、体質に合わせて<さらに多くの種類>があることを申し添えます。

手先の冷え症

今日は寒いです、底冷えがします。

と思っていたら、早速に冷え症の相談にこられました。元々冷えがあったのですが、このところの寒さに耐えられないようです。特に上半身や手先の冷えが強く痺れるほどとのことです。

今まで冷えに対する漢方薬は他店も含め10種類以上使われてきましたがあまり効果が実感できなかったようです。

そこで今回は<婦宝当帰膠>をベースにし、<四逆散>をつかうことにしました。四逆散は胃炎や胃痛によく使われますが、漢方の古典では『四肢逆冷』に用いるとあります。これは、肝気が鬱して(気のめぐりが悪くなって)陽気を四肢に送れない(暖かい血液が四肢に届かない)ために起こるというものです。この時、四逆散によって気の流れを良くし陽気を流すという方法です。

今年春に一度使って喜んでいただいたことがありましたので、きっと改善するものと思います。

ノロウイルス

当店スタッフの子供さんが通う保育園で、先日ノロウイルスが見つかったため、本日は休園になりました。

寒くなってくるとこのようなウイルスが活動を始めますね。今話題の鳥インフルエンザを初めとし、身近なところのロタウイルス、そして今回のノロウイルスなどです。

ノロウイルスとは貝に多くいる小型ウイルスで、食品や便を介して感染していきます。以前は胃腸炎や食中毒として扱かわれていたもので、腹痛、発熱、嘔吐、下痢を引き起こします。ウイルスが特定されてから昇格して現在のように名づけられ、恐ろしいもののような雰囲気になりました。

漢方では下痢に<かっ香正気散(商品名:勝湿顆粒)>などを使いますが、現に感染しても発症しない人があるわけですから、まずは内臓の働きと免疫を高めておくことがすべてのウイルスに対して大切なことなのです。

板藍茶を常備茶に!

高校の推薦入試が始まっています。ちょうどこの時期は(京都の場合ですが)気候が変わり、朝夕が冷え込んで風邪を引く方が増えます。

受験生にとっては風邪は大敵!今までしっかり勉強してきたのに、受験当日に発熱でもしようものなら水の泡と化します。こんな時期いちばん頭を痛めるのがおかあさん! そしてこの時期にオススメなのが<板藍茶>です。

板藍根は、1昨年に中国で流行したSARSの時も原料不足になるほど中国で使われました。この板藍根を飲みやすいエキスにしたのが<板藍茶>です。当店では、<板藍茶>を一家の常備茶にしておく方がたくさんおられます。

ひまわりの会 イベント盛大に!

昨日は【ひまわりの会】秋のイベント「アモーレ・カンターレ・マンジャーレ(恋して・歌って・食べて)」が開催されました。

この【ひまわりの会】とは、漢方に興味を持ち、ひまわりのように太陽に顔を向けて、明るく楽しく、人生を過ごしたいと願う人たちの集まりです。

夕刻より30人ほどの方が参加され、京都駅近くの綺麗なホールで、夕食を食べながらカンツオーネを聞き、一緒に歌を歌うという企画。

歌手は若手新進気鋭の<葭村 洋平>氏とそのグループ、ピアノは松岡麻純さんと中西利奈さんのお2人で、若さもあって盛り上がりました。葭村洋平氏は、容貌も、トークもすばらしく、飽くことなく楽しませていただきました。そして簡単ながらも、きれいなお弁当を食べながらですので、ちょっとしたディナーショーの雰囲気でした。

後半は参加者も簡単な発声練習をし、全員が素晴らしい声で!しっかり歌えました。自分たちで企画したミニ・ディナーショーは格別で、参加の皆さんにも楽しんでいただけました。

メンバーのみなさん、ありがとうございました。

   

慢性の下痢

慢性の便秘の方は多いですが、慢性下痢の方もよく見られます。

原因は様々で、水毒と言い、水分過多の場合は飲む習慣を改めなければ治りません。胃弱の方は時間をかけておなかを温め、胃腸の働きをよくする方法です。しかしその原因がストレスや神経性を伴っている場合は、簡単には解決しないこともあります。

Nさん36歳男性、少し細身で、まじめ、神経を使いストレスがたまりやすいタイプ。長い間、軟便が続いています。朝一番がゆるく、会社に出かけるまでに2~3回トイレにいきます。時々胃痛もあり、喉がふさがって息苦しいときもあります。

神経性の下痢と考えて、六君子湯半夏瀉心湯星火健脾散、人参湯など、症状の変化に合わせてお薬も調整し、最近ようやく大建中湯で軽快して来ました。思った以上におなかが冷えていたようで、<蜀椒>や<乾姜>が効果を高めたようです。

他にも下痢に使う処方はたくさんありますが、タイプによっては時間がかかることが多いですね。