育児の疲れ

独身の頃にお越しいただいていたSさん、先日久しぶりにお子様を連れてお見えになりました。
今回はお母さんの相談で、身体がしんどくて、血が巡っていないような感じがするとのことでした。産後から子育てへの期間は、母乳を飲ませることにより母体の気血が失われ、しんどくなることがよくあります。
まもなく1歳を迎えるSくんはとても可愛く、しっかりとした顔立ち。お母さんの母乳が良かったので、その分お母さんがしんどくなったのでしょう。また離乳食が始まるとお母さんも少し楽になることと思います。
当面は気血の流れを良くする<婦宝当帰膠>と<逍遥丸>をお使いいただきました。
お母さんは昔から綺麗な写真がいっぱいのブログを書いておられ、当店もよく紹介いただきましたが、今回も早速にブログに紹介いただきました。ありがとうございます。
 
2012-6-20.gif

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

 

イネ科の花粉に御用心!

スギ花粉やヒノキ花粉の時期が終わっても花粉症の症状が出ている方はおられないでしょうか?
関西では4月から9月頃にかけてはイネ科の花粉が飛ぶ時期となっており、鼻水、鼻づまりなどの鼻炎症状のほか、目の痒み、喉のイガイガ感、皮膚の赤みや痒みなど様々な症状が出る方がおられます。

ハルガヤ、カモガヤ、ムギ、イネ、アシ、ススキ、スズメノテッポウなどのイネ科植物は、河原や堤防、空き地、公園、水田など身近なところにあるため、注意が必要です。
スギ花粉やヒノキ花粉に比べ飛散距離が短いため、そういった場所になるべく近づかないことが対策の一つとして重要です。

26歳のMさんは以前からのお客様なのですが、顔から首にかけてと胸の辺りが4月ぐらいから痒く、赤みも出ているようでした。
鼻炎症状はないようですが、ハルガヤ、カモガヤなどに強いアレルギー反応があることが病院の検査でも分かっていました。

そこで花粉などの外的刺激に対する抵抗力である”衛気”をつけるために「衛益顆粒」、そして痒み対策として「地膚子」を2週間服用して頂いたところ、大変効果があったようで喜んでおられました。
引き続き服用することで体質改善を目指します。

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

ピリピリする全身の痛み

80歳のTさんは3週間ほど前からあちこちの痛みが出始めました。
最初は耳の奥が痛く、次に下肢が痛み、そして腹部の痛みと移動し、いずれも身体の外側が痛いとの症状でした。
痛みのため食欲も低下し、身体もしんどいとのことでした。
病院では全く原因不明で、薬もないとのことで漢方相談に来られました。
詳しくお聞きすると、いろいろ心配事もあり、それが原因で神経系や筋肉に影響を与えているのかと思われました。
また、痛みが痙攣状態だったり、こむらがえりの感じに近いものであったりしたので、<気滞>を改善する<半夏厚朴湯>や痛みを改善する<芍薬甘草附子湯>をお使いいただきました。
そして3日後に電話をいただき、痛みはすっかり無くなったとお聞きしました。
結果から見て、ストレスなどによる筋肉の痙攣が原因だったと思われます。
痛みは辛いものですが、これだけ短時間に消えるのには、当店も驚きの結果でした。

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

13年ぶりのお客様

先週は13年ぶりにお越しいただいたお客様が続きました。

お一人は尿路結石で、<猪苓湯>を使っていただいたところ、
1週間程して排尿時に「カラン」という音とともに石が排出され、
それ以来痛みがなくなったと喜んでいただいたのでした。
それから13年後の先週にお越しいただき、再び腎臓結石が出来たとのこと。
まだ破砕するほどでもないとの診断でしたので早速<猪苓湯>をお使いいただくことになりました。

もう一人の方は、咳が長引いてとれないため、ある方の紹介で「健伸堂で相談してみたら」と言われてお越しいただいたのでした。
そして<麦門冬湯>をお使いいただいて短期間で改善し喜んでいただきました。
その後は途絶えていたのですが、先週はお嬢様の相談で再びお越しいただきました。
いろいろお聞きし<婦宝当帰膠>などをお使いいただくことになりました。

13年ぶりですので名前は覚えていませんでしたが、顔立ちや何の漢方薬を使ったかまでは、
不思議なくらいに覚えていました。

またお客さまも13年空いていても覚えていただいて、お越しいただけること、本当にありがたいことです。

一人一人のお客様に対し、真剣に考え、悩んだ末に漢方を処方するということを、
これからもしっかり続けて行きたいと改めて思いました。

参考facebook http://www.facebook.com/Kenshindo.fanpage

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

子供さんの頭痛

7歳の女の子Aちゃんは、今年4月頃より毎日頭痛がしていました。
病院では特に異常は見つからず、原因不明とのことで漢方相談にこられました。

とても聡明な子供さんで、4月の新学期から頭痛が始まったとのことから、
少しストレスも感じているのではと思われました。
また、空腹時によく胃痛が起きるとのことや、頭痛の部位が前頭部であることから、
<胃経>に関連すると考え、<柴胡桂枝湯>をお使いいただきました。

1週間後にお越しになり、飲みだしたあくる日から頭痛が減少し、
今はすっかり消えたと報告いただきました。
ストレスを緩和し胃の調子を整えることで、見事に頭痛が改善した症例となりました。

頭痛の漢方薬はたくさんの種類がありますが、発症の部位や経過などを考えると、
自ずから適切な漢方薬が見つかります。お気軽にご相談ください。

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

昔から煎じ薬を愛用

最近の漢方薬はエキス剤や錠剤などが多くなっていますが、昔から漢方を知っている、
愛用している方は<煎じ薬>を指定されるケースがあります。

79歳のKさんは昨年来店されましたが、見るからに胃弱で身体も細く
<六君子湯>の証だなと思ったのですが、すでに30年以上<六君子湯>の煎じ薬を続けられているとのことでした。
そして同じものを指定で求めていかれました。

その後も4日で1日分を使われているので、少量のため効果があるのか疑問なのですが、
ご本人は『これを飲んでると安心!』とのことでした。

そういえば、79歳で痩せてはおられるのですが、しっかりとした足取りで来店されていることをみれば、
Kさんにはこれが《安心薬》で《長寿薬》になっているのかもしれません。


煎じ薬や健康茶を煎じるのに最適。マイコン煎じ器3

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

喘息がずいぶん楽になりました

80歳のKさん、15年ほど前から喘息で、西洋薬と吸入で対応されてきましたが改善の兆しがなく、
漢方相談にお越しになりました。
症状は、咳は少ないが息苦しくてヒューヒューと鳴り、時々発作を起こす、春に悪化することが多いとのこと。

そこで年齢や体質を考え、<麦味参>や<双料参茸丸>をお使いいただきました。
その後1ヶ月程で、発作も起こらず、随分楽になったようでした。
ところが、その後漢方薬が切れて、当店に来る時間が無く1週間経過したころ、
再び発作が起きたようです。

お越しになった時に『調子良かったので油断したが、やっぱりしばらく続けないといけませんね』と
おっしゃっていました。
喘息には漢方薬がとても効を奏するケースがたくさんあります。

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

年中胃腸のトラブル

58歳のTさんは1年の内、300日は胃腸のトラブルでお悩みでした。
十二指腸潰瘍や胃潰瘍を患ったこともあり、胸焼けや胃もたれが頻繁に起こるため、
病院から処方された薬を服用していましたが、
なかなか改善が見られないため当店に来店されました。

お腹はゆるいようですが、食欲は旺盛、特に甘いものが好きで、
胃が痛くても食べてしまわれるようです。
飲酒はされないようですが、総コレステロールや中性脂肪が高く、
脂肪肝もあるみたいです。

この方の場合、御自身では元々胃腸が強くないとおっしゃられていましたが、
少なくとも”胃”は強かったのだと思われます。
無意識のうちにその強さを過信し、無理をかけたため、
様々な胃腸のトラブルに悩まされるようになったと推察されます。
本当に胃腸が弱い方は日頃から意識をしなくても無理をしないように振舞われるのが通常です。

体質及び症状から延年半夏湯などの漢方薬を服用して頂いたところ、
約2週間で症状は取れてきたようです。
数ヶ月経った現在は、肝臓のケアも含めて服用継続中です。

くれぐれも無理はなされないよう願うばかりです。

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

多汗症の漢方

この時期になると多汗症の相談が増えてきます。

漢方では特にどこに汗が多く発生するか、どのような状態のときに酷くなるかなどによって考えます。
例えば頭部、腋下、手のひらや足の裏、背中など様々です。

また、普段は大丈夫だが、緊張すると多くなる、食後に急に増えるなどもあります。
さらに、子供のときからの症状であったり、この2~3年で気になるようになったとか、色々なケースがあります。
もちろん体質によっても変わり、胃腸が弱くて消化器の水分代謝が悪い方や、逆に水分のバランスが悪くのぼせやほてりを生じる方もあり、それぞれに対応する漢方薬を用います。

いずれにしても、短期間での改善は難しく、時間をかけて体質改善することになります。
なお、手術された方で他の部位に発汗する代償性発汗はなお一層難しくなります。

いずれにしても対応する漢方薬はたくさんの種類がありますのでご相談ください。

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

耳鳴りの漢方

耳鳴りの音は様々ですが、漢方ではその音の質によっても判断の参考にします。

72歳の女性Tさん、3ヶ月前からボワーンという耳鳴りがしはじめ、耳鼻科で診てもらったのですが
歳のせいで薬はないと言われ、漢方相談に来られました。

詳しくお聞きすると、糖尿病があり服薬中、舌は黄膩苔で<脾胃湿熱>の状態でした。
また耳鳴りの音から推察するに<痰濁>が関連していると思われたので、<温胆湯>をお使いいただきました。

1ヵ月後に来られ、薬をのみ始めて10日ほどで耳鳴りが改善し、気にならなくなったとのこと。
その後は遠くで小さい音が残っていて、昼は気にならないが、夜静かなときだけ気になると言われました。
そこで、同じ薬を再度続けていただくことにしました。

この方の場合は、脾胃の運化、降濁機能失調によるものと考えられ、糖尿病と根源は同じく、
食生活にあると思われます。

このような、ブーンとかボーという耳鳴りは漢方がよく効く症状です。ご相談ください。

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆