更年期のめまい

めまいも漢方がよく効果をあらわす疾患です。対応する漢方薬もたくさんあり、その選択は重要です。

61歳のSさんは以前から、季節の変わり目や疲れたときにフワフワとしためまいを起こしていたのですが、今回は回転性めまいが起きたので相談にこられました。

少し水分過多の傾向があり、身体も疲れやすく、足が冷え、のぼせがあり、血流もよくない体質でした。
またストレスを受けやすいタイプでもありました。
病院では血管や脳ドッグの検査を受けられたのですが、異常無しでした。

そこで漢方薬は<冠元顆粒>と<加味逍遥散>を併用いただきました。それから1ヵ月後、めまいはなくなり、他の体調も良かったのでそのまま続けられています。

Sさんの場合は<痰濁>もあったのですが、のぼせや年齢のことを考えて<加味逍遥散>にしたのが良かったようです。元気になれば旅行にも行きたいと思うようになったと喜んでいただいています。

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info

漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

蓄膿症と中耳炎

子供の疾患で多く見られるのが、鼻炎、中耳炎、蓄膿、風邪など<耳鼻咽喉>に関係するものです。これらは体質や食生活習慣から来るもので、子供の間に何度も繰り返すケースがあります。
漢方ではこの体質を改善することで、発症しないよう出来るのです。

11歳のYさんは風邪を引きやすく、その度に鼻炎や蓄膿を繰り返していました。学校での健診では蓄膿があるから専門医に相談するように言われたのですが、漢方を使ってみようと相談に来られました。
そして経過や体質をお伺いし、<荊芥連翹湯>を使ってみることにしました。

その後再び健診があったのですが、その時は蓄膿を指摘されず、本人も症状が無くなっていたので、しばらく漢方薬を継続していただくこととしました。

子供に多い鼻や耳など、<穴の病気>は体質改善薬が最も適していますので、ご相談ください。

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info

漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

夜尿症の漢方

夜尿症の漢方薬はいくつもあり、タイプがぴったり合うと早い時期に改善します。

昨年後半に相談に来られた8歳のH君は、暑がりで、汗かき、水をよく飲みトイレ回数も多いタイプで、<白虎加人参湯>を使ってもらいました。
その後すぐに夜尿の回数が減り、2ヶ月ほどで漢方薬を止められました。
そして今月、再び相談に来られ、学校の合宿が終わった途端に夜尿が始まったとの事でした。
多分、安心して水分の摂取が多くなり、以前のようになったのではと思われます。
そこで再度<白虎加人参湯>をお使いいただき、様子を見ることにしました。

この漢方薬は熱感をさまし、口渇を軽減することで水分摂取を抑える働きがありますので、多汗や夜尿の方によく使います。
他にも種類があり、的確な選択が重要です。

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

長年の不眠症

72歳の女性Kさんは20年来の不眠症で、9時過ぎに寝付くのですが夜中に2~3回起きて必ずトイレに行きたくなり、朝方4時に目覚めて、充分寝た感じがしないので、相談に来られました。

元々心配性で、不安感があり、夢をよくみる、疲れやすく、冷え症などがありました。
そこでまずは<心腎>の問題と考え、<天王補心丹>をお使いいただきました。
その後、夜間のトイレ回数は減ったのですが、不安感は無くならないので、さらに<酸棗仁湯>を併用いただきました。
結果、不安感も取れて来て、少しずつ睡眠も良くなってきたと報告をいただきました。

酸棗仁湯は養心安神作用があり、睡眠だけでなく不安感などにも使える漢方薬で、特に虚証の方や高齢の方にはお勧めです。
Kさんも継続されるとさらに改善するものと思われます。

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info

漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

 

水毒によるめまい

めまいのご相談もたくさんあります。

23歳のHさんは、3月中旬からフワフワとしはじめ、歩くと斜めに行ったり、時々吐き気がしたり、光がまぶしく感じるとか、唾が多いなど、漢方で言う<痰濁上憂>の状態でした。
舌をみると典型的な白苔で、水分摂取過多が明らかでした。

そこで漢方薬は<半夏白朮天麻湯>などをお使いいただきました。
2週間経過し、めまいは少なくなって吐き気もしなくなり、さらに2週間後にはめまいもなくなりました。

その後も服用されていたのですが、あるとき大きなペットボトルで水を飲んだ日は再びめまいがしたとのことでした。水分制限が必要なのですが、摂取が習慣になっている方は、なかなか減量できないようです。

1日2リットルという言葉がテレビで聞かれはじめてから、水分過多になるケースが多いように思われます。
体質に合わせた水分の摂取が必要ですね。

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は、主に頭皮や顔などの皮脂腺が発達している部分で、脂質に真菌が繁殖し炎症を起こすと言われます。

26歳の男性Sさんは鼻の横に赤い湿疹ができ、皮膚科で脂漏性湿疹と診断されました。そこで漢方薬がよく効くと聞いて相談に来られました。

Sさんは化膿しやすい体質で、子供の頃は蓄膿も患ったとのことで、体質も考え合わせ<荊芥連翹湯>をお使いいただきました。
2ヶ月間継続されてほとんど改善したのですが、心配なので体質改善も兼ねてさらに継続されています。

脂漏性皮膚炎の原因は、甘いものや脂質の摂りすぎなどの食生活、ストレスが多く交感神経が盛んな方、乾燥肌の方、などによく見られますが、体質に合った漢方薬でよく改善します。

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆