中医学普及貢献表彰

先の日曜日は中国大使館に行って来ました。
日頃取り扱う中国漢方薬(中成薬)の普及と中医学の普及に貢献したことで、中国大使館 商務処にて、呂公使から表彰を受けました。
当日は全国から10店舗の方と、日本中医薬研究会の役員、そして製造輸入元のイスクラ産業様の方々で、和やかに歓談し、今後の中国漢方の発展、多くの方に漢方薬が貢献することを誓い合いました。
日本の漢方薬原料の約85%が中国から輸入されていて、漢方業界にとっても中国は大切な隣国なのです。昨今の領土問題や、環境汚染などで将来への課題が山積していますが、民間レベルでも日中友好が更に進むことを期待しています。
なお、中国大使館の中国料理は格別に美味しかったですよ!
hyousyou.jpg

taishikan.jpg
resepu.jpg

2013030313150000.jpg
パンダの肉まん。さすが中国!

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

花粉症の始まり

先週末から花粉症の相談が出てきました。
例年この時期にだけ来られるお客様も、すっかり漢方のファンで、いつも同じ漢方薬を求めていかれます。
また、その他の相談の方も、花粉症の漢方薬も合わせて使われます。
現在のところ、鼻水が出るが、風邪か花粉症かわからないといわれて、<小青竜湯>を使う方や、目の痒みなどで健康食品の<心サージ>を使ってもらう方などですが、基本は<衛益顆粒>をお勧めしています。
症状と体質によって、様々な対応方法がありますので、ご相談ください。
eikikaryu.jpg
◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆

切迫性の頻尿

30歳のSさんは、半年前から頻尿傾向になり、少しずつ悪化してきました。
昼間に急に我慢が出来なくなり、排尿後は残尿感が残ります。
また膀胱周辺の圧迫感や、下腹部の緊張感などもありました。
そこで、まずは尿をスッキリ排出し、下腹部の<湿熱>をとるために<猪苓湯>などの漢方薬をお使いいただきましたが、全く効果はありません。
そこで再考し、この症状は<腎気>が衰えていることに関連すると考え、<牛車腎気丸>などに変更しました。
そして2か月経過し、症状は随分改善したのですが、まだ残尿感は完治せず、また尿がにごる状態があったので<五淋散>を併用いただきました。
その後はすっかり良くなり、お薬も1日1回だけで維持できるようになりました。
頻尿の原因も様々で、冷えによる女性の頻尿、更年期に多い切迫性の頻尿、前立腺肥大によるもの、高齢者の夜間頻尿、そして前述の<腎気不足>によるものなどがあります。
それぞれに適する漢方薬は異なります、ご相談ください。
ts1_syoujyo16.jpg
◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆