肛門周囲膿瘍

肛門周囲膿瘍は肛門部の感染症で、直腸と肛門の境の歯状線に下痢などによって便が入り込み、便のなかの大腸菌が肛門腺に感染を引き起こす疾患です。その結果、膿が肛門周囲に広がって肛門周囲膿瘍となります
肛門周囲膿瘍になって膿がたまると、腫れて激しい痛みや、酷い時は高熱を発することもあります。

40歳のNさんは昨年この疾患を患い、切開して膿を出しました。しかし再び腫れて来たので相談に来られました。
詳しくお聞きすると、冷え症で、以前から下痢と便秘を繰り返す、化膿しやすい、口内炎が出来やすいなど、特徴的なことがいくつもありました。

そこで漢方薬は冷え症を改善し、血流を良くする、化膿体質を改善し、胃腸の機能を整えて、便通を整えることなどを目的に、<婦宝当帰膠> <香砂六君子湯> <五涼華>などをお使いいただきました。

2週間余り使われた後に状況をお聞きすると、下痢や便秘はせず、肛門部の痛みも消え、口内炎も出来なかったと、短期間での改善を喜んでいただきました。
このまましばらくの間続けていただき、体質改善ができると、もう切開することは必要ないと思われます。

早い効果でとてもうれしい報告でした。

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

顔の痒み

28歳のTさん、2ヶ月ほど前から甘いものを朝から摂るようになり、顔に痒みが出始めました。病院でもらったステロイドなどの軟膏も効果なく、相談に来られました。

鼻や眉毛の付近などが痒く、特に夜に気になるとの事でした。元々乾燥肌や脂漏性皮膚炎の体質でもあり、まずは<温清飲>など清熱・補血の漢方薬をお使いいただきました。

その後2週間で痒みは少しましになりましたが、食事をすると痒みが増える、特に甘いものを食べると痒くなるとの事でした。また食後に腹痛や下痢をするときもあるようでしたので、今回は<温清飲>に加え<健脾散>を併用していただきました。
根本原因は胃腸機能にあるようですが、まずは痒みを抑え、その後胃腸機能を改善することで、根本的に発症しないよう考えています。少しずつ改善し、安心していただいています。

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

精索静脈瘤の疑い

40歳の男性、10月頃より会陰部に違和感を感じ、睾丸が時々痛み始めたので病院で検査を受けられました。
その結果、診断は精索静脈瘤。睾丸上部の静脈で血流障害が生じ、精索が圧迫されているようでした。
そのため睾丸に痛みを生じているようでした。
結婚を間近に控えられていてこのままでは結婚にも影響するというので、相談に来られました。

体質は、肩こりや後頭部のつまる感じと頭痛があり、血流の悪い体質で、冷え症もあったので、<血府逐お丸>や<八味丸>をお使いいただきました。
1ヵ月後来店された時は、痛みも違和感も全くなくなり、調子が良くなったとの報告でしたが、静脈瘤はそんなに短期間では改善しないので、漢方薬はそのままお続けいただいています。

血流不良は様々な部位に支障を来たしますので、日頃から気をつける必要がありますね。

◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇

健康増進・男性の悩み・皮膚病などあらゆる漢方ジャンルをスタッフ陣で幅広くサポート。
漢方薬のことなら是非当店へおまかせください!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
コチラ→http://www.kanpou.info
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇