「脳血管障害の症状と漢方薬」

脳血管障害には、脳出血と脳梗塞が代表的な疾患です。脳出血は出血部位によって症状が異なります。脳梗塞は脳の血管が詰ったり、細くなって脳血液循環障害がおこり、脳の組織が壊死に陥る状態です。死亡率は下がっていますが、罹患率は増加しています。

漢方では、急性期の治療でなく、慢性期の症状改善と、再発予防が中心になります。
これらの漢方薬は、気のめぐり、血のめぐり、水のめぐりを良くし、血流を改善し、血液サラサラ状態を維持することが主な作用です。

血液がネバネバした状態(お血)

イスクラ冠元顆粒脳梗塞で昏睡状態が続く小渕前首相。入院時のニュースでは、数時間前まで穏やかにテレビに映っていた宰相が、突然病臥に伏したという、衝撃と同時に脳卒中などの循環器疾患の恐ろしさを見せつけられました。このことはどこの家庭でも起こりうることであります。倒れてからでは遅すぎで、予防の大切さを考える良い機会となりました。

突然襲うかのように見る脳卒中ですが、必ず前兆があります。検診でコレステロール値や中性脂肪、動脈硬化指標が高いと指摘されても自覚症状が無いだけに「まだ大丈夫」と漠然と過ごしがちでありますが、これも危険信号です。

人間の血管は約10万㎞、地球の2周半の長さで、毛細血管はその2/3を占めています。40歳を越えると毛細血管は詰まり始め、高血圧、狭心症、梗塞、痴呆症の原因となります。

漢方では血管の詰まる原因を「お血」と考えます。お血とは血液がねばねばして流れにくい状態で、この粘った血液をサラサラにする代表的な生薬に「丹参(タンジン)」があります。中国で長い間研究され、ラット実験では血管中に血栓形成抑制作用には西洋薬以上といいます。 これを使った画期的な製品に「冠元顆粒」があります。西洋医学で用いられるメバロチンやバファリンは予防的には使われませんが、漢方は予防も治療にも使われるのが特徴です。

最近発行された「脳と心臓の血管は丹参で蘇る」という本は時代を反映してかベストセラー入りをしています。ぜひご一読を薦めます。

紅花

山形県の尾花沢地方で栽培されているベニバナは民間薬として有名ですが、漢方では活血、通経、止痛などの効能があり、月経異常や腹部のしこり、打撲傷、脳血管障害などに用います。

お茶としては、婦人の血の道症や更年期、冷え症に用いられています。変わった使い方では、血の流れの悪い方が使われてダイエット効果がありました。1年で4Kg減量できました。

※その他にもたくさんのケーススタディがありますので、ブログ内で検索してみてください。

ご相談はこちらから

一般のご相談ご来店予約