「頭痛の症状と漢方薬」

頭痛頭痛は非常に多くの人にあり、緊張性頭痛、片頭痛、群発頭痛などがよく知られています。病気に伴う頭痛と、他の病気に関連しない頭痛があります。西洋医学では、頭痛薬もたくさんの種類があり、即効性がありますが、鎮痛薬の常用は頭痛の慢性化を招く場合もあります。

漢方では、外的要因で生じるものと、体質などの内的要因から生じるタイプに分けて考えます。
また、頭痛が発症したきっかけや、体質を捉えること、頭痛がする部位などを知ることで、よく改善します。

特に、子供の頭痛は、漢方薬が短期で効果を現します。

その他の漢方処方例

釣藤散 竜胆瀉肝湯 柴胡桂枝湯 抑肝散 呉茱萸湯 など多種

※体質により漢方薬は異なりますので、ご相談ください。

長引く困った咳と痰

錠剤葛根湯誰もが経験する頭痛。軽い痛みから激しい痛みまで様々ですが、いずれも辛さと不安がよぎります。 しばらく経過を見てよいものか、緊急を要するものか、判断が難しいものです。
頭痛には、くも膜下出血や脳血管障害で早期の外科的処置を必要とするものと、検査を受けても異常がないのにいつまでも続く慢性頭痛とがあります。 よく見られる慢性頭痛には緊張性頭痛と片頭痛があります。緊張性頭痛は筋肉の緊張や血管の収縮によるもので、後頭部やこめかみなどが重く痛み、頭が鉄の輪で締め付けられるような症状があります。このような時は首筋や肩の緊張をほぐすと良いです。漢方では葛根湯や釣藤散を用います。

片頭痛は頭の片側、特にこめかみのあたりがズキンズキンと痛み、吐き気を伴ったり、目の前に光がちらつくなどの症状があります。これは、側頭部の動脈が異常に拡張して起こるもので、このような時は、血管を収縮させる方法をとります。漢方では、血管運動に対して弛緩と収縮の両方の作用があります。川きゅう茶調散が有名です。

以前、頭にお釜をかぶったような重い痛みが数日続いたことがありました。そこで竜胆瀉肝湯という薬を飲むと1日も経たないうちに頭痛は取れ、我ながら漢方の効き目に驚いたことがあります。

民間薬ではイチョウ葉が使われますが、出血性の頭痛には悪化する要因となります。
健康食品も使い方に注意が必要です。

※その他にもたくさんのケーススタディがありますので、ブログ内で検索してみてください。

ご相談はこちらから

一般のご相談ご来店予約