「乾燥肌の症状と漢方薬」

乾燥肌乾燥肌は、皮脂分泌量低下や角質細胞間の脂質減少などにより 皮膚の水分含有量が低下している状態です。 乾燥肌の原因としては、内分泌系トラブル、先天性の皮膚疾患、後天性のリンパ腫などが挙げられますが、その他にも、季節性によるもの、間違った洗顔やスキンケアによるもの、日常の食生活や習慣、加齢、過労などによるものが考えられます。

保湿液や保湿クリームなど、「外」からのスキンケアだけでなく、 体の「内」からのケアも日頃より心掛けていただくことがとても大切になります。 漢方ではその方の症状や、肌質・体質タイプに併せて処方を考えます。

カサカサタイプ 肌が白い粉をふく・洗顔後の肌のツッパリ・しわ・フケ・貧血気味・加齢・易疲労 婦宝当帰膠、四物湯、八仙丸、六味丸、当帰芍薬散
痒みが強いタイプ 痒みで目が覚める・皮膚を掻き壊す・ストレスが強い 婦宝当帰膠、当帰飲子、田七人参
赤みタイプ ひび割れ・皮膚掻痒後の炎症・便秘気味・暴飲暴食 六味丸、温清飲、涼解楽

※乾燥肌や敏感肌用スキンケアとしては、【瑞花露シリーズ】【リスブラン化粧品】などをおすすめ致します。

乾燥を潤す漢方薬

紅葉が始まり、空気が乾燥してくると、肌荒れやひび割れ、皮膚の痒み、乾燥感などのトラブルが発生します。アトピー性皮膚炎の慢性 期の方は皮膚がザラザラしたり、厚くなったり、赤く熱を帯びてきます。また、空咳や鼻の乾燥が増えるのもこの時期です。漢方でこれらを『燥症』といいます。

A子さんは成人アトピーで来店されました。梅雨時期は湿度が高いため、肌も湿気を得て潤っていましたが、秋になり空気が乾燥してくると皮膚がカサカ サになり指先がひび割れし、とても辛そうです。血熱(血液中にこもる熱)を去り、乾燥を潤す漢方薬「温清飲」を服用すると、肌にツヤが出てきれいになりま した。

B男さんは全身が痒く、『老人性皮膚掻痒症』と診断され来店されました。皮膚には落屑(白い粉状)があります。これは末梢の血液不足により皮膚への 栄養補給が充分でないため、乾燥して痒くなるのです。血液を増やし、皮膚を潤す「当帰飲子」がよく使われますが、ひどい場合は「紫雲膏」などの外用薬を併 用すると良いです。

また、若い女性や主婦にも乾燥肌が多く見られます。食生活や空調など生活環境も影響していますが、こんな方には婦宝当帰膠を用いてしっとりとした肌を取り戻すことができます。

漢方ではこれらの根本原因は腎虚証(身体のエネルギー不足)にあると考えます。生まれつき弱い人や老人、慢性病の人がなりやすいです。この腎虚を改善する薬を「八仙丸」と言い、中国では不老長寿の薬として珍重されてきました。漢方で若返るのも夢ではありません。

イスクラ八仙丸漢方ではこれらの根本原因は腎虚証(身体のエネルギー不足)にあると考えます。生まれつき弱い人や老人、慢性病の人がなりやすいです。この腎虚を改善する薬を「八仙丸」と言い、中国では不老長寿の薬として珍重されてきました。漢方で若返るのも夢ではありません。

女性の乾燥肌

冬になるとお肌の乾燥で悩む女性は多いようです。

漢方では乾燥に対する改善方法がいくつかありますが、主に「当帰」を含むものです。

当店で人気の<婦宝当帰膠>や<四物湯:商品名シモラ>などは女性にピッタシですし、また高齢者のかゆみを伴う乾燥には<当帰飲子>を用います。しかし他の薬を飲んでいる方は、これ以上薬は飲みたくないと言われますので、入浴剤をお勧めします。

57歳女性Nさん、以前から浮腫や便秘、更年期のトラブルでいろいろな漢方薬を服用されてきました。この冬はお肌がピリピリするので、薬以外で改善できないかとの相談でした。そこで<絹のしずく風呂>というセリシン(潤い成分)とハトムギオイル(エモリエント成分)が配合された浴剤をお使いいただきました。

シモラS3日後に来店され、『とても気持ちよく、臭くもないし、肌のピリピリも取れました』とのご報告。早い効果のあることに驚き、学ばせていただきました。

※その他にもたくさんのケーススタディがありますので、ブログ内で検索してみてください。