牛黄(ごおう)の効能

牛黄は何に効くか 


牛黄牛黄は古くより珍重されてきた薬物であり、現代では『日本薬局方』という医薬品の公定書に収載され『滋養強壮薬、強心薬、小児用薬、風邪薬や胃腸薬』など、様々な医薬品に使用されています。それでは現在の用法の元になった古くの文献には一体どのようなことが記されていたのでしょうか。牛黄に関する最も古い記載は『新農本草経(しんのうほんぞうきょう)』にあります。そこには次のように記されています。

「驚癇寒熱(きょうかんかんねつ)、熱盛狂痙(ねつせいきょうけい)。邪を除き、鬼を逐ふ」

ごおうこれは主として、「急に何者かに驚いて卒倒して人事不省(じんじふせい:意識不明・昏睡状態になること)になってしまった者や、高熱が続き、痙攣を起こしたり、そのために異常をきたしたりした者の治療に使用し、また人に悪い影響をあたえる邪氣をとり除き、死人の祟りの鬼気を逐い払う」といった内容となります。

即ち、邪や鬼といったもので現される病気を駆逐したり、病気にかからないようにするといったように治療のみならず既に予防医学的にも使われてきたことを意味します。

また、中国の梁の時代(5〜6世紀)の陶弘景(とうこうけい)の記した『神農本草経集注(しんのうほんぞうきょうしつちゅう)』には、漢の時代の『名医別録』の引用として「小児に百病、諸癇熱で口の開かぬもの、大人の狂癲(きょうてん:気が狂うこと)を療ず。久しく服すれば身を軽くし、天年を増し、人をして忘れざらしめる」と記されています。つまり、「子供の病気ならどんなものでも、また、高熱を発して歯をくいしばって口を開かなくなってしまう者や、大人なら精神錯乱を治し、長期にわたって服用すれば新陳代謝を盛んにし、寿命をのばし、物忘れしなくなる」ということです。

ところでこの『名医別録』にも記載されていますとおり、牛黄の面白い作用に「人をして忘れざらしめる」というのがあります。これは宋の時代(10世紀)に大明(たいめい)が著した『日華子諸家本草(にっかししょかほんぞう)』という書物にも同様に『健忘』として挙げられており、いわゆるボケの予防または治療に用いられてきたと考えられます。

現代の中国では、牛黄を芳香開竅薬(ほうこうかいきょうやく:気を開ける薬)というカテゴリに分類し、脳卒中や脳梗塞などの脳血管障害による意識障害に牛黄を用いているところを鑑みますと、古い書物の臨床適応に十分納得がいきます。牛黄の薬理作用のひとつに末梢の赤血球数を著しく増加させるといった報告がありますが、これなどもボケなどの脳血管障害には有効に働くものと考えられます。

牛黄にはこの他、時代が下っていくに従い様々な臨床適応が付け加えられ、今日ますます重要な薬になってきています。中国ではその何物にも替え難い薬効を、なんとか患者に利用しようと、人口牛黄まで作って臨床に応用しています。
※救心製薬株式会社発行「生薬 牛黄のはなし」より抜粋

 当店取り扱い、松浦漢方の牛黄添付文書、内容紹介


「マツウラの牛黄純末3g」は豪州産にこだわって製品化しました。
高価な原料だけに偽物や品質の劣悪ものが出回りやすく、良質の原料を集める経験と安定したルートが必要であり、採集、選別、菌処理、製品試験等細心の注意を払い製品化してありますので、品質・効果ともご満足いただけます。

【用途】
・動悸、息切れに。
・各種疾患による発熱、意識障害、うわごと、煩躁、痙攣発作に。
・黄疸などの肝疾患に

【薬理】
・心臓の働きを強める。(強心作用・抗不整脈作用)
・熱を下げ、ウィルス感染を防ぐ。(解熱作用・抗ウィルス作用)
・精神を落ち着かせ、痙攣を鎮める。(鎮静作用・平滑筋収縮抑制作用)
・肝臓を保護する。(利痰作用・抗酸化作用)

【安全性】
重篤な副作用の報告はありません。
ただし、妊婦や体力がなく冷えると下痢をするような人の(脾胃、虚寒)に対しての投与・服用は禁忌です。

品名 牛黄純末
用量 3g
効能・効果 解熱・鎮痙・強心
成分及び分量 本品一日量(200mg)中、有効成分日局ゴオウ200mg
用法及び用量 成人(15歳以上)1回100mg 1日2回朝夕に服用する。


 牛黄の効能と薬理作用(生体に対する薬の作用) 


【牛黄の効能】

牛黄中医学で言うところの効能は、
・開竅豁痰、熄風定驚、清熱解毒で、
・意識障害、・高熱、・煩燥、・痙攣、・化膿、・炎症
などに用いると記載されています。


【 牛黄の薬理作用】

『第十五改正日本薬局方解説書』では、血圧降下作用、解熱作用、低酸素性脳障害保護作用、鎮痛作用、鎮静作用、強心作用、利胆作用、鎮痙作用、抗炎症作用、抗血管内凝固作用などが挙げられており、動悸による不安感の鎮静、暑気当たりに対する苦味清涼、のどの痛みの緩解に粉末にしたものを頓服する、また、主として配合剤の原料とするとの記載があります。

【生薬学の権威の故・難波恒雄先生の文献から】

牛黄には、赤血球新生促進作用、中枢神経鎮痙作用、鎮静作用があり、また解熱、強心作用および血管収縮、血圧上昇作用が報告されている。一方、逆に血圧降下作用も報告されている。(中略)また牛黄には利尿作用および膵液分泌作用はないが、胆汁分泌促進作用が認められる。

※和漢薬百科図鑑U 難波恒雄著 保育社発行 272ページより抜粋
※救心製薬株式会社「生薬のはなし」より抜粋












不妊の原因は何だろう? 不妊に効く漢方「漢方でママになる!」

特集:>海外研修報告

古村滋子先生のラジオ漢方談義:デイリー漢方

セミナー講師歴







| 漢方 | 不妊サプリ | 取扱商品リスト | ご注文方法 | 会社概要 | プライバシー | 特定法表記 | Q&A | E-mail:info@kanpou.info  ▲Pagetop
京都駅前・四条烏丸・宇治 : 漢方の健伸堂薬局 : 漢方相談。アトピー、不妊症の漢方周期療法に実績多数。c2005- KANPOU.INFO