長引く咳/のぼせ/幼少からの口内炎 2012/02/06号

こんにちは。
漢方の健伸堂薬局Webマスターの古村学です。
寒さ厳しい日が続き各地の災害が心配されます。
インフルエンザも流行っていて、しばらくは注意が必要ですね。
また、春になると早速始まるのが<花粉症>。
今年は過去10年の平均に比べ、全国的には約70%程度の飛散数になるとか。
花粉症に使う漢方薬はたくさんあり、症状に応じて対応します。
なお店頭では、花粉症の方にお勧めの漢方<衛益顆粒>のサンプルを差し上げています。
●花粉症
●衛益顆粒
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京都だより
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京都では2月の初旬にあちこちで節分祭が行われました。
吉田神社や廬山寺、壬生寺がよく知られています。
今年は私もちょっと尋ねて、厄除け鬼払いをしました。
<吉田神社>では室町時代より続く<追儺式>が行われました。
<壬生寺>では、厄除け鬼払いの壬生狂言「節分」が上演されました。
粉雪が混じる寒風の中、屋外の舞台と簡易イスの観覧席での見物で身も凍る思いでしたが、鬼の狂言はとてもユニークでした。
撮影禁止でお見せできないのが残念です。
<廬山寺>では少し大きな赤鬼、青鬼、黒鬼の「鬼おどり」が行われました。
節分は季節を分ける時を意味し年に4回あるのですが、現代は冬と春の分かれを節分としています。
ですので「節分」は季節の分かれ目で、もう立春です。
●壬生寺の福豆
http://www.kanpou-ichizen.com/images/2012/02/03/mibu.jpg
●廬山寺の赤鬼
http://www.kanpou-ichizen.com/images/2012/02/03/akaoni2.jpg
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今月の漢方トピックス
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・『長引く咳』・・・・・・・・・・・・・・・・・・
風邪の症状は酷くなかったのに、その後の咳が長引いてなかなか治らないという方が来られています。
60歳のTさんも、病院で薬をもらってはいるもののなかなか咳が治らず、相談にお越しいただきました。
夜間になると酷く咳きこむ、痰は少ないが、喉にへばりつくような感じがするとのこと。
そこで<麻杏甘石湯>と<平喘顆粒>をお使いいただきました。
そして3日後には咳は少なくなり楽になったとのことでした。
冬の咳にはよく<麦門冬湯>や<養陰清肺湯>など、乾燥を改善し、咽や気管支を潤す漢方薬を使いますが、今年の咳はこれらを使うタイプの方が少ないように思われます。
疾患や漢方にも流行りがあるようですね。
●マキョーS(麻杏甘石湯)
●平喘顆粒
●バックモンS(麦門冬湯)
・『のぼせ』・・・・・・・・・・・・・・・・・
54歳のYさんは半年ほど前からのぼせでお困りのようです。
同時期に閉経されており、のぼせのほか口渇があり、顔面は糸くずが付いたように過敏で、唇周辺の荒れやかゆみもあるようです。
空咳もよくされるようです。冷えはほとんど感じません。
舌を見ると紅く、舌苔はほとんどありませんでした。
この方の場合、確かにからだに”熱”があり、のぼせという症状が出ていますが、乾燥症状もあり、からだを冷やすもの・潤すものとしての”陰”が不足しているようでした。
“陰”が不足すると、のぼせなどあたかも”熱”があるかのような症状が出ますが、実際に”熱”があるわけではありません。
冷やすものがないために、相対的に熱があるように見えるのです。
そこで、からだの”熱”を冷ます漢方薬とからだの”陰”を増やす漢方薬を服用して頂きました。
約2週間後に来店された時にお聞きすると、のぼせはましになり、咳も治まり、唇周辺の荒れもましになったようです。
舌を見ると、若干紅さがましになり、舌苔も少し出てきました。
閉経の前後はホルモンのバランスが崩れ、それに伴う諸症状が色々と出てきます。
人それぞれ出方は違いますが、症状や体質に合わせて早めに対応することで辛い更年期障害を乗り切ることができますので、からだの異常を感じた時はお早めにご相談下さい。
・『幼少からの口内炎』・・・・・・・・・・・・・・・・・
38歳のMさんは、幼少からの口内炎で悩まれていました。
口の中にあちらこちらとたくさんできるようで、1年に3分の2は口内炎がある、とのこと。
外食や過食後にはすぐできるようです。
食欲はあるようですが、水分をたくさん摂るとお腹がぽちゃぽちゃと音が鳴るようです。
便通は悪い方ではないですが、よく肛門が腫れるようです。風邪もよく引くようです。
この方の口内炎は、胃腸と免疫機能の低下が起因しているようでしたので、胃熱を取る漢方薬と胃腸機能を高める漢方薬(オウゲイン・リックーン)を服用して頂いたところ、服用4日目ぐらいから口内炎の症状は取れたようです。
その後も継続服用して頂きましたが、肛門の腫れはまだあるようでしたので、血流をよくする漢方薬(オツジン)を併用して頂いたところ、それもしばらくの服用で治まったようです。
長年悩んできた口内炎が良くなり、大変喜ばれていました。
●オウゲインV
●オツジンS180錠
------------------------
ブログ「漢方で1日1善」では、
以上のような漢方コラムを、できるだけ毎日、
掲載するようにしています。どうぞお楽しみに!
------------------------
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1月の売れ筋ランキング(※店頭販売分)
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6位 イサゴールプラス https://www.kanpou.info/product/HJ0132.html
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ記事ピックアップ:
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回メルマガ配信以降にアップされたページをご紹介します。
———————————————————————-
「漢方で1日1善」
———————————————————————-
●幼少からの口内炎(1月20日)
●風邪の季節(1月20日)
●のぼせ(1月21日)
●しもやけ(1月23日)
●長引く咳(1月25日)
●センキュウで松を元気に!!(1月31日)
●咽のつまりと漢方(2月1日)
●京都の節分祭(2月3日)
———————————————————————-
「集まれ!ぷれぷれママ・漢方で不妊克服」
———————————————————————-
●たくさんの笑顔に感謝(1月7日)
●やっと会えました…うれしい対面!(1月10日)
●新年早々うれしい報告続々!(1月11日)
●転院して得た愛おしい我が子…明るいママの顔に安堵(1月12日)
●ちょっとしたニュースです!(1月13日)
●習慣性流産を乗り越え…かわいい男の子の笑顔に癒されて(1月14日)
●FSH↑プロラクチン↑AMH5.4↓…漢方薬でうれしい妊娠~出産幸せな日々!(1月18日)
●見ない間に素敵なママに…漢方の周期調節法を頑張りました(1月23日)
●不妊治療を進めながら来春からは大学院生に…感嘆!コウノトリが舞い降りました!(1月26日)
●「子宮&卵巣セラピー」いろいろありますが、しっかり吟味して。(1月28日)
●新幹線に乗っての御相談、早く漢方薬で結果を出してあげたい!(1月30日)
●IVFの培養液が心配で…ステップダウンの贈り物(漢方薬で待望の妊娠)(2月2日)
———————————————————————-
「スタッフブログ」http://kenshindo.blog100.fc2.com/
———————————————————————-
●節分(2月1日)
★★★お気軽にご相談ください。★★★
○詳しい相談票