多汗/中途覚醒 2011/09/02号

こんにちは!
漢方の健伸堂薬局のWebマスター・古村学です。
朝夕涼しくなり、いつまでも寝ていたいこの頃です。
9月は少し静かに歴史を感じるのもいい月です。
9日は<重陽の節句>、菊花を愛で、菊花を食してみてください。
12日は<十五夜>、月を鑑賞する慣習は中国から伝わり、平安時代から観月の宴などが行われてきました。
<中秋の名月>で月見酒や月見団子をお楽しみください。
23日は秋分、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、西方に沈む太陽を敬い極楽浄土に思いをはせたのが「彼岸」です。
ちょっとゆったりとした秋の始まりは、夏ばての季節でもあります。
ご相談ください。
●重陽の節句
●彼岸花
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京都だより
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日、京滋奈中医薬研究会の行事で伊吹山の植物観察に行ってきました。
伊吹山は滋賀県と岐阜県の県境にある植物が豊かな山で、特に<伊吹もぐさ>はよく知られています。
当日は快晴で、伊吹山からの景色は最高!
これだけ下界が美しく見えるのは1か月の間に2~3日しかないとか。
高い山で気温は少し低いのですが、日光が強く暑さ厳しい日でした。
今は夏の植物がたくさんの花を咲かせています。
<伊吹山もりびとの会>のエコツアーガイドの西澤さんの案内で、植物名とその特徴、云われなどを教えていただきました。
お花ガイドブックを見ながらですが、たくさんの花を楽しめた観察会でした。
●花ガイドブック
●猪独活(シシウド)
●伊吹山
●琵琶湖を望む
●京滋奈中医薬研究会
●もりびとの会リンク
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今月の漢方トピックス
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・『幼少からの多汗』・・・・・・・・・・・・・・・・・・
https://www.kanpou.info/blog/ichizen/2011/08/post-1013.html
24歳のYさんは、幼少の頃から多汗に悩まされているようです。
顔、脇、手のひら、そして足の裏までよく汗をかくようです。
夏場は特にひどいようですが、湿気の多いときや緊張時によくかくとのことです。
寝汗もかくようです。
手足はほてることが多く、汗をかいた後は逆に冷えを感じるようです。
手の指や足が夜間むくんでいることも多いようです。
食欲はありますが、水分もよく摂るため、お腹がちゃぽちゃぽと音を立てることがあるようです。
お腹を下すことはあまりなく、どちらかと言えば便秘がちのようです。
多汗の原因は人それぞれであり、対応の仕方も異なります。
しかし、汗をかくこと自体は生理現象であり、体は必要に応じて汗をかきます。
ただ、必要以上に汗をかくことは煩わしいことであり、また、汗をかくことで体の「水」や「気」を失い、そのことが様々な疾病の引き金にもなり得えますので、きちんと対応しておく必要があります。
この方の場合、「肝鬱」「脾虚水滞」「陰虚」の状態があったため、「防已黄耆湯」「加味逍遥散」「桂枝加竜骨牡蛎湯」などを一ヶ月ほど服用して頂きました。
寝汗や便通はよくなったものの、汗の状態はあまり変化が見られなく、疲れやすいとのことでしたので、今度は衛益顆粒と麦味参顆粒を併用して頂きました。
すると顔の汗はまだかきますが、手のひらの汗がなくなり、さらっとするようになったようです。また、指や足のむくみが取れました。
「衛益顆粒」の主薬である「黄耆」は体の表面上の気である”衛気”を強め、汗の出を調節します。
「麦味参顆粒」は「人参」「麦門冬」「五味子」の三つの生薬からなり、「人参」で体の元気をつけ、「麦門冬」で失った水分を補い、「五味子」の収斂作用で汗の出を調節します。
●ボーキット180錠(防已黄耆湯)
●加味逍遥散(かみしょうようさん)
●イスクラ衛益顆粒(いすくらえいえきかりゅう)
●イスクラ麦味参顆粒(いすくらばくみさんかりゅう)
・『中途覚醒』・・・・・・・・・・・・・・・・・
56歳のSさんは半年間、中途覚醒が続いていました。
寝付きはよいのですが、二時間で目が覚めてしまい、その後は眠りが浅いようです。
イライラしがちな性格で肩こりがあり、緑内障があります。
舌をみると暗っぽい紅舌で、苔は少ない状態でした。
「肝鬱化火」「陰虚火旺」の状態であると判断し、「加味逍遥散」と「酸棗仁湯」を併用して頂きました。
これでしっかり眠れるようになったようですが、朝起きた時にスッキリ感がないということで来店されました。
元々イライラしがちな性格ではありましたが、ストレスを強く感じておられるようでした。
前回までは舌の苔が少ない状態でしたが、今回見ると胖大で白い苔があり、ふるえが見えました。
そこで、今度はストレスの影響を考慮し、今回は「酸棗仁湯」と「シベリア人参茶」を服用していただきました。
すると二週間ほどの服用で朝の目覚めが大分よくなったようです。
ストレス要因の改善は難しいようで、その後も継続して服用して頂いております。
「シベリア人参」は別名エレウテロコック、エゾウコギなどといい、広く知られた朝鮮人参よりも優れたアダプトゲン作用(環境適応源)があり、様々なストレス、例えば酸素欠乏、厳しく激しい寒冷、日常生活におけるストレス、疲労、放射線などに対する
生体の適応能力を高めます。
また、安神作用もあり気持ちを落ち着かせることもできます。
●加味逍遥散(かみしょうようさん)
●イスクラ酸棗仁湯顆粒(いすくらさんそうにんとう・酸棗仁湯)
●シベリア人参茶(しべりあにんじんちゃ)
------------------------
ブログ「漢方で1日1善」では、
以上のような漢方コラムを、できるだけ毎日、
掲載するようにしています。どうぞお楽しみに!
------------------------
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8月の売れ筋ランキング(※店頭販売分)
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8位 イサゴールプラス https://www.kanpou.info/product/HJ0132.html
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ記事ピックアップ:
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回メルマガ配信以降にアップされたページをご紹介します。
———————————————————————-
「漢方で1日1善」
———————————————————————-
●目の痛み(8月5日)
●伊吹山で植物観察(8月11日)
●中途覚醒(続報)(8月19日)
●原因不明の発熱・嘔吐(8月24日)
●幼少からの多汗(8月26日)
https://www.kanpou.info/blog/ichizen/2011/08/post-1013.html
●夏風邪(8月29日)
———————————————————————-
「集まれ!ぷれぷれママ・漢方で不妊克服」
———————————————————————-
●「エコチル調査」の依頼を受けて(8月5日)
●「iPS細胞から精子出産」京大マウスで成功(8月6日)
●「なかなか卵胞が育たない」漢方薬を服用して1年3ヶ月、念願の妊娠に感動!(8月8日)
●PCOS、漢方薬を服用して念願の自宅出産(8月12日)
●産休に入りました…出産前の不安と期待(8月13日)
●「抗リン脂質抗体」3人目もやっぱり漢方薬で(8月18日)
●期待が大きすぎて周りの大事なものが見えないことも(8月22日)
●PCOSで待っていた排卵、願いを込め書いた高温期維持ライン(8月25日)
https://www.kanpou.info/blog/pre2mama/2011/08/pcos-6.html
●多嚢胞卵巣症候群<PCOS>を漢方薬で克服妊娠~出産の症例発表 No.1(8月29日)
●多嚢胞卵巣症候群<PCOS>を漢方薬で克服妊娠~出産の症例発表 No.2(8月30日)
———————————————————————-
———————————————————————-
———————————————————————-
「スタッフブログ」http://kenshindo.blog100.fc2.com/
———————————————————————-
●ヘチマ(8月11日)
●ゴールドラッシュ(8月22日)
●イカ釣り(8月30日)
★★★お気軽にご相談ください。★★★
○詳しい相談票

倦怠感と漢方/不眠/膀胱炎 2011/08/05

こんにちは!
毎日暑い日が続きます。
節電のためクーラーを控えることで、6月から<熱中症>が話題になりましたが、まだまだ気をつけてください。
京都では祇園祭も終わり、
8月16日には京の風物詩<五山の送り火>が行われます。
それが終わると夏の終わり、そして<夏バテ>が始まります。
倦怠感・食欲不振・下痢・頭痛・発熱・めまいなど、様々な症状を訴えて来られます。
原因は、睡眠不足・食事の偏り・蛋白質不足・冷たいものの摂り過ぎ・・・などです。
今からでもぜひ気をつけて、元気にお過ごしください。
この時期の当店のお勧めは、エネルギーを補う<麦味参顆粒>と、胃腸を元気にする<晶三仙>です。
是非お試しください。
●祇園祭
●五山送り火
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今月の漢方トピックス
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・『繰り返す膀胱炎』・・・・・・・・・・・・・・・・・・
61歳の女性Mさんは、昨年後半から現在まで3回膀胱炎を発症しました。
毎回泌尿器科で抗生物質をもらい治ってはいるのですが、繰り返さないようにと漢方を求めて来られました。
症状は一般的で、血尿や残尿感があり、お腹や足首が冷え、上部はのぼせがあるとの事でした。
そこで漢方薬は、膀胱炎の改善に<五淋散>をお使いいただき、症状がなくなったら<当帰芍薬散>をお使いいただくことにしました。
2週間後再度お越しいただき、漢方薬を服用するとすぐに良くなりましたが、やっぱり心配なので、しばらく<五淋散>を続けたいとのことでした。
女性の膀胱炎のご相談はよくあり、ほとんどが短期間で改善するため漢方薬を続けられることが少ないですが、本来は膀胱炎にならないよう漢方薬で体質改善することが必要なのです。
●ゴリンサンS(五淋散)
●トウシャン180錠(当帰芍薬散)
・『倦怠感と漢方』・・・・・・・・・・・・・・・・・
Nさんは3年前に事故をしてから不調になり、冷え、肩こり、貧血、胃痛、強い倦怠感、に加え、気分も落ち込みがちでした。
特に夏場は身体がだるく、寝転んでいたい気分で、仕事にも行けない状態でした。
そこでまずは気血双補と考え、<婦宝当帰膠>、<六君子湯>などを使っていただきましたがあまり改善しませんでした。
再度お話をお聞きしたところ、毎日お酒を飲む、胃がムカムカし、食欲も低下気味とのことで、肝臓の働きも影響を受けていると考え、<田七人参>と<補中益気湯>に変えて、お使いいただきました。
そして1か月後、「寝転ぶことなく仕事が続けられた!」と報告をいただきました。
Nさんは、事故の影響もあったのでしょうが、それよりアルコールにより肝臓の負担が慢性的で、その結果倦怠感が強かったのではないかと思われました。
倦怠感は精神的な原因や、仕事、睡眠不足などたくさんの原因がありますので、生活状態を詳しくお聞きしての対応が必要です。
●イスクラ婦宝当帰膠
●田七人参茶(でんしちにんじんちゃ)
●補中益気丸(ほちゅうえっきがん)
・『10年来の不眠』・・・・・・・・・・・・・・・・・
https://www.kanpou.info/blog/ichizen/2011/07/10-1.html
40歳のHさんは、10年前ぐらいから寝付きが悪く、夢をよく見、途中で目が覚めたら再び眠るのが難しい状況でした。
Hさんはイライラしがちな性格で、睡眠前は熱っぽく、体を冷やしてから眠ることも多いようです。
また、夜中に二度ほどお手洗いに行かれるようで、そのことも眠りを妨げているようでした。
体の上半身は熱を持ち、下半身は冷えるという「上熱下寒」、「心腎不交」の状態であると捉え、天王補心丹、加味帰脾湯、加味逍遥散、瀉火補腎丸などの漢方薬を状況に合わせて使用して頂きました。
二ヶ月ほどの服用で、精神的に落ち着き、寝付きもよくなり、夢をみる回数も減ってきました。
中医学には「心腎相交」という言葉があり、心腎の陰陽バランスを整え、心血を養うことが快適な睡眠の条件となっています。
●イスクラ天王補心丹(いすくらてんのうほしんたん)
●加味逍遥散(かみしょうようさん)
●瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)
------------------------
ブログ「漢方で1日1善」では、
以上のような漢方コラムを、できるだけ毎日、
掲載するようにしています。どうぞお楽しみに!
------------------------
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7月の売れ筋ランキング(※店頭販売分)
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ記事ピックアップ:
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回メルマガ配信以降にアップされたページをご紹介します。
———————————————————————-
「漢方で1日1善」
———————————————————————-
●10年来の不眠(7月5日)
https://www.kanpou.info/blog/ichizen/2011/07/10-1.html
●血流と耳鳴り(7月7日)
●多忙による疲れ(7月8日)
●指のふるえ(7月11日)
●熱中症の予防に麦味参(7月13日)
●帯状疱疹後の疼痛(7月14日)
●亀ゼリーのスイーツを試食(7月15日)
●中途覚醒(7月21日)
●しゃっくりの漢方(7月23日)
●倦怠感と漢方(7月25日)
●朝の不安感(7月26日)
●赤ら顔と漢方(7月27日)
●繰り返す膀胱炎(7月29日)
●陰部掻痒症も漢方で改善(8月2日)
———————————————————————-
「集まれ!ぷれぷれママ・漢方で不妊克服」
———————————————————————-
●夜泣きの対策に漢方薬と鍼(7月5日)
●高プロラクチン血証と漢方薬(7月6日)
●子宮内膜症に漢方薬で…念願の妊婦さん!(7月9日)
●卵巣癌を乗り越えて感動の妊娠~出産(7月11日)
●「早発閉経[卵巣早衰]」漢方薬に最後の望みを託して(7月13日)
●チョコレートのう腫の手術で卵巣機能低下…でも漢方薬で妊娠、間もなく出産です。(7月14日)
●妊娠後期の浮腫-むくみと漢方(7月15日)
●ママは高齢だけど生まれて幸せ…漢方に感謝(7月20日)
●パパママ仲良くしてください…赤ちゃんからのメッセージ(7月22日)
●流産の喪失感を乗り越えて…うれしい初対面(7月25日)
●漢方薬で体調を整え元気な赤ちゃんを出産(7月27日)
●夏の北海道(8月1日)
●「良い卵が取れなくて…」漢方薬を服用して1年4ヶ月。念願かなって妊娠!(8月3日)
●子宮内膜症、PCOSで10年授からなかったのに漢方薬服用1ヶ月で妊娠。(8月4日)
———————————————————————-
———————————————————————-
———————————————————————-
「スタッフブログ」http://kenshindo.blog100.fc2.com/
———————————————————————-
●店の庭にたわわに実った「ヤマモモ」(7月7日)
●夏の味覚(7月29日)
●咲きました(7月30日)
★★★お気軽にご相談ください。★★★
○詳しい相談票