春のうつ/難治性にきび 2010/04/04号

こんにちは!
京都・宇治【漢方の健伸堂薬局】と四条烏丸【漢方の市兵衛薬局】のウエブマスター古村学(こむら・まなぶ)です。
4月に入ってすっかり暖かくなり、桜の花も一挙に満開となりました。
今月は転勤や進学、新年度など、生活や仕事の環境変化もあり、ストレスの多くなる時期ですね。
気候の変化も重なって、自律神経が乱れ精神的に不安定になります。
最初からとばして頑張りすぎる傾向になりがちですが、新しい環境に適応するために悲鳴を上げている体の調子を感じ取りながら、無理をせずしっかりと睡眠をとり、気分の転換を図ってください。
詳しくは、今回のメルマガの「漢方トピックス」で取り上げていますので、ぜひよくお読みください。
ちょうどこのメルマガの原稿を書いている前日、巨人の木村拓也コーチが試合前にくも膜下出血で昏倒され、とても他人事でない気がしています。
おそらくコーチ就任という新天地で頑張ろう!という気持ちと、単身赴任生活での御苦労、さらにここのところの激しい気候の変化などいろいろ体に変調をきたす原因が重なったのでしょう。
なお、私は渓流釣りや海釣りなどで自然に親しむように努めています。
また様々な症状に対応できる漢方薬がありますが、特にこの時期<シベリア人参茶>や<救心感応丸気>などがお勧めです。
●シベリア人参茶
●救心感應丸氣
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京都だより
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
漢方の健伸堂薬局がある京都府宇治市小倉の近くには、藤原頼通が建立した世界遺産「平等院」があります。
社会や歴史の教科書には必ず紹介されていますし、皆さまお手持ちの10円玉の裏にも「鳳凰堂」の図が載っていますね。
宇治川沿いのこの界隈は、桜や紅葉の季節に大勢の観光客が押し寄せる一大観光スポットです。
桜の今頃は、宇治川を行き交う花見船で風情いっぱいの桜見物ができます。近くには宇治茶もたしなめるお店もあります。
来年は、ぜひ宇治に遊びにお越しください。
もちろん、当店にもどうぞ・・・!
●宇治川の桜と花見船
●Yahoo!お花見特集2010
http://sakura.yahoo.co.jp/kyoto/02.html
●宇治川ライン散策ツアー
http://www.doco-ico.net/kyoto/sightseeing/course/uji/index.html
●世界遺産平等院
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今月の漢方トピックス
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・『春のうつ症状』・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出会いと別れの季節、新天地への不安・緊張・・・。
5月に起こりやすい「五月病」を待たずして、3月と4月も過度の心理変化による体調不良には十分気を付けたいところです。
予防としては、「栄養」と「睡眠」を十分にとり、適度な「運動」を心がけることが必要です。
「はい、はい、わかっています」という声が聞こえてきそうですが、実は皆さんが思っている以上に大切なことです。
環境の変化に対応させるためには自分の免疫力をベストの状態にしておくことが必要ですし、「栄養」と「休息」がそれに当たります。
また、うつ病に代表されるさまざまな精神疾患には、脳内血流が関係しています。つまり、「運動」により血流の悪化を防ぐのです。
さて、漢方でも情志(感情)の崩れから身体の不調へと発展する病気について、昔から研究されています。
一つは肝の疏泄(そせつ)機能の不調を考えます。その肝の機能とは、「気」の流れを調節する機能であり、精神、内臓の働きをのびやかにする機能をつかさどっているのです。
また、肝の「血」不足は、肝の疏泄(そせつ)機能を抑制し、気分の落ち込み、イライラを起こすのです。
また、その逆も然り、長期的には情志(感情)の乱れが肝の「血」を著しく減少させることもあります。
漢方では、この肝の疏泄(そせつ)機能を高める処方として、「柴胡疏肝散」、「半夏厚朴湯」、「香蘇散」などがあります。
長期的に抑うつ状態であったり、精神症状が長期化していたりする場合やその予防としては、肝の「血」を補います。
これには「甘麦大棗湯」「四物湯」「婦宝当帰膠」などがあります。
さらに長期的なものでは、漢方でいうところの機能失調が「肝」から「腎」へ移っていると考えるため、「腎」機能を補う必要があります。
そしてこの薬を「補腎薬(ほじんやく)」と言い、「参馬補腎丸」「海馬補腎丸」「八味地黄丸」「双料補血丸」などがあります。
ちなみに、漢方では腎は「脳」をつかさどるとされています。
●半夏厚朴湯
●四物湯
●婦宝当帰膠
●参馬補腎丸
●海馬補腎丸
●八味地黄丸
●双料補血丸
・『にきび・吹き出物』・・・・・・・・・・・・・・・・・
病名:尋常性ざ瘡(通称にきび)は、巷では思春期の一時的な皮膚疾患として認識されているのではないでしょうか。
実際、家庭向けの医学書(健康本)には、ほとんどの人が十代・思春期を過ぎれば自然に改善するというようなニュアンスで書かれているものもあります。
その「ほとんどの人」に含まれない人の難治性のにきびは大変です。
特に女性の方に多いのですが、にきびを放置すると、外見が悪くなるため自分に自信の持てない方が多く、明るい印象が少ないと思います。
難治性のにきびは、体質的なものが非常に強いので完治することが難しいケースもありますが、必ず改善します。
そこでまず、皮膚科や薬局などに出向いて治療を開始してください。
ただし、効果のほどを確かめながらです。
改善の見られないまま漠然と一軒の皮膚科や薬局に通ったり、一つのお薬や健康食品を使い続けたりするのはお勧めしません。
にきびでは、病院治療が功を奏する場合と、漢方治療が功を奏する場合と、両方があります。その他もあるかも知れません。
大切なのはあきらめないで自分でなんでも調べることです。
1~3カ月指示通り薬を使ってみて、自分の満足度まで改善しているかで判断してみるのがよいでしょう。
------------------------
ブログ「漢方で1日1善」では、
以上のような漢方コラムを、できるだけ毎日、
掲載するようにしています。どうぞお楽しみに!
------------------------
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3月の売れ筋ランキング(※店頭販売分)
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3位 シベリア人参茶 https://www.kanpou.info/product/K50061.html
6位 瑞花露クリーム https://www.kanpou.info/product/K50261.html
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ記事ピックアップ:
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回メルマガ配信以降にアップされたページをご紹介します。
———————————————————————-
「漢方で1日1善」
———————————————————————-
●にきび・吹き出物1(3月10日)
●にきび・吹き出物2(3月12日)
https://www.kanpou.info/blog/ichizen/2010/03/2-2.html
●春のうつ症状1(3月17日)
●春のうつ症状2(3月19日)
●「チャレンジ25」にチャレンジャー登録しました!(3月26日)
●赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK2010年版(4月2日)
———————————————————————-
「集まれ!ぷれぷれママ・漢方で不妊克服」
———————————————————————-
●嬉しいメールに感動!(3月8日)
●無月経を克服して妊娠~嬉しい入籍の知らせ!(3月10日)
●月経不順・PMSを治して結婚、即妊娠!(3月12日)
●無月経&アトピーを改善して嬉しい妊娠(3月16日)
●季節性と妊娠(3月19日)
●基礎体温表がきれいに整っているのに何故?(3月24日)
●漢方の原典に触れる楽しい一時(3月31日)
https://www.kanpou.info/blog/pre2mama/2010/03/post-592.html
●多発性筋腫の手術を終え高齢で妊娠(4月2日)
———————————————————————-
———————————————————————-
●社内勉強会3月28日(3月31日)
———————————————————————-
「スタッフブログ」http://kenshindo.blog100.fc2.com/
———————————————————————-
★★★お気軽にご相談ください。★★★
○詳しい相談票