セミナー満員御礼/お薬が配送できなくなる? 2008/09/30号

オンラインショップ【漢方の健伸堂薬局】のウエブマスターを兼ねる
古村学(こむら・まなぶ)です。
ギョウザ、事故米に続き、粉ミルクと、危険な食品が次々と明らかに!
企業は利益追求の集団といえども、ここまでか・・・と思わざるを得ません。
汚染されたのは食品だけでなく、その汚染源は
  ≪人間の心≫
なのです。悲しいかぎりです・・・。
当店の漢方薬や生薬の安全性についても細心の注意を払い、
メーカーからの情報も入手していますが、このサイトも参考にご覧ください。
https://www.kanpou.info/info/china.html
さて、前回のメルマガでお知らせしました、
不妊症克服セミナー『妊娠力を育む』には
たくさんのお申し込みをいただき、ありがとうございました。
https://www.kanpou.info/info/event_20081018.html
当初の定員を大幅に超え270名となりましたため、
すでに締め切らせていただきました。
会場は超満席になりそうですが、
ゆったりと聞いていただけますよう準備しています。
今回のテーマに対する関心の高さは予想以上で
応募者の多くが40歳台となっています。
またご夫婦でのご参加がほとんど、というのも特徴的です。
今回も意義あるセミナーになりますよう、
鋭意準備を進めておりますので、ご期待ください。
■■本日のもくじ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ コラム『緊急!お薬が配送できなくなる?』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省によって、医薬品販売制度の改革が進められており、
来年4月には改正「薬事法」が施行されようとしています。
その内の医薬品の販売方法に関して
『郵便その他の方法による医薬品の販売等』において
『第三類医薬品以外の医薬品を販売し、又は授与しないこと。』
となっています。
これは、ビタミン剤など一部の医薬品以外は、
郵便や宅配便で送ってはいけない、という意味です。
この省令案は、従来から電話相談やメール相談で購入いただけていた
風邪薬や、胃腸薬、漢方薬などの大半の医薬品が
今後一切配送購入が出来なくなることを意味しています。
特に問題なのは、地方にお住まいで近隣に薬局がない方や、
不妊症などで専門的な組み合わせ処方を受けておられる方です。
これらの方にとって、通信による販売は絶対に必要な購入方法なのですが、
それが出来なくなるという、生活者の実態が無視されている状況です。
インターネットによりどのような医薬品でも購入できることは
健康被害などの問題もあり、それに対する規制としては理解できますが、
電話相談などは昔から行っている常態的な方法で、
喜ばれている方法なのに、一律禁止されるということになります。
厚労省では「薬事法施行規則等の一部を改正する省令案」に関して、
一般の方からの意見募集が行われています。
賛否両論があるかとは思いますが
ぜひ意見を厚生労働省にメール・FAX送信してください。
私ども販売者からの意見は意味が無く、
むしろ購買者側(お客様)の意見が大切なのです。
詳しくは厚生労働省の「意見の募集詳細」をご覧ください
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=495080137&OBJCD=&GROUP=
漢方薬の話を楽しみにしていただいていた皆様
今回は申し訳ございませんが次回をお楽しみに。
下記にて、いつでもご相談をお待ちしております!
○3つの相談票がございます! ご来店でのご相談方法も
https://www.kanpou.info/query/
******************************************************************
さて、
今号はこれでおしまいですが、
他にも、ブログ内できっとお役に立つことがみつかると思います。
↓ ↓ ↓ ↓
★メールマガジンと店長日記のバックナンバーはこちらにあります:
http://kanpou.cocolog-nifty.com/kanpou/
★ブログ記事ピックアップ:
前回メルマガ配信以降にアップされたページをご紹介します。
———————————————————————-
「漢方で1日1善」http://www.kanpou-ichizen.com/
———————————————————————-
●繰り返す腰痛
http://www.kanpou-ichizen.com/2008/09/post-a36d.html(9月12日)
●蕁麻疹が短期に改善
http://www.kanpou-ichizen.com/2008/09/post-edb5.html(9月17日)
●自律神経失調の漢方
http://www.kanpou-ichizen.com/2008/09/post-cd72.html(9月18日)
●偏頭痛のご相談
http://www.kanpou-ichizen.com/2008/09/post-6ff6.html(9月19日)
●なんとなく倦怠感
http://www.kanpou-ichizen.com/2008/09/post-dc80.html(9月25日)
●胃が重い
http://www.kanpou-ichizen.com/2008/09/post-0a2b.html(9月27日)
●副鼻腔炎で息苦しい
http://www.kanpou-ichizen.com/2008/09/post-ad4b.html(9月29日)
———————————————————————-
「集まれ!ぷれぷれママ・漢方で不妊克服」http://www.tsudo-pre2mama.com/
———————————————————————-
●男性不妊・ICSIを蹴って妊娠
http://www.tsudo-pre2mama.com/2008/08/icsi_1707.html(8月26日)
———————————————————————-
「スタッフブログ」http://kenshindo.blog100.fc2.com/
———————————————————————-
———————————————————————-
「笑顔の泉」http://kanpou.cocolog-nifty.com/egao/  旧ブログ倉庫
———————————————————————-

不妊症克服セミナー/認知症と漢方 2008/09/13号

オンラインショップ【漢方の健伸堂薬局】のウエブマスターを兼ねる
古村学(こむら・まなぶ)です。
晴れていると思えば突然の雨、ゲリラ豪雨とはよく言ったもの。
このところ不安定な気候が続き、体調まで不安定な方が出ています。
まもなく台風の季節ですが、これもいやですね。
相撲界も、冷凍食品業界も、ガソリン業界も、すでに台風が通り過ぎましたが、
「次はどんな台風?」が起きるのか心配です。
私たちに出来ることは、どんなときにも耐えられる
『ウルトラマン』のような身体作り(^^;)
です。
その手始めは<山歩き?>と<コンクレバン>です。
私は実践しています。
コンクレバン
https://www.kanpou.info/product/N02925.html
40年の実績を誇る安心の薬で、単なるドリンク剤や滋養強壮剤でなく、
<肝臓加水分解物>が肝臓に働き、身体のエネルギーを蓄え、余力を増やします。
まるでエネルギー『充電器』のようなもの!
店頭では皆様に試飲していただいています。
遠方の方には【オンラインでお送り】できたらいいのですが!!
京都観光の折はお立ち寄りください。
≪ うまい! もう1杯プレゼントキャンペーン実施中! ≫
■■ご案内■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ 『不妊症克服セミナーを開催します』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年大変好評でした
『東洋医学と西洋医学の特徴を生かした不妊治療』
のセミナーを今年も開催します。
詳しくはこちら。
https://www.kanpou.info/info/event_20081018.html
日程は10月18日(土)です。
京都の三大祭の最終を飾る『時代祭』は10月22日(水)ですので、
時間のある方は連泊で秋の京都をお楽しみください。
その夜は鞍馬山で『鞍馬の火祭』があります。
セミナーの次の日・19日は上賀茂神社の笠懸神事もあります。
http://www.kamigamojinja.jp/news/2007/kasa_2007.html
さて、今回のセミナーは<高齢妊娠>をテーマにしていますが、
妊娠しやすい母体作りという点では、高齢妊娠だけでなく、
全ての年代の方の参考になると思います。
昨年当店に来られた方の最高妊娠年齢は47歳で、その後48歳で出産されました。
また、現在ご来店の中には51歳の方が3人、49歳の方が3人おられます。
そして不妊専門クリニックと連携し、少しでも早く≪喜びの扉≫が開かれるよう、共に頑張っています。
今回のセミナーでも何が「妊娠力」のポイントとなるか皆さま方にご理解していただけることと思います。
ぜひご参加ください!
■■本日のもくじ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ コラム『認知症と漢方』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日のNHK番組「ためしてガッテン」で「アルツハイマー病制圧3原則」という放映がありました。
このことはブログにも書きましたが、
http://www.kanpou-ichizen.com/2008/09/post-d5bb.html
もう少し詳しく書いておきます。
まず、認知症の定義は、
『脳や身体の疾患を原因として、記憶・判断力などの障害がおこり、普通の社会生活がおくれなくなった状態』
とされています。ですので単なる物忘れとは異なります。
65歳以上の高齢認知症患者は200万人を超えるとされ、社会的な問題でもあります。
認知症は大別して、「アルツハイマー型」と「血管性痴呆症」に分けられます。
☆<アルツハイマー型痴呆症>は、
 →脳神経細胞の変性により脳が萎縮するために起こります。
☆<脳血管性痴呆症>は
 →血流が悪くなり脳神経細胞に酸素や栄養が充分届かなくなるため、
と言われています。
漢方では認知症のタイプを分けることはせず、基本的な考え方は
・脳の老化を防ぐ<補腎>
・脳血流を増やす<活血>
です。
いずれも昔から行われている考え方です。
テレビ番組では<抑肝散>だけが強調されていましたが
その他にもいくつかあり<体質>と<症状>で考えます。

☆興奮しやすく、イライラが多いとか暴力的な方に
抑肝散
https://www.kanpou.info/product/KH8068.html

☆貧血傾向で、幻覚や独り言が多く、無表情な方に
帰脾湯
https://www.kanpou.info/product/K08574.html

☆痩せ気味、貧血傾向などの虚弱な方に
当帰芍薬散
https://www.kanpou.info/product/KH9806.html

☆気欝気味、目が充血、肩背が凝る方に
釣藤散
https://www.kanpou.info/product/KH0066.html

☆高脂血症や小太り、睡眠が良くない方に
温胆湯
https://www.kanpou.info/product/K11941.html

以上は、日本東洋医学会などで症例発表がよく行われています
これらで改善しない方には、脳を明晰にする<牛黄>がオススメ!
霊黄参
https://www.kanpou.info/product/KY4854.html
<牛黄>と<朝鮮人参>の組み合わせが脳を活性化します。

その他何でもお気軽にご相談ください。
○詳しい相談票
https://www.kanpou.info/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=query3_1
******************************************************************
さて、
今号はこれでおしまいですが、
他にも、ブログ内できっとお役に立つことがみつかると思います。
↓ ↓ ↓ ↓
★メールマガジンと店長日記のバックナンバーはこちらにあります:
http://kanpou.cocolog-nifty.com/kanpou/
★ブログ記事ピックアップ:
前回メルマガ配信以降にアップされたページをご紹介します。
———————————————————————-
「漢方で1日1善」http://www.kanpou-ichizen.com/
———————————————————————-
●のぼせによる顔の痒み
http://www.kanpou-ichizen.com/2008/09/post-9694.html(9月2日)
●抑肝散の話
http://www.kanpou-ichizen.com/2008/09/post-d5bb.html(9月5日)
●不整脈が改善
http://www.kanpou-ichizen.com/2008/09/post-d0f2.html(9月8日)
●色紙のことば
http://www.kanpou-ichizen.com/2008/09/post-68e0.html(9月9日)
———————————————————————-
「集まれ!ぷれぷれママ・漢方で不妊克服」http://www.tsudo-pre2mama.com/
———————————————————————-
●男性不妊・ICSIを蹴って妊娠
http://www.tsudo-pre2mama.com/2008/08/icsi_1707.html(8月26日)
———————————————————————-
「スタッフブログ」http://kenshindo.blog100.fc2.com/
———————————————————————-
———————————————————————-
「笑顔の泉」http://kanpou.cocolog-nifty.com/egao/  旧ブログ倉庫
———————————————————————-