健康寿命と平均寿命/PMSに漢方がおすすめ 2007/08/28号

オンラインショップ【漢方の健伸堂薬局】のウエブマスターを兼ねる
古村学(こむら・まなぶ)です。
「長生きしたい!」は万人共通の欲望!?
そして日本は、その最先端を行っています。
世界保健機関WHOの2006年版によれば、日本の平均寿命は
女性は86才、男性は79才という長寿世界一を維持しています。
一方、寿命の低い国はどこでしょうか?
アフリカにあるジンバブエが38才、シエラレオーネが34歳という、
驚異的な低さです。原因は内戦や貧困により若者の命が失われていくことや、
乳幼児の死亡率が高いためです。
政治的なことは別とし、所得の高い国ほど長寿傾向にあるようです。
しかし所得の高い人ほど長寿命、とは言えません。(汗;
でも単に寿命が伸びるだけでは仕方なく、
健康でいて初めて長寿を喜べるのです。
日本の健康寿命は75歳ですので、
平均寿命との差10年間は【不健康時代】ということになるのです。
そこで、健康でいるために日常生活での努力も大切ですが、
人類の知恵、予防の医学の<漢方>を活用することで
『PPK(ぴんぴんころり)』を目指してください!
  そしておすすめの長寿薬は
    ●八味丸 https://www.kanpou.info/product/UD2192.html
         
昔から高齢者の健康薬として
    ●清心丸 https://www.kanpou.info/product/NS3366.html
         
牛黄の力です
■■本日のもくじ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ コラム 『PMSには漢方がおすすめです!』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回は女性特有の症状ですので、
私・古村滋子が書くことになりました。
日常の相談の中で、月経前症候群はよく見られます。
通常はPMS(Premenstrual Syndrome)ともいわれ、
月経開始の10日ほど前から始まる様々な症状ですね。
原因は、ホルモンの変動や神経伝達物質の減少などと言われています。
症状が強い方やほとんどない方など様々ですが、
中医学では、その時期の症状によっていくつかのタイプ別に分け、
適応する漢方薬を決めます。
■肝鬱タイプ・・胸が張る、下腹部の膨満感、イライラ、頭痛、悪心がある
   ●加味逍遥散
    
https://www.kanpou.info/product/K11929.html
■陽虚タイプ・・手足が冷える、むくみやすい、眠くなる、軟便や頻尿になる
   ●参茸補血丸
    
https://www.kanpou.info/product/K11312.html
■陰虚タイプ・・皮膚が乾燥し、かゆみが出る、口中があれる、歯茎が痛む、
不眠
   ●瀉火補腎丸
    
https://www.kanpou.info/product/K15251.html
■お血タイプ・・・精神が不安定になる、けいれん、腹痛など
   ●桃核承気湯+温胆湯
    
https://www.kanpou.info/product/K19426.html
    
(桃核承気湯はサイト未掲載です)
このうち最も多いのが<肝鬱タイプ>です。
これらの症状に対し、漢方薬は即効性があり、
症状が発現する頃、
例えば月経開始の1週間前から服用し始めても一定の効果があります。
また月経後はタイプにあった漢方薬を継続することにより、
トラブルを改善していきます。
 《いつも楽しく!すごすために》 ご活用ください。
その他、女性のトラブルは何でもお気軽にご相談ください。
○詳しい相談票
https://www.kanpou.info/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=query2_1
******************************************************************
さて、
今号はこれでおしまいですが、
他にも、ブログ内できっとお役に立つことがみつかると思います。
↓ ↓ ↓ ↓
★メールマガジンと店長日記のバックナンバーはこちらにあります:
https://www.kanpou.info/iki2/
★ブログ記事ピックアップ:
前回メルマガ配信以降にアップされたページをご紹介します。
———————————————————————-
「漢方で1日1善」https://www.kanpou.info/ichizen/
———————————————————————-
●てんかんの症状?
https://www.kanpou.info/ichizen/07080007.html (8月15日)
●ダラダラ流れる汗
https://www.kanpou.info/ichizen/07080008.html (8月16日)
●五山の送り火
https://www.kanpou.info/ichizen/07080009.html (8月17日)
●プラタナス・グンバイ
https://www.kanpou.info/ichizen/07080010.html (8月18日)
●ストレスと湿疹
https://www.kanpou.info/ichizen/07080011.html (8月20日)
●季節と体調の関係
https://www.kanpou.info/ichizen/07080012.html (8月21日)
●子供の痙攣発作
https://www.kanpou.info/ichizen/07080013.html (8月25日)
●後頭部の痛み
https://www.kanpou.info/ichizen/07080014.html (8月27日)
———————————————————————-
「集まれ!ぷれぷれママ・漢方で不妊克服」https://www.kanpou.info/pre2mama/
———————————————————————-
●卒業?!
https://www.kanpou.info/pre2mama/07070012.html (7月30日)
●夏の味方!
https://www.kanpou.info/pre2mama/07080001.html (8月1日)
●欝と不安が
https://www.kanpou.info/pre2mama/07080002.html (8月3日)
———————————————————————-
「笑顔の泉」http://kanpou.cocolog-nifty.com/egao/
———————————————————————-
●輝く瞳
http://kanpou.cocolog-nifty.com/egao/2007/07/post_6913.html (7月12日)

五山送り火 / 夏の胃腸トラブルに 2007/08/14号

オンラインショップ【漢方の健伸堂薬局】のウエブマスターを兼ねる
古村学(こむら・まなぶ)です。
   毎日暑い日が続いていますが、お元気でしょうか?!
お盆休みで帰省中の方も多いと思います。
昨日13日は、お盆のお迎えの日でした。
お盆は元々仏教行事の「盂蘭盆会」(うらぼんえ)という、
祖先の霊を祀る行事が一般化し、民族的な行事になったようですが、
最近は夏休みとしての意味合いが強いようですね。
京都では社寺が多いので、あちこちで「万灯会」(まんとうえ)が行われ、
たくさんの提灯が下げられています。
私も世間並みに墓参に行きますが、
現在の自分があるのは祖先のおかげ、と感謝をすると、
なにか良い事が起こりそうです。
でも請求してはいけませんよ、裏目に出るかもしれません!
そして16日には霊が帰っていくための行事で、
京都の夜空を焦がす<五山の送り火>があります。
 詳しくは
   
●大文字五山保存会連合会
http://www.gozan-okuribi.com/
   
●京都市観光協会
http://www.kyokanko.or.jp/3dai/daimonji.html
最も有名な<大文字山>が美しく見えるのは賀茂川堤防ですが、
五山すべてが見える場所は年々少なくなり、
<大文字晩餐会>を毎年行っている某ホテルの屋上しかないようです。
ただし今年は16日の夜7:30から
NHKが生中継で五山のすべてを放映しますので、ぜひご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/070816.html
夏の疲れを癒す<西洋人参茶>を飲みながら!
   
●西洋人参茶
   
https://www.kanpou.info/product/K50031.html
今回は京都案内でした!

■■本日のもくじ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ コラム 『夏の胃腸トラブルには』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最近、子供の下痢や嘔吐の相談がよくあります。
夏休みに入って冷たいものを飲みすぎたり
胃腸型の風邪であったり、原因は様々ですが、
このようなときに常備しておくとよい漢方薬があります。
そこで、今回は<1家に1箱、持てば安心!>なものをご紹介します。
■元々胃腸が弱く、慢性的な下痢をしやすい方に
   ●星火健脾散
   
https://www.kanpou.info/product/K30028.html
   下痢止めだけでなく、
   
胃腸が弱い方の食欲不振、全身倦怠にもおすすめです。
   
さらに、幼児の下痢にも最適です。
■食あたりや水あたり、胃腸型の風邪に
   ●勝湿顆粒
   
https://www.kanpou.info/product/K00183.html
   冷たいものを飲みすぎて下痢や嘔吐をする方、
   
身体が湿で重い、頭が重いなどの症状の方に、
   
滞った余分な水分を処理して改善します。
■水分をとり過ぎてむくみや嘔吐する方
   ●五苓散(商品名:ゴレーン)
   
https://www.kanpou.info/product/KH3806.html
     
(エキス散剤もあります)
   慢性的に水分を取りすぎの子供さんや
   
口が渇きやすく、水分を取りすぎて浮腫み(むくみ)やすい方に。
   
子供の車酔い予防にも使えます。
■お腹がゴロゴロしたり、もたれて食欲不振の方に
   ●半夏瀉心湯(商品名:ハンシャン)
   
https://www.kanpou.info/product/KH6066.html
   おなかがもたれたり、食べていないのにおなかが張る
   
ゴロゴロ音がする方に。これでおなかスッキリです。
夏は水分をしっかりとる必要がありますが、
胃弱な方では水分が胃に残り、働きが悪くなります。
それを避けるためには
  ☆ 冷たいものを少なく、お茶は常温で
  ☆ 一度に多く飲むのでなく、少量の水分を、何度も摂る
これで負担は軽減されます。
その他、夏のトラブルは何でもお気軽にご相談ください。
○詳しい相談票
https://www.kanpou.info/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=query2_1
******************************************************************
さて、
今号はこれでおしまいですが、
他にも、ブログ内できっとお役に立つことがみつかると思います。
↓ ↓ ↓ ↓
★メールマガジンと店長日記のバックナンバーはこちらにあります:
https://www.kanpou.info/iki2/
★ブログ記事ピックアップ:
前回メルマガ配信以降にアップされたページをご紹介します。
———————————————————————-
「漢方で1日1善」https://www.kanpou.info/ichizen/
———————————————————————-
●様々な病名を調べる方法
https://www.kanpou.info/ichizen/07080001.html (8月3日)
●食品添加物
https://www.kanpou.info/ichizen/07080002.html (8月6日)
●食品添加物2
https://www.kanpou.info/ichizen/07080003.html (8月7日)
●暑いと発症するめまい
https://www.kanpou.info/ichizen/07080004.html (8月8日)
●減少する野菜の栄養
https://www.kanpou.info/ichizen/07080005.html (8月10日)
●花火が怖い!
https://www.kanpou.info/ichizen/07080006.html (8月11日)
———————————————————————-
「集まれ!ぷれぷれママ・漢方で不妊克服」https://www.kanpou.info/pre2mama/
———————————————————————-
●赤い豆の力
https://www.kanpou.info/pre2mama/07070008.html (7月20日)
●認めること
https://www.kanpou.info/pre2mama/07070009.html (7月23日)
●妊娠中の婦宝当帰膠
https://www.kanpou.info/pre2mama/07070010.html (7月25日)
●曼荼羅華
https://www.kanpou.info/pre2mama/07070011.html (7月27日)
———————————————————————-
「笑顔の泉」http://kanpou.cocolog-nifty.com/egao/
———————————————————————-
●輝く瞳
http://kanpou.cocolog-nifty.com/egao/2007/07/post_6913.html (7月12日)