認知症にならないために/こむらがえりが辛い 2005/10/25号

読者のみなさま、こんにちは!
オンラインショップ【漢方の健伸堂薬局】のウエブマスターを兼ねる
古村学(こむら・まなぶ)です。
最近、新聞やテレビなどでIT関連の会社がよく話題になります。
それだけ時代の変化が早く、
企業の盛衰も早くなっていることを感じます。
その一方で、<スロー・・・>という新しい言葉も流行し
よく聞かれますね。
でも、<スローライフ>は
単に「ゆっくりと過ごす」という意味でなく、
金銭的にも・時間的にも・余裕を持って
「人間が人間らしく生きる」という感じらしいです。
そして、<スローフード>とは
食の楽しみを、楽しみとして、
「身体に優しい食事を摂ろう」ということだそうです。
さらに、<スローヘルス>とは
「しなやかな健康法」ということらしいです。
しかし、特定商品に結び付けて使われていて
スローもすでに商品名になってしまったか、とがっかりします。
その他、
<スローワーク>
<スロースリープ>
<スロードリンク>
いずれも、
「自分のペースにあわせて」とか
「昔の生き方に回帰する」とか
「昔の良い商品を見直す」とか
の意味に使われています。
『なんでもスロー』がブームになってきましたが
あまりブームに踊らされることなく
過ごすのが本当の<スローライフ>です。
私も一言!
漢方こそ、本当の【スロードラッグ】ですね。
■■本日のもくじ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ コラム  『認知症にならないために』
○ ご相談  『こむらがえりが辛いです』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ コラム 『認知症にならないために』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ボケ」は、従来の医学的表現では「痴呆症」と言ってきましたが、
最近は「認知症」という呼び方に変わりましたね。
痴呆の原因は大別して、
・アルツハイマー型
・血管性痴呆症
に分けられます。
☆<アルツハイマー型痴呆症>は、
→脳神経細胞の変性により脳が萎縮するために起こります。
☆<脳血管性痴呆症>は
→血流が悪くなり脳神経細胞に酸素や栄養が充分届かなくなるため、
と言われています。
私も最近物忘れがひどくなってきましたが、
この物忘れは老化によるもの。
一部分を忘れはするが、
判断能力が正常な間は病気でない、と言われます(ホッとしました)。
漢方では、痴呆のタイプを分けることはしません。
基本は
・脳の老化を防ぐ<補腎>
・脳血流を増やす<活血>
です。
いずれも昔から使われていて、
漢方の方が西洋医学より先を進んでいるのではと思っています。
具体的な漢方薬は、その方の<体質>と<症状>で考えます。
■「話す言葉がつじつま合わない、どうもおかしい」と思ったら
 脳血流を良くし、脳を明晰にする<牛黄>がオススメ!
 <牛黄>と<朝鮮人参>の組み合わせが脳を活性化します。
 
  ○霊黄参
    https://www.kanpou.info/product/KY4854.html
■血流が悪い体質や、梗塞を起こした方、梗塞傾向がある方に
  脳血流だけでなく、全身の血流改善で予防する
  ○冠元顆粒
    https://www.kanpou.info/product/K10775.html
■すでに幻覚や妄想などがある方によく使われる
  ○抑肝散(商品名:ヨクカーン)
    https://www.kanpou.info/product/KH8068.html
■高脂血症や小太りタイプの方、
  少し前に東洋医学会でも症例が発表されていました。
  ○星火温胆湯
    https://www.kanpou.info/product/K19426.html
■足腰弱く、体力低下し、冷えるような方に
  よく使われる補腎剤です。
  ○八味丸
    https://www.kanpou.info/product/UD2192.html
■漢方薬はどうも・・と言う方には、健康食品の<シーアルパ>がおすすめ。
  主成分の<イチョウ葉><DHA>は脳血流の改善に良いとされ、
  <DHA>は神経伝達物質の働きを良くするのです。
  ○シーアルパ・100
    https://www.kanpou.info/product/NS3655.html
しかし薬だけでなく、
脳に刺激を与えて(外部からではありませんよ!)
脳を活性化する方法が大事です。
事例を紹介します。
1)知人のお母さん85歳
  骨折で入院されたのですが、生死にかかわることでないので
  付き添いはせず、看護は病院任せでした。
  しばらくすると言葉がでなくなりビックリ!
  慌てて娘さんが付き添って、始終話しかけることを努力され、
  言葉を取り戻されました。
2)83歳男性
  学校の教師を永年され、退職後もいろいろ仕事をされていたのですが、
  年齢の関係ですべて辞められました。
  そして子供さんと同居されていていました。
  朝食後自分の部屋に入ってうたたねし、その後出てきて、
  「朝ごはんはまだか?」と食事したことを忘れていたり、
  夕食後うたたねの後「おはよう」ということがしばしば。
  早速<霊黄参>を使い、1ヶ月でこのようなことがなくなりました。
確定診断は受けていなくても、
【体質に合った漢方薬】で改善する例はあります。
ご本人のためにも、早い対応が肝心です!
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ ご相談 『こむらがえりがよく起ります』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Q:
57歳女性 Kさんより:
─────────────────────────────
毎日朝方よく、
ふくらはぎあたりに「こむらがえり」が起こります。
ひどいときは声も出ないくらい辛いです。
どうしたらよいのでしょうか。
─────────────────────────────
A1:
こむら返りは筋肉の緊張状態により起こるのですが、
筋肉に充分栄養が行っていない(漢方では「滋養されていない」と言います)
ことが原因です。
そして、栄養が届かないのは、
・冷えで血流不良
・年齢とともに血流が悪くなる場合
・運動量が多くて補いきれない場合
・更年期などで起こる場合
もあります。
最もよく使われる漢方薬は<芍薬甘草湯>で、
即効性があり短期間は使えますが、浮腫を発症するケースがあり、
長期服用は控えたほうがよいでしょう。
過去に何例かトラブルをおこした方がおられました。
そこで、起こらないように体質改善するには
Kさんの場合は<四物湯>がおすすめです。
  ○四物湯(商品名:シモツS)
    https://www.kanpou.info/product/KH0068.html
<四物湯>が含まれている<婦宝当帰膠>でもかまいません。
  ○婦宝当帰膠
    https://www.kanpou.info/product/K13813.html
他にも、血流を改善する薬や、むくみを取る薬を使うケースがありますが
体質により判断が必要です。(漢方の基本です!)
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
さて、
今号はこれでおしまいです。
前回のメールマガジン発行後に
東京で「糖尿病の中医学専門講座」を受講してきました。
とても難しい内容だったのですが、
・怖い病気であること
・若い間から生活習慣に注意すること
が大切であることはわかりました。
ブログにわかりやすく書いていますので、
ぜひご覧下さい。
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_1d7a.html
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_3715.html
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_7de7.html
他にも、ブログ内できっとお役に立つことがみつかると思います。
↓  ↓  ↓  ↓
★メールマガジンと店長日記のバックナンバーはこちらにあります:
http://kanpou.cocolog-nifty.com/
★ブログ記事ピックアップ:
前回メルマガ配信以降にアップされたページをご紹介します。
———————————————————————-
「漢方で1日1善」http://www.kanpou-ichizen.com/
———————————————————————-
●糖尿病の中医学1          (10月17日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_1d7a.html
●糖尿病の中医学2          (10月18日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_3715.html
●糖尿病の中医学2          (10月19日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_7de7.html
●頻尿の悩み             (10月20日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_da2a.html
●前立腺肥大と頻尿          (10月21日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_1815.html
●脇の痛み              (10月22日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_c2fb.html
●ストレスと病            (10月24日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_6b5a.html
———————————————————————-
「集まれ!ぷれぷれママ・漢方で不妊克服」http://www.tsudo-pre2mama.com/
———————————————————————-
にきびと脾経のお灸         (10月15日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/10/post_e43a.html
麻疹・風疹の予防接種        (10月17日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/10/post_3cea.html
他国での保育園事情         (10月18日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/10/post_72b2.html
命を授かったお顔          (10月19日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/10/post_18b5.html
環境ホルモンの影響         (10月21日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/10/post_ee41.html
冠元顆粒の作用           (10月22日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/10/post_9896.html

糖尿病は合併症予防が肝心/不眠でお困りの方 2005/10/15号

読者のみなさま、こんにちは!
オンラインショップ【漢方の健伸堂薬局】のウエブマスターを兼ねる
古村学(こむら・まなぶ)です
朝夕はひんやりとしてきたものの、昼間は25度を越える日もあり、
着るものに困る京都の街です。
他の都市から転居されて来た方は揃って、
「夏の暑さ、冬の底冷えはいつになっても慣れない!」
とおっしゃいますが、
京都はイベントもたくさんあり、楽しんでおられます。
10月22日は<京の三大祭>の一つである【時代祭】です。
平安遷都1100年と平安神宮の創建を祝う行事で、
明治28年から行われています。
詳しくは・・・
  【平安神宮】 http://www.heianjingu.or.jp/03/0101.html
12時に御所を出発し、平安神宮まで行進する長~い行列で、
各時代の歴史的な衣装や風情がゆっくり見られます。
時間あれば、ぜひ京都におこしやす!
■■本日のもくじ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ コラム  『糖尿病は合併症予防が肝心』
○ ご相談  『不眠で困っています』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ コラム 『糖尿病は合併症予防が肝心』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
味覚の秋がすでに始まっています。
栗ごはん、松茸ごはん、柿、梨、さんま、いも、かぼちゃ・・・
もう、何を食べてもおいし~い!
という季節ですが、
会社の健診でまた、イエローカードが!
でも検査データがなく、
数値すら覚えてない・・・という方が多いのが【糖尿病】です。
また、一度来店されても
継続してお薬を続けられないのも【糖尿病】の方です。
それほど自覚症状が無く、危機感が無い病気?
なのでしょうか?
糖尿病というと、血糖値やHbA1cの値だけを気にされますが、
それ以上に、
合併症を招かないように対処することが肝心なのです!
では復習です。
糖尿病の3大合併症は・・・?
  ●網膜症 (失明の危険)
  ●腎症 (腎不全から透析に)
  ●神経障害 (麻痺、強い痛み)
そして、これらを経て死に至る、怖い病気なのです。
原因には
  ●遺伝
  ●食生活
  ●運動不足
  ●肥満
  ●ストレス
などがありますが、
特に【ストレス】と【食生活の変化】が患者数を一挙に引き上げ、
予備軍も含めると10人に1人が患者と言われます。
漢方では『血液の病気』ととらえ、
特に【去痰活血】=血液中の余分な脂肪をとり、
血の流れを良くする、ということをポイントとします。
これには何といっても『冠元顆粒』です。
  ●冠元顆粒
    https://www.kanpou.info/product/K10775.html
そして、身体の機能を元気に保ち、利尿作用のある補腎剤の
『牛車腎気丸』などを併用します。
  ●牛車腎気丸
    https://www.kanpou.info/product/K02753.html
    
    この中の地黄が血糖値を下げる働きもあり、
    最近西洋医学でも注目されています。
血液中の糖分を燃焼させる人参製剤も使います。
  ●麦味参顆粒
    https://www.kanpou.info/product/K13522.html
お茶では、『連戦草』『グアバ葉』『タラ木皮』などが
古くより使われてきました。
  ●連銭草
    https://www.kanpou.info/product/UD1104.html
最近、血糖値を下げる植物を複合化した食品『若蘇源』が人気です。
少し苦いですが・・・好評です。
  ●若蘇源
    https://www.kanpou.info/product/TK4901.html
NHKの番組「クローズアップ現代」で、
【笑い】によって血糖値が下がる実験をしていました。
笑うことによって特定遺伝子に影響し、代謝促進効果があるようです。
結局ストレスを溜めない事なのです!
そして過食をしないで、適度な運動をするだけでいいんです!
今から気をつけてくださいね。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ ご相談 『不眠で困っています』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
秋になって増えてきた『不眠』の相談をご紹介します。
Q1:
75歳女性 Yさんより:
─────────────────────────────
2年前に京都に転居してきました。
東京にいるときも不安神経症で服薬をしていましたが、
京都に来られてからは漢方薬だけを使っています。
最近不眠気味で、眠りも浅く、よく目が覚めます。
貴店からいただいた小冊子「チャイナビュー」に
『シベリア人参茶』が不眠に良いとのこと、
使ってみたいのですが?
─────────────────────────────
A1:
シベリア人参は、飲むとホッとするのが感じられるハーブティーです。
極度のストレスがかかったときに
身体が過敏に反応しない働きもあるようです。
不眠にも使えますので、寝る前に湯で溶いてお飲みください。
もし効き目が少ないようでしたら、一度に2包使っても構いません。
  ※その後この方がご来店になったので、よくお話をお聞きしましたら、
   飲むと気分がよくなり、とてもよく寝られたので、
   また続けたいとのことでした。
  ●シベリア人参茶
    https://www.kanpou.info/product/K50061.html
Q2:
20歳女性 Wさんより:
─────────────────────────────
大学生で東京に一人住まいです。
時々不安感があり、気分の変動もあるため、
『逍遥丸』などを使っていましたが、
最近不眠が気になります。
少しの物音で目が覚め、ドキッとすることがあります。
何がいいのでしょうか?
─────────────────────────────
A2:
不安な感じがして、驚きやすい方には
『感応丸気』が一番おすすめです。
成分の牛黄と麝香の働きは、安心作用と強心作用があり
不安感を感じる繊細な方にはピッタシです。
  ●感応丸気
    https://www.kanpou.info/product/KY4518.html
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
さて、
今号はこれでおしまいです。
メールマガジンやブログなど、
頻繁に書いていると時として重複することがありますが
ブログは文章量も少なく、幅広いテーマで、
浅くわかりやすく書いていますので、ぜひご覧下さい。
きっとお役に立つことがみつかると思います。
↓  ↓  ↓  ↓
★メールマガジンと店長日記のバックナンバーはこちらにあります:
http://kanpou.cocolog-nifty.com/
★ブログ記事ピックアップ:
前回メルマガ配信以降にアップされたページをご紹介します。
———————————————————————-
「漢方で1日1善」http://www.kanpou-ichizen.com/
———————————————————————-
●夜間頻尿                  (9月26日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_59c3.html
●子供もストレス病              (9月28日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/__048f.html
●子供の疲労                 (9月29日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_135f.html
●子供の睡眠時間               (10月1日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_ccb2.html
●「ガンを治す」の話を聞きました       (10月3日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_14d8.html
●子供の風邪                 (10月4日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_994b.html
●ヨクイニンは人気商品            (10月5日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_8288.html
●ゴボウシの効果               (10月6日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_6789.html
●海外で活躍する日本人            (10月8日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_7271.html
●田舎暮らし                 (10月9日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_7b4d.html
●黒滝ライブ・コミュニティ         (10月10日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_c476.html
●漢方の歴史小説を読んで          (10月11日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_bc25.html
●ダイエットの季節             (10月12日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_e068.html
●ダイエットの季節2            (10月13日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_2349.html
●冷えと頻尿                (10月14日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/10/post_ab07.html
———————————————————————-
「集まれ!ぷれぷれママ・漢方で不妊克服」http://www.tsudo-pre2mama.com/
———————————————————————-
離乳食のレストラン             (9月24日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/09/post_27c1.html
10年間の子宮内膜症治療を経て        (9月26日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/09/10_13b7.html
遠く離れていても              (9月27日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/09/post_99f6.html
第2回ひよこママの会            (9月28日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/09/2_684c.html
子宮筋腫の新治療法             (10月1日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/10/post_8b99.html
人工授精(AIH)、体外受精(IVF)をされる人へ (10月3日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/10/aihivf_76fb.html
体外受精(IVF)の結果             (10月4日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/10/ivf_898d.html
へその緒が繋がるところ           (10月5日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/10/post_62bb.html
30歳半ばから                (10月7日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/10/30_cd20.html
感激の涙                  (10月8日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/10/post_3625.html
鉄欠乏性貧血               (10月11日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/10/post_d8b0.html
海外居住の思わぬストレス         (10月12日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/10/post_0833.html
体力が低下している子供たち        (10月14日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/10/post_8fab.html

9月の店長日記

9月吉日北海道にて
朝夕はすっかり秋。先日は北海道へ社員研修旅行に行き、大自然を学んできました。
北海道からシベリアにかけて自生する白樺、その幹に寄生するコブ【チャガ=シベリア霊芝】は健康食品としてブームになっています。
チャガ
また、海岸沿いではハマナスがたくさん自生し、その実は 玖瑰花 (マイカイカ)といい、薬用酒や腹痛、月経不順に茶として用いられます。
日本中どこにでも薬用植物はあるのですが、北海道は自然が多いので、めぐり合う機会が多くありました。
ハマナスの実