秋は咳・喘息の季節/風邪をよく引くので困っています 2005/09/24号

読者のみなさま、こんにちは!
オンラインショップ【漢方の健伸堂薬局】のウエブマスターを兼ねる
古村学(こむら・まなぶ)です
朝夕が涼しくなり、秋の気配が感じられます。
コスモスやヒマワリなど草花もいっぱい咲き
ちょっとどこかに出かけようかな!という季節ですね。
ところで秋の七草を、全部言えますか?
「秋の七草」の出典は
万葉集の山上憶良が詠んだ歌
『萩の花 尾花葛花 なでしこの花 女郎花 また藤袴朝がほの花』
だといわれます。
春の七草はおかゆとして食べますが、
秋の七草は花を楽しむもので、
その一部は薬草なのです。
  ☆ ハギ
  ☆ ススキ
  ☆ クズ =発汗・解熱作用
  ☆ ナデシコ =消炎・利尿作用
  ☆ オミナエシ =敗醤という生薬
  ☆ フジバカマ =利尿作用、糖尿にも
  ☆ キキョウ =排膿・去痰作用
  どんな花かは、東北大学HPに載っていました。
     http://www.biology.tohoku.ac.jp/garden/phenology/7flowersFall.html
特に「クズ」は、少し田舎に行けばどこにでもある道端の草で、
赤い花を咲かせています。
知っていると、きっと散策も楽しいものになりますね。
■■本日のもくじ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ コラム  『秋は咳・喘息の季節』
○ ご相談  『風邪をよく引くので困っています』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ コラム 『秋は咳・喘息の季節』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
秋は、中国の五行説では『燥の季節』であり、
肺や大腸経に影響を受けやすい、といいます。
具体的には、
気管支炎や喘息、鼻炎、皮膚病などが起こりやすいのです。
すでに9月に入ってから、咳の出る方や蓄膿の方が増えています。
喘息の方は、これから身体を冷やさないように注意が必要です!
秋の漢方で代表的なものは?
 ◇乾いた咳や喉の痛みに ⇒ 麦門冬が潤いを生み、咳を鎮めます。
  ●麦門冬湯(商品名:バックモン)
    https://www.kanpou.info/product/KH2062.html
 ◇痰を伴う咳の場合は ⇒ 痰をとり、咳を鎮める平喘顆粒を使います。
  ●平喘顆粒
    https://www.kanpou.info/product/K00151.html
 ◇喘息の方は、肺を強め、発作予防になる漢方薬をお使いください。
  ●双料参茸丸
    https://www.kanpou.info/product/K21214.html
病院の薬を飲んでいるので、薬は控えたいと言う方には、
『冬虫夏草』があります。
冬虫夏草は中国のオリンピック出場選手が
トレーニング中に飲んで成果をあげたということで、
一躍有名になりましたね。
肺機能が強化され、呼吸器系に昔から使われている生薬です。
子供さんの喘息には、
これを煎じて蜂蜜を合わせたドリンク『冬夏泉』が
おいしく、飲み易くて人気があります。
発作を繰り返す方は、1日2~3回使われると効果が早くなります。
  ●冬夏泉
    https://www.kanpou.info/product/SH0010.html
携帯に便利な粉末のカプセルタイプもあります。
  ●冬虫夏草カプセル
    https://www.kanpou.info/product/NY0061.html
いずれもチベット産の天然の冬虫夏草を原料にした
高品質の商品です。
有名になりすぎて入手しにくくなり、価格も高くなりましたが、
それに見合う効き目が期待できます!
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ ご相談 『風邪をよく引くので困っています』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Q:
32歳女性 Yさんより:
─────────────────────────────
  少し寒くなるとすぐに風邪を引きます。
  1ヵ月に何回も引き、その後は咳が残る、の繰り返しで
  仕事にも影響が出ます。
  風邪薬ではなく、風邪を引かないようにしたいのですが。
  どんな方法がありますか?
─────────────────────────────
A:
涼しくなってくると風邪を引くことが増えます。
喘息の方は風邪が引き金で悪化することもあり、
一度ひくと1ヶ月も治らない方もあります。
昔から「風邪は万病の元」とも言います。
Yさんの場合は冷え症があるとのことですので、
まずは体を温め、元気をつけることが必要です。
<血液を増やし、流れを良くして温める>

安くて人気の商品『婦宝当帰膠』を
体質改善薬としてお使い下さい。
  ●婦宝当帰膠
    https://www.kanpou.info/product/K13813.html
さらに、即効性を出すために、
免疫を高め、抗菌作用のある
『プロポリス』を併用してください。
  なあんだ、そんなの知ってるよ、と言われるでしょうが!!
今回新発売の『エスタフレッシュ』は、
とても優れた製品で是非オススメなのです。
  ●エスタ・フレッシュ
    https://www.kanpou.info/product/NP0100.html
この「エスタ・フレッシュ」は、
15年以上の実績があるプロポリス『エスタプロント』と同じ原料を
ミセル化抽出し、粉末にしてグミカプセルに入れたものです。
なお、エスタプロントは当店ではガンの方にお使いいただき、
良い結果を生んでいる<長期人気商品>です。
  ●エスタプロント
    https://www.kanpou.info/product/NP0018.html
  ●エスタプロント・ファミリーパック
    https://www.kanpou.info/product/NP0025.html
「エスタ・フレッシュ」には、
1カプセル中に約58mgのプロポリスエキスが含まれ、
予防目的に使用する場合なら、1日3~5粒の摂取で充分です。
ですから、1日70円程度で済むお値段も魅力ですね!
さらにアルコール成分は含みませんので、
子供でも使えますし、もちろん病人でも大丈夫です。
Yさんもこれでこの冬を乗り切ってください!!
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
さて、
今号はこれでおしまいです。
10月には町内や学校など
様々なイベントが行われます。
今から体調を整えて
楽しんでください!
★メールマガジンと店長日記のバックナンバーはこちらにあります:
http://kanpou.cocolog-nifty.com/
★ブログ記事ピックアップ:
前回メルマガ配信以降にアップされたページをご紹介します。
———————————————————————-
「漢方で1日1善」http://www.kanpou-ichizen.com/
———————————————————————-
●生理がこない! 1           (9月13日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_a2ca.html
●生理がこない! 2           (9月14日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_1348.html
●生理がこない! 3           (9月15日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_a8b8.html
●生理がこない! 4           (9月16日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_6e40.html
●働きすぎの日本人病           (9月17日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_ae13.html
●海外転勤の方の漢方薬          (9月20日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_b995.html
●痔の痒み                (9月21日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_b200.html
●痔の痛み                (9月24日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_17bc.html
———————————————————————-
集まれ!ぷれぷれママ・漢方で不妊克服http://www.tsudo-pre2mama.com/
———————————————————————-
抗リン脂質抗体             (9月12日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/09/post_cfd2.html
イソフラボンの力            (9月13日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/09/post_9397.html
いろいろなことが心配で         (9月14日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/09/post_d765.html
「痛み」の原因             (9月16日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/09/post_11f5.html
化学物質過敏症             (9月17日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/09/post_f101.html
子育て支援を強化            (9月20日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/09/post_1be4.html
母乳と馬乳               (9月21日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/09/post_4ed0.html

紫外線との付き合い方/シミに効いた!!実験報告 2005/09/14号

読者のみなさま、こんにちは!
【漢方の健伸堂薬局】の
鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師&ウェブ管理者の
塩田 佐千代(しおた・さちよ)です。
今年の十五夜は9月18日(日)です。
この日が旧暦の8月15日ということですので、
今年の八朔(はっさく)は9月4日(日)です。
八朔とは旧暦の8月1日(朔日)のことですが、
この頃早稲の穂が実るので、「田の実の節句」として
農民の間で農作業を終え豊作を祈り、
人々の結束を強めるために贈答する習慣がありました。
地域の結束をより強め、豊作・豊漁の祭事として
今でも八朔祭を行うところが多くあります。
その八朔の日から数えて15日目の9月18日が十五夜で、
中秋の名月が見られます。
各地で様々な行事が行われますが、
お気に入りはここです!

http://www2.airnet.ne.jp/yurim/nara/toshodai/toshodai.htm
厳かな唐招提寺の建物と盧舎那仏、薬師如来、千手観音が
月の光に照らされる様は、どこか異空間に迷い込んだような
気持ちになります。
今年は連休の中日になりますので、是非足を運んでみてください。
■■本日のもくじ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ コラム  『紫外線との付き合い方』
○ 報告   『シミへの効果は!? 実験結果発表!』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ コラム 『紫外線との付き合い方』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まだ残暑はあるものの、だんだん空が高くなり、
秋らしい陽気になってきました。
これから「秋の運動会」シーズンで、スカッとした「秋晴れ」の中、
かなり紫外線が気になるところです。
ここで少し紫外線のお話を。
地表に届く太陽からの紫外線には、波長の長さで
「UV-A」
「UV-B」
の2種類があります。
「UV-A」は5月ごろが最大で、
真皮まで届き、コラーゲンやエラスチンなどの弾力線維を変成させます。
従って、
『5月の紫外線は「シワになる」』
と言われるのはこういうことなのです。
また「UV-B」は7~8月ごろが最大で、
DNAに直接吸収され、細胞を傷つけます。
皮膚の免疫力を低下させ、感染症の原因にもなります。
従って、
『夏の紫外線は「シミになる」』
と言われるのはこういうことなのです。
強すぎる紫外線からお肌を守るために、
長時間、外で作業される方は、帽子、衣服だけでなく、
直接日に当たるような部分には是非「日焼け止め」をしてください。
男性の方ももちろんです!
ゴルフなどでは首から肩、腕がかなり紫外線にさらされます。
お気をつけください。
さて、「日焼け止め」を買いに行ってもたくさん種類があり、
「一体何を購入したら良いのか、わからない」という方が
多くいらっしゃるかと思います。
「PA」とは?
  これは、UV-Aを防ぐ指標です。
  「+」の数で効果の指標が把握できます。
  「+」「++」「+++」の3段階表示です。
「SPF」とは?
  これは、UV-Bを防ぐ指標です。
  日焼け止めなど塗らない時と比べ、何倍の紫外線量で
  日焼けが始まるか、を表しています。
  つまり、SPF「10」だと、10分で日焼けをする人なら
  SPF「10」の日焼け止めを塗った場合は、その10倍の
  100分間は日焼けを防げる、ということになります。
日焼けのタイプで選ぶと「散歩(3時間)」程度の紫外線として、
以下を参考にしてください。
   ☆赤くなるだけであまり黒くならない
     「SPF30」の「PA+++」のもの
   ☆赤くなってから黒くなる
     「SPF20」の「PA++」のもの
   ☆すぐに黒くなる
     「SPF10」の「PA+」のもの
では、シミになりにくい肌になるには、
どうしたらよいでしょうか?
「シミ」の原因を中医学的に考えてみましょう。
「シミ」は血液が停滞した状態、
つまり「お血(おけつ)」が原因と考えます。
血液がサラサラと流れていれば、皮膚に酸素・栄養分などが
供給され、生き生きとした肌になります。
全身の血液の巡りを良くし、「お血」を改善すれば、
肌の新陳代謝が活発になり、生き生きとした肌が保てるわけです。
それには、「婦宝当帰膠」がオススメ!
血を補い、血液の巡りをよくしてくれます。
  ●婦宝当帰膠
    https://www.kanpou.info/product/K13813.html
血の流れが悪い方なら「冠元顆粒」がオススメ!
  ●冠元顆粒
    https://www.kanpou.info/product/K10775.html
日々のスキンケアとしては、「セ・サージ」がオススメ!
抗酸化作用に優れていて、皮膚の再生を促進するので
肌の老化を抑制します。
  ●セ・サージ
    https://www.kanpou.info/product/K50226.html
これらの内側からと外側からのケアで紫外線も怖くありません!
ただ、「紫外線」は「悪者」というイメージがかなり強くなっていますが、
「紫外線も必要なものであること」
を少し記します。
昔から「日照量の少ない高緯度地域ほど、癌の死亡率が高くなる」
という報告がありましたが、その報告を検証したグループがありました。
そのデータによると、
「日照量が多い地域ほど、大腸癌をはじめとした消化器系の癌に
死亡率が少ない」
というものです。
紫外線に当たると、皮膚細胞でビタミンDが作られます。
ビタミンDは肝臓や腎臓で活性化されると、
癌細胞の増殖を抑制して正常細胞への分化を誘導する働きや、
浸潤や転移を抑制する作用も知られています。
実際、血液中の活性型ビタミンDの濃度が高いほど
大腸癌のリスクが低いことは多く報告されています。
皮膚に害のないある程度の紫外線は、体に必要なのです。
「紫外線過多を防ぎつつ、日光を浴びながらある程度の運動をする」
ことが健康の秘訣のようです。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ 結果報告 『シミへの効果実験結果』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前述したように、紫外線量が多いのは5~8月の時期です。
この夏、UVケアをし損ねて、
「うっかり日焼けをしてしまった」「シミができてしまった」
という方に!
今回「シミ取り成功!?」の実験を行ってみましたので、
ここで結果を発表します。
試した製品は、以下の2つです。
  ●婦宝当帰膠
    https://www.kanpou.info/product/K13813.html
  ●セ・サージ
    https://www.kanpou.info/product/K50226.html
これに加えて、顔のマッサージを行いました。
「鼻通(びつう)」のツボは、皮膚の新陳代謝を促してくれます。
このツボから頬骨にかけてゆっくりマッサージを行います。
  ●鼻通
    https://www.kanpou.info/tsubo/006.html#1
さらに、肘のツボを指圧します。
「曲池」のツボは、お肌の水水しさを保ってくれるツボです。
しっかり指圧を行いました。
  ●曲池
    https://www.kanpou.info/tsubo/006.html#2
実験期間は、6月から8月までの約3ヵ月間。
気になっていた「シミ」は、目尻の下部分の直径1.5cmほどの
部分です。
もともとは安い化粧品による化粧焼けが原因で、
それに紫外線の被害が加わり、「シミ」になったものです。
  ●6月の目尻部分の「シミ」
    https://www.kanpou.info/tsubo/006.html#3
  ●8月の目尻部分の「シミ」
    https://www.kanpou.info/tsubo/006.html#4
少し分かりにくいかもしれませんが、「シミ」がうっすらとなり
目立たなくなりました。
もう少し続ければ、なくなるでしょう。
是非、「シミ」が気になる方は、お試しください。
今回、写真には撮りませんでしたが、
同時に怪我をした痕の黒ずみ(切り傷、蚊にさされた痕)にも
「セ・サージ」を塗ってみました。
通常よりも早くに痕が消え、痕が残りませんでした。
こんな場合にも重宝します。
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
さて、
今号はこれでおしまいです。
まだ残暑が厳しいですが、
早朝などは過ごしやすくなってきました。
夏の名残を惜しみつつ、秋の到来を楽しみましょう。
★ブログ記事ピックアップ:
前回メルマガ配信以降にアップされたページをご紹介します。
———————————————————————-
「漢方で1日1善」http://www.kanpou-ichizen.com/
———————————————————————-
●漢方の軟膏4              (9月8日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_7cbc.html
●漢方の軟膏5              (9月9日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_2210.html
●漢方の軟膏6              (9月10日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_44c2.html
●危険な健康食品             (9月12日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_3bb9.html
———————————————————————-
集まれ!ぷれぷれママ・漢方で不妊克服http://www.tsudo-pre2mama.com/
———————————————————————-
外子(そとこ)と内子(うちこ)     (9月7日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/09/post_0832.html
情報いっぱいの基礎体温表        (9月9日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/09/post_60dc.html
妊娠中のアスピリン           (9月10日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/09/post_f7a0.html

結石も漢方が有効です/月刊誌に紹介されました 2005/09/07号

読者のみなさま、こんにちは!
オンラインショップ【漢方の健伸堂薬局】のウエブマスターを兼ねる
古村学(こむら・まなぶ)です。
このたびの大型台風で被害にあわれた方にお見舞申し上げます。
年々、こういった自然の脅威が増えてきているように思われます。
地球温暖化対策は企業が率先して行うべきですが、
個人も出来る範囲で努力をしていく必要があるのではないでしょうか。
当店も参加している<チーム・マイナス6%>を改めて見直してみたいと
感じました。
  ☆チーム・マイナス6%   http://www.team-6.jp/  
そして、こんなに美しい日本の風景をいつまでも残したいです!
  ☆先日の社内研修旅行でのアルバムより:北の大地
     http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_5502.html
  ☆先日の社内研修旅行でのアルバムより:北の生物
     http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_86df.html
■■本日のもくじ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ コラム   『結石も漢方が有効です』
○ ご報告   『月刊誌に紹介されました』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ コラム 『結石も漢方が有効です!』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
尿路結石や胆石など、石がたまる方は年々増え、
人口の15%以上の方に結石疾患が発生していると言われます。
その原因は様々ですが
近年の食生活が豊かになったこともそのひとつで、
もはや生活習慣病とも言えるでしょう。
でも、これはマイナーな話題のようでいて、実は他人事ではありません。
■尿路結石の場合
尿路結石は
・尿中のカルシウムやマグネシウムが多いためできる<カルシウム結石>
・尿酸が多くてできる<尿酸結石>
の2種があります。
漢方では、石を溶かし流れを良くする方法をとります。
ビリルビンなどを溶かす「裏白樫」に、
利尿効果のある「南蛮毛」や「キササゲ」を加え、
お茶として用います。
    ●裏白樫(ウラジロガシ)
      https://www.kanpou.info/product/UD1107.html
    ●南蛮毛(ナンバンゲ)
      https://www.kanpou.info/product/M10011.html
    ●キササゲ
      https://www.kanpou.info/product/UD1106.html
大きな結石の場合、衝撃波破砕法が病院で行われていますので、
このような治療時に漢方薬を併用するとスッキリ排出します。
また痛みがある急性期にも
漢方薬の「猪苓湯」や「五淋散」を用いて早期に排出させます。
    ●猪苓湯(商品名:チョレインV)
      https://www.kanpou.info/product/KH8063.html
    ●五淋散(商品名:ゴリンサンS)
      https://www.kanpou.info/product/KH3906.html
  <51歳男性の場合>
  
  以前から尿路結石で時々痛みがあったそうなのですが、
  なかなかすっきり出ないので、相談に来られました。
  違和感があって、痛くて仕事にならないとのことで、
  「猪苓湯」を多めに使っていただきました。
  4日後、排尿時にコロンと音がして排石され、びっくり!
  その後は再発予防に「裏白樫」と「南蛮毛」をお茶として飲んでいただき、
  再発していません。
■胆石の場合
胆石は、
・胆汁にコレステロールが多いためできる<コレステロール結石>
・不溶性のビリルビンが集まって生じる<色素結石>
の2種に分類されます。
漢方では、石を溶かし胆汁の流れを良くする方法をとります。
昔から民間薬のお茶として使われてきたものに、
胆汁の流れをよくする「金銭草」や「連銭草」があり、
ビリルビン結石を溶かす「裏白樫(ウラジロガシ)」があります。
    ●金銭草(キンセンソウ)
      https://www.kanpou.info/product/UD1105.html
    ●連銭草(レンセンソウ)
      https://www.kanpou.info/product/UD1104.html
    ●裏白樫(ウラジロガシ)
      https://www.kanpou.info/product/UD1107.html
病院で使われる、石を溶かす薬「ウロカルン」は
ウラジロガシを原料として作られています。
民間薬には昔から多くの実績を持つものがあります。
油濃いものを食べるとムカムカする、おなかにもたれる、
などの症状をお感じの方は
胆汁の分泌が悪いケースもあり、要注意です!
結石は大きくなる前に排出する、
または、大事に溜めこまないことが大事です。
わかった時点で、すぐに対応をしてください。
「裏白樫」「ナンバンゲ」「金銭草」などはお茶として常用できますので、
再発予防にも有効です。
ハトムギ茶に合わせて使うとおいしく飲めます。
何より、続けることが肝心ですよ!
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ご報告   『月刊誌に紹介されました』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現在発売中の月刊誌のいくつかに当店が紹介されていますので、
ぜひご覧ください!
◆◆ CHAI 10月号 ◆◆
中国の旅行・グルメ・ファッション・芸能の情報が満載の月刊誌
『CHAI』 10月号に当店が紹介されました。
内容は「女性にやさしい相談漢方薬店リスト」に
下記のとおり、紹介されています。
   ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
   メール相談の問診票やフリーダイアルまで
   一般と女性専用を分けているだけあって、
   女性の悩み全般をサポート! 
   美容やメンタルケア専門の女性相談スタッフもいる。
   金曜日の女性専用相談は大人気で要予約。
   宇治店の「漢方の健伸堂薬局」では鍼灸も受けられる
   ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「今号は、中国に感心のある方、特に女性には必携です!」
と編集部の方がおっしゃっていました。
美しい写真が多く、見てるだけで中国に行った気分になれます!
  こんな本です
  http://www.kanpou-ichizen.com/2005/08/post_59ba.html
◆◆ SAVVY 10月号 ◆◆ 
京阪神で働く女性たちを対象にする人気の情報誌ですが、
全国の女性に関心のあることが満載!
その特集記事『漢方のチカラってすごいんだ!』
というコーナーに掲載されました。
<SAVVY>さんでの紹介文を引用させていただくと、
   ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
   サヴィは今までにも、体質改善を目指して特集を組んできました。
   その中で私達が一番注目しているのが漢方。
   実際私達のまわりでは、肌がつるつるになった!
   むくみがマシになった!という人がたくさん。
   体重が10キロも落ちた!という人も!
   漢方薬を処方するクリニックも増えています。
   漢方のチカラのリサーチ結果、漢方薬局の上手な使い方や、
   おいしい薬膳料理のお店など、もりだくさんでお届けします!
   ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  こんな本です
  http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_8a21.html
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
さて、
今号はこれでおしまいです。
朝夕涼しくなり、風邪を引きやすい時期です。
薄着はそろそろ終わりにして、
気をつけてくださいね(^.^)
★メールマガジンと店長日記のバックナンバーはこちらにあります:
http://kanpou.cocolog-nifty.com/
★ブログ記事ピックアップ:
前回メルマガ配信以降にアップされたページをご紹介します。
———————————————————————-
「漢方で1日1善」http://www.kanpou-ichizen.com/
———————————————————————-
●海外からの問合せ            (8月29日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/08/post_7cf4.html
●栄養素のはなし             (8月30日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/08/post_0651.html
●CHAIに紹介されました        (8月31日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/08/post_59ba.html
●漢方の軟膏1              (9月1日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_ac54.html
●漢方の軟膏2              (9月2日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_3e08.html
●漢方の軟膏3              (9月3日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_5fbc.html
●北の大地                (9月5日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_5502.html
●北の生物                (9月6日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_86df.html
●月刊誌SAVVYに紹介されました    (9月7日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/09/post_8a21.html
———————————————————————-
集まれ!ぷれぷれママ・漢方で不妊克服http://www.tsudo-pre2mama.com/
———————————————————————-
幸運をもたらす出来事          (8月29日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/08/post_d192.html
少子化社会               (8月30日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/08/post_0145.html
妊娠中に大切なビタミン         (9月1日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/09/post_367e.html
卵子の若返り法             (9月2日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/09/post_a73a.html
8週目の掻爬手術後           (9月6日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/09/8_1980.html

心臓病に注意!/ひよこママの会開催 2005/08/30号

読者のみなさま、こんにちは!
オンラインショップ【漢方の健伸堂薬局】のウエブマスターを兼ねる
古村学(こむら・まなぶ)です。
朝夕涼しくなり、秋の気配を感じるようになりました。
そして今、夏の疲れが出る季節です。
疲れの回復は、<食べる+寝る>ことですね。
ちょうど食欲の秋!
季節に合った食べ物、旬のものを食べるのが
健康の秘訣です。
■栗
ビタミンA、B、Cなどの他、カルシウム・鉄分などの
ミネラルを多く含む、優れた食品です。
また温性の食品ですので、涼しくなる季節にはピッタリ。
効果は
・健脾(胃腸の働きを良くする)
・補腎強筋(足腰を丈夫にする)
・活血止血(血の流れを良くし、また止血作用)
■ぶどう
最近ポリフェノールで有名になった赤ワインの元。
ぶどうの表面に白く粉が着いていますが、これが中から出てきた成分で、
抗酸化作用のあるポリフェノールを含みます。
皮や種に多く含まれますので、丸ごとジュースにするのが良いでしょう。
■梨
漢方では、秋は燥、肺系の病が出る季節といいます。
梨は咽に潤いを生む果物で、咳や喘息など乾燥が影響する方にピッタリです。
でもすべてバランスが大切ですが!
       ☆過食にならないようにくれぐれもご注意!☆
■■本日のもくじ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ コラム   『心臓病に注意!』
○ ご報告   『ひよこママの会』を開催しました
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ コラム 『心臓病に注意!』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当然ですが・・・
心臓はどの臓器にも増して重要です。
  ★胸が締め付けられる
  ★胸がもやもやする
  ★痛みがある
  ★喉の奥が焼け付く
  ★息苦しい
こんな症状があれば、すぐに検査を受けてください!
胸焼け、胃炎、うつ症などが原因の場合は
上記の症状が連続しますが、
狭心症の場合は
発作的におこり、しばらくして治まるの繰り返しが特徴です。
また、明け方に発症しやすく、
午前中は続き、午後には楽になることがあります。
安静時だけでなく、運動時や疲れによって強くなることもあります。
こんなとき検査を受けても
発作時でなければ心電図で把握できないこともあります。
経験では、
発作時にニトロ舌下錠を使って
2分以内に効けば、心臓の病気だと判断できるようです。
漢方薬はニトロ錠ほどの即効性はありませんが、
 ・血管拡張作用
 ・血流改善
 ・血液の状態改善
に優れた効果を有します。
特に<冠元顆粒>は
血管におけるNOという物質を増加させる働きにより、
 ・血管を柔らかくし
 ・拡張させ、
  ・血圧の上昇を抑制する
ことが明らかになっています。
  ●冠元顆粒
    https://www.kanpou.info/product/K10775.html
漢方は長期にわたって飲むことで、
根本治療薬として使えるのが特徴です。
狭心症の原因のひとつの血管内皮の問題、
例えば動脈硬化などの改善が必要です。
西洋薬との併用も問題なく
さらに、西洋薬が減量されたときの安心薬ともなります。
◆ブログに掲載した症例も、ぜひご覧下さい
 いずれも、最近私自身が経験したことを基に書いています。
 切実です・・・。
  ●狭心症で息苦しい!
    http://www.kanpou-ichizen.com/2005/08/post_2f35.html
  ●胸がつまる!
    http://www.kanpou-ichizen.com/2005/06/post_25cd.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ご報告   『ひよこママの会』を開催しました
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当店で不妊治療をしてこられて
めでたくあかちゃんを授かった方を中心に、
あかちゃんの発育を正しく知り、
不安なことを相談する会を開催しました。
月齢、年齢によってトラブルも異なり、
対応の仕方も異なります。
小児科専門の先生を講師に、
実際のあかちゃんのしぐさを見ながらその意味を教わりました。
参加された方からは
不安なことも一挙に消えて、
安心して育児ができそう、とのご感想をいただきました。
あかちゃんと関係ない方にも参考になりますよ!
大人にも共通することが多いのです。
大人のしぐさをイメージして、下記を読んでみて下さい。
◆声かけが大切。
 話ができなくても、
 「よくできたね、上手ね」
 とほめてあげること。
 → 乳児の時の声かけが子供の人格形成にプラスになります。
◆泣き声が大きい子=呼吸器が強い子、でとてもよいことなのです。
◆おもちゃは手の届くところにあり、つかんで楽しめる、動くものがよい。
 落ちないように工夫し、天井から吊り下げると、いつも楽しめてよいです。
 → 手を動かそうとすることが、発達促進に繋がります。
◆春夏秋冬ともに風邪をひくことが多いですが、
 子供の風邪の大半はウイルスによるもので、抗生物質は効きません。
 高熱には注意しながら、強い薬は簡単に使わず
 自分で治す力をつけてあげましょう。
 免疫がつくと、2年目には自然と病気に強くなります。
 → その場をすぐ楽にさせてあげるのではなく、
   病気と戦う力を養ってあげることが大事なのです。
◆指しゃぶりは退屈、暇だという合図です。
 → こんなときは声をかけて、遊んであげてください。
他にもいっぱい聞きましたが、
私自身も、とても勉強になりました。
全く、一般社会にも共通する事項が多かったからです。
きっと、知っていると知らないでは雲泥の差です!
子育ては、自分自身が生まれたときから始まっているのですね。
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
《臨時休業のお知らせ》
   9月3日(土)~5日(月)は臨時休業させていただきます。
   お早めにご相談下さい。
さて、
今号はこれでおしまいです。
もうすぐ学校が始まり、子供たちは忙しくなりますね。
すでに、宿題の追い込みで必死のことと思います。(笑)
お母さん方はちょっとゆっくり?
秋を楽しんでください。
朝夕涼しいので、風邪を引かないように
気をつけて下さいね。
★ブログ記事ピックアップ:
前回メルマガ配信以降にアップされたページをご紹介します。
———————————————————————-
「漢方で1日1善」http://www.kanpou-ichizen.com/
———————————————————————-
●よく効く漢方茶3            (8月12日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/08/post_cbfc.html
●よく効く漢方茶4            (8月13日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/08/post_152b.html
●五山の送り火              (8月16日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/08/post_3890.html
●よく効く漢方茶5            (8月17日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/08/post_22c5_2.html
●汗をかいて疲れる!           (8月18日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/08/post_f676.html
●夏の花粉症               (8月19日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/08/post_447d.html
●狭心症で息苦しい!           (8月20日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/08/post_2f35.html
●目の乾燥感               (8月22日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/08/post_c88c.html
●ドライアイ               (8月23日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/08/post_9fcb.html
●まもなく栗の季節            (8月24日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/08/post_0fb1.html
●海外からのお客さん           (8月25日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/08/post_5f97.html
●夏バテ                 (8月26日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/08/post_75ee.html
●めまいと水分の関係           (8月27日)
http://www.kanpou-ichizen.com/2005/08/post_3318.html
———————————————————————-
「集まれ!ぷれぷれママ・漢方で不妊克服」http://www.tsudo-pre2mama.com/
———————————————————————-
大らかな気持ちで            (8月10日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/08/post_9b22.html
少し短くなった道のり          (8月12日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/08/post_dad4.html
流産を3回繰り返して          (8月13日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/08/3_ea57.html
ホルモン剤に疲れて           (8月17日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/08/post_2a92.html
高温期の出血              (8月19日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/08/post_cf42.html
順調に                 (8月20日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/08/post_fa73.html
10月10日は長い道のり?       (8月22日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/08/1010_15ea.html
高温期時の整体             (8月23日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/08/post_a7d9.html
妊娠しやすい体温表分析         (8月24日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/08/post_cdc8.html
東洋医学から見た不妊症         (8月26日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/08/post_7d3a.html
ノアルテンとルトラール         (8月27日)
http://www.tsudo-pre2mama.com/2005/08/post_087d.html