社内勉強会 3月28日

花冷えのする日曜日、当店の漢方サロンで社内勉強会がありました。

社内勉強会は私が病院勤務時代にご指導いただいた当時の病院長(現在は退職されていますが)にお願いして2002年から内科学を7年間かけて勉強してきました。
7年間ですから医学部を卒業できる年月です。その勉強会も一区切り。

今度は漢方に戻り、中国医学のバイブルとも言われている「素問」に取り組もうと計画を立てました。
西洋医学に7年費やしましたので、漢方医学にも7年かけて勉強して行けば、漢方の世界が見えてくると信じながら、若い先生方と学習していこうとこれからの楽しみの一つにしていました。

講師は中医学(特に素問、傷寒論などの古典)でご高名な中医師の先生に強引にお願いし、5時間に亘る(中医学の原典)「素問」の講義を受けました。
Img_1138

漢方医学を学んだのが今から45年前ですが、「素問」の講義を受けたことがなく、独学ばかりで、とても難しく全て中途半端で封印していました。
その「素問」の勉強が出来る…45年間の封印された宝箱をワクワクして開ける心境でした。

「素問」の中身は、膨大で(81編)、易学、道教、天文学、地理学、史学などを学ばなければ、理解できないといわれ、今日まで数多くの研究家、臨床家が挑戦して解釈本を作成しようとして成し遂げた数は数冊ほど。それほど大変難しい「古典」なのです。
そこには、現代には希薄な「養生法」を始めいろいろなこと(膨大な知識)が書かれているのです。

今始まったばかりの素問の勉強会ですが、憧れていた素問の世界にワクワク・ウキウキで次回が楽しみです。
331

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:**・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な女性国際中医専門員がサポート。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
オンラインショップ・ブログ・コラム等コンテンツ盛りだくさんのHPは
漢方の健伸堂薬局・漢方の市兵衛薬局
*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:**・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*

恒例の社内研修会

昨日は本年最終の社内研修会。
漢方サロンに行く途中、澄み切った青空の中に、ぽつんと忘れ物のような名残り月が
浮かんでいました。
2

今回は認知症の勉強でした。講師はいつもお世話になっている、元病院長の
橋本先生。
詳細なテキストでしっかり勉強しました。
頭に入ったかは別として!
Photo_2

今認知症は、10人にひとりといわれ、総数200万人、その内の半分がアルツハイマー型と言われます。
認知症の診断基準や、自分でもできるテストを学び、また西洋医学では
<アリセプト>が進行を1~3年遅らせるとして使われていますし、
ワクチンの開発も進められていますが、決定的な治療法はまだかなり先のこと。
漢方では、認知症に有効とされる生薬がいくつか見つかっていて、それらが含まれる
お薬<抑肝散>や<温胆湯><加味帰脾湯>などがよくつかわれています。

認知症の予防には、生活習慣病にならないことが一番のようです。
詳しくはご来店ください。