多嚢胞性卵巣症候群が漢方薬で自然妊娠

43歳Tさんは、卵巣の中にちいさな卵胞がいくつも〈9個以上)出来て、それがネックレス状に繋がってなかなか排卵できない排卵障害、ホルモン数値もLH>FSHとLHが高く、テストステロンも高い「多嚢胞性卵巣症候群」と診断されて、漢方薬を求めてこられました。

155cmで65kg、肥満で毛深い典型的なPCOS (多嚢胞性卵巣症候群)です。クリニックから糖尿病治療薬をもらっていましたが気分が悪くなり、ホルモン剤と共に受付けなくなり、困って漢方薬を希望されてきました。

基礎体温表(BBT)は卵胞期が長く排卵までに時間を要しています。漢方的には痰湿・お血・肝鬱と判断してお薬を服用してもらいました。

漢方薬を服用始めて排卵が出来てきた矢先、妊娠しました。「よかった」と喜んでいるうちに体温下降、自然流産となりました。PCOSの方は流産しやすいといわ れています。

気を取り直して再挑戦。月経周期23日目の排卵。やや長めでしたが煎じ薬を服用してもらいました。基礎体温表(BBT)上ではとてもきれいな排卵を示す急上昇の線が描かれ、タイミングも良く、待望の妊娠が確認されました。

漢方薬を服用されて1年3ヵ月「ありがとうございました!」の電話の声が弾んでとても幸せをいただきました。これから先、心配がまだ続きますが心拍確認もでき、とても嬉しいです。無事安産でシッカリ元気な子が誕生するようサポートしていきたいと思います。

PCOSと漢方薬…嬉しいことに最近妊娠される方がとても多くなりました。

Renge

借り腹?

30歳代のKさんは、2年前に多発性子宮筋腫、子宮腺筋症で開腹子宮筋腫核出術をされました。子宮筋層内にある筋腫を大小50個以上を摘出されました。翌日は貧血と子宮内の血腫を除去するため再開腹術されました。

その結果内膜の菲薄化が際立ち子宮鏡も造影剤も入るスペースがなくなってしまいました。自然妊娠の道は絶たれ、体外受精の胚移植を勧められましたが、子宮の内膜が薄く、また胚移植の管も入らない状態にまでなってしまいました。

仮に体外受精して妊娠した場合でも、子宮破裂の危険があるといわれ、残された道は「借り腹」といわれたそうです。

なんと気の毒な! Kさんはまだまだ若いです。毎月来る月経に望みを託しても、ペッちゃんこなった子宮内膜は膨れてこないのです。これからどうされるのか?以前、子宮癌で子宮を全摘した娘のために、実母が娘の卵子を使い妊娠出産した代理母のことが報道されていました。

Kさんの選択を静かに見守っていくしかありません。どのような人生を送られるかわかりませんが、ご夫妻で相談して出された結論には、シッカリ応援したいと思っています。

頑張ってKさん!

Syakuyaku