初対面のYちゃん

お初にお目にかかります。 

先日バギーをひいてこられたMさん、中にはかわいい笑顔を振りまいているYちゃんがいます。「始めまして!」 「先生始めましてYです」漢方薬でやっと出来た元気印のYちゃん、ニコニコ愛敬を振りまいてくれます。

 

Mさんは1人目を出産後、3回も流産して悲しい 思いをしてきました。今度は漢方薬で何とか出産までこぎつけたいと漢方薬の服用が始まりました。

片方の卵管が詰まっているといいます。何とか自然妊娠をと、いろいろお薬を服用しました。漢方薬を服用して6か月後、妊娠に気づきました。初期の出血もあり心配しましたが、無事、心拍確認も出来新しい年を希望をもって迎えられました。「丈夫で、賢く、お肌のきれいな子」を目指し、初期の出血も何とか乗り越え、3回の流産のトラウマをクリアーし、妊娠中の漢方薬を服用してもらいました。

 

昔の人はよく言いました。「お産は一人一人違う。最後まで安心して気を抜かずに」とよく言われたものです。私もMさんが安産でお子様が丈夫な子であるよう祈りながら処方をしていました。つわりも軽く本当に順調に経過していきました。

 

予定日の3日前にYちゃんがこの世に誕生したのでした。聞くと安産でとっても丈夫、しかもお肌もつるつる。病気しらずといいます。「どうですか?この世の空気は美味しいですか?」と応えられないような質問にMママは「幸せです」と応えてくれました。

 

Yチャンの生きていく世の中が平和で戦争の無い世界であって欲しいと願いながらの初対面でした!

Mae